google+LINEで送る
応用情報技術者試験 の 5問
第1問
DNSキャッシュポイズニングに分類される攻撃内容はどれか。

応用情報技術者試験 の 5問
第2問
業務データのバックアップが自動取得されている場合、日次バックアップデータが継続的に取得されているかどうかをシステム監査人が検証する手続として、適切なものはどれか。

応用情報技術者試験 の 5問
第3問
情報システム・モデル取引・契約書によれば、ユーザ(取得者)とベンダ(供給者)間で請負型の契約が適切であるとされるフェーズはどれか。

応用情報技術者試験 の 5問
第4問
分散データベースにおいて図のようなコマンドシーケンスがあった。調停者がシーケンスaで発行したコマンドはどれか。ここで、コマンドシーケンスの記述にUMLのシーケンス図の記法を用いる。

応用情報技術者試験 の 5問
第5問
ディジタルサイネージの説明として、適切なものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る