google+LINEで送る
介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第1問
【集団援助技術(ソーシャルグループワーク)について】

固定したメンバーで活動を行うことが重要なので、メンバーがグループから離れることをグループワーカーは認めるべきではない。

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第2問
短期入所生活介護は他のサービスとの代替性に乏しいため、居宅介護サービス費等区分支給限度基準額が適用されないサービスである。

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第3問
自宅で暮らしている利用者Aさんは、最初の面接で「自分ができないことをやってもらえばいいし、サービスを使うのは権利だ。ケアプランはいらないから、何曜日にどんなサービスが使えるかを書いた紙だけをくれればいい」と言っている。介護支援専門員の対応として、下記の記述は適切でしょうか?

「サービスを利用する権利があることはそのとおりです。しかし、ケアプランを作らないと規則違反になりますから、そのようなご意向でしたらほかの事業者と契約してください」と話し、利用者宅を辞した。

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第4問
【若年性認知症について】地域包括支援センターに配置された認知症連携担当者は、若年性認知症の者の個々の状態や本人・家族等の要望を踏まえ、適切な支援施策の活用を援助する。

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第5問
ソーシャルケースワークに関する次の記述は適切でしょうか?

ソーシャルワーカーは、クライエントが自己決定能力を最大限に発揮できるように支援をする。

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第6問
【高齢者の精神障害について】せん妄は、脳の器質疾患の際に発症することが多い。

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第7問
【通所リハビリテーションについて】通所リハビリテーションにおける個別リハビリテーション実施加算は、所要時間1時間以上2時間未満の場合には算定しない。

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第8問
【介護老人福祉施設について】感染症や食中毒の予防・まん延防止のため、その対策を検討する委員会をおおむね3か月に1回以上開催するとともに、指針を作成しなければならない。

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第9問
糖尿病の内服治療をしている場合には、低血糖症状が認知症の進行と間違われることがある。

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第10問
L―ドパ製剤は、パーキンソン病治療に有効であるが、長期間使用すると、不随意運動や、幻覚・妄想等の神経症状を生じることがある。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る