google+LINEで送る
応用情報技術者試験 の 10問
第1問
BABOKの説明はどれか。

応用情報技術者試験 の 10問
第2問
施策案a~dのうち、利益が最も高くなるマーケティングミックスはどれか。ここで、広告費と販売促進費は固定費とし、1個当たりの変動費は1,000円とする。

応用情報技術者試験 の 10問
第3問
図は、製品Aの構成部品を示している。この製品Aを10個生産する場合、部品Cの手配数量は何個になるか。ここで、括弧内の数字は上位部品1個当たりの所要数量であり、部品Cの在庫は5個とする。

応用情報技術者試験 の 10問
第4問
DBMSに実装すべき原子性(atomicity)を説明したものはどれか。

応用情報技術者試験 の 10問
第5問
システム監査人が負う責任はどれか。

応用情報技術者試験 の 10問
第6問
定期発注方式の特徴はどれか。

応用情報技術者試験 の 10問
第7問
情報戦略の立案時に、必ず整合性をとるべき対象はどれか。

応用情報技術者試験 の 10問
第8問
プログラムの実行時に利用される記憶領域にスタック領域とヒープ領域がある。それらの領域に関する記述のうち、適切なものはどれか。

応用情報技術者試験 の 10問
第9問
ソフトウェア開発プロジェクトで行う構成管理の対象項目として、適切なものはどれか。

応用情報技術者試験 の 10問
第10問
1件のデータを処理する際に、読取りには40ミリ秒、CPU処理には30ミリ秒、書込みには50ミリ秒掛かるプログラムがある。このプログラムで、n 件目の書込みと並行してn + 1件目のCPU処理とn + 2件目の読取りを実行すると、1分当たりの最大データ処理件数は幾つか。ここで、OSのオーバヘッドは考慮しないものとする。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る