google+LINEで送る
2級ボイラー技師国家試験 の 5問
第1問
暖房用鋳鉄製蒸気ボイラーにハートフォード式連結法により返り管を取り付ける目的は、次のうちどれか。

2級ボイラー技師国家試験 の 5問
第2問
次の文中の【   】内に入れるA及びBの数字の組合せとして、法令上、正しいものは1~5のうちどれか。

「鋳鉄製温水ボイラー(小型ボイラーを除く。)で圧力が【 A 】MPaを超えるものには、温水温度が【 B 】℃を超えないように温水温度自動制御装置を設けなければならない。」

2級ボイラー技師国家試験 の 5問
第3問
ボイラー用気体燃料について、誤っているものは次のうちどれか。

2級ボイラー技師国家試験 の 5問
第4問
ボイラーにおける石炭燃焼と比較した重油燃焼の特徴として、誤っているものは次のうちどれか。

2級ボイラー技師国家試験 の 5問
第5問
ボイラーの容量及び効率について、次のうち誤っているものは次のどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る