google+LINEで送る
介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第1問
次の記述は、介護予防サービス計画作成の視点として適切でしょうか?

利用者のセルフケアは評価が困難なので、盛り込まない。

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第2問
胃ろうで経管栄養を行っている場合に使用されるすべての経管栄養剤は 医師の処方に基づき医療保険から提供される。

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第3問
【施設における介護支援サービスについて】施設サービス計画は、居宅サービス計画と同様に、基本計画である。

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第4問
【指定介護予防支援事業者について】複数市町村を事業区域とするときの指導・監督は、都道府県知事が行う。

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第5問
【高齢者の栄養管理について】経管栄養では、腹部膨満感や下痢などの症状をきたしやすいため、注入速度に注意する。

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第6問
【集団援助技術(ソーシャルグループワーク)について】

場面ごとに異なる役割を担うことで、自らを見つめ直したり、新たな自信を得たりする機会となる。

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第7問
【高齢者を介護する家族の状況について】平成19年国民生活基礎調査によれば、要介護3以上の者と同居している主な介護者の介護時間は、「ほとんど終日」が最も多い。

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第8問
【高齢者の薬剤管理について】製剤学的な工夫がなされている錠剤には、つぶして内服してはいけないものがあるので、飲みやすい剤形への変更については、医師や薬剤師に確認する。

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第9問
Aさん(92歳)は重度の認知症である。女家族と同居しながら自宅で生活を続けていたが、肺炎を発症し緊急入院した。ある日、入院先の病院の医師より「嚥下の機能が低下しているため、今後経口摂取は難しい。胃ろうを造設して退院しますか?」と言われ、家族が悩んでいる。病院から介護支援専門員に、家族の相談にのってくれるよう依頼があった。介護支援専門員の対応として、下記の記述は適切でしょうか?

自宅で生活する際の主治医の意見を聞いてから、家族と話し合うことにした。

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第10問
次の記述は、居宅介護支援事業者の指定取消し又は効力停止の事由として正しい。

更新認定調査受託時に、当該調査の結果について虚偽の報告をした。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る