google+LINEで送る
応用情報技術者試験 の 10問
第1問
モータの速度制御などにPWM(Pulse Width Modulation)制御が用いられる。PWMの駆動波形を示したものはどれか。ここで、波形は制御回路のポート出力であり、低域通過フィルタを通していないものとする。

応用情報技術者試験 の 10問
第2問
目標復旧時点(RPO)を24時間に定めているのはどれか。

応用情報技術者試験 の 10問
第3問
図の回路を用いてアドレスパスからCS信号を作る。CS信号がLのときのアドレス範囲はどれか。ここで、アドレスパスはA0~A15の16本で、A0がLSBとする。また、解答群の数値は16進数である。

応用情報技術者試験 の 10問
第4問
取得原価30万円のPCを2年間使用した後、廃棄処分し、廃棄費用2万円を現金で支払った。このときの固定資産の除却損は廃棄費用も含めて何万円か。ここで、耐用年数は4年、減価償却は定額法、定額法の償却率は0.250、残存価額は0円とする。

応用情報技術者試験 の 10問
第5問
ソフトウェアやデータに瑕疵かしがある場合に、製造物責任法の対象となるものはどれか。

応用情報技術者試験 の 10問
第6問
データ列が整列の過程で図のように上から下に推移する整列方法はどれか。ここで、図中のデータ列中の縦の区切り線は、その左右でデータ列が分割されていることを示す。

応用情報技術者試験 の 10問
第7問
IPの上位階層のプロトコルとして、コネクションレスのデータグラム通信を実現し、信頼性のための確認応答や順序制御などの機能をもたないプロトコルはどれか。

応用情報技術者試験 の 10問
第8問
コアコンピタンスに該当するものはどれか。

応用情報技術者試験 の 10問
第9問
BABOKの説明はどれか。

応用情報技術者試験 の 10問
第10問
業務データのバックアップが自動取得されている場合、日次バックアップデータが継続的に取得されているかどうかをシステム監査人が検証する手続として、適切なものはどれか。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る