google+LINEで送る
応用情報技術者試験 の 5問
第1問
SQL文においてFOREIGN KEYとREFERENCESを用いて指定する制約はどれか。

応用情報技術者試験 の 5問
第2問
目標復旧時点(RPO)を24時間に定めているのはどれか。

応用情報技術者試験 の 5問
第3問
DBMSに実装すべき原子性(atomicity)を説明したものはどれか。

応用情報技術者試験 の 5問
第4問
サーバにバックドアを作り、サーバ内で侵入の痕跡を隠蔽するなどの機能がパッケージ化された不正なプログラムやツールはどれか。

応用情報技術者試験 の 5問
第5問
メイン処理、及び表に示す二つの割込みA、Bの処理があり、多重割込みが許可されている。割込みA、Bが図のタイミングで発生するとき、0ミリ秒から5ミリ秒までの間にメイン処理が利用できるCPU時間は何ミリ秒か。ここで、割込み処理の呼出し及び復帰に伴うオーバヘッドは無視できるものとする。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る