google+LINEで送る
介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第1問
次の記述は、高齢者を介護する家族への介護支援専門員による支援として適切でしょうか?

家族の就労の継続の支援はしない。

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第2問
【在宅のリハビリテーションについて】介護予防訪問リハビリテーションは、利用者の生活機能の継続又は向上のために、理学療法士、作業療法士又は言語聴覚士が提供する。

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第3問
死亡診断書に記載される死亡時刻は、生物学的な死亡時刻ではなく、医師が到着後に死を確認した時刻でなければならない。

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第4問
【皮膚疾患について】帯状疱疹においては、早期に治療を始めると、一般的に帯状疱疹後神経痛などの後遺症の出現が軽減される。

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第5問
【介護保険における訪問入浴介護について】居宅の浴場での入浴が困難でも、介助者がいる場合には、訪問入浴介護を利用することはできない。

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第6問
次の認知症に関する記述は適切でしょうか?

認知症患者の精神科病院への措置入院は、精神保健指定医ではない主治の医師による診断のみでも、緊急時においては可能である。

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第7問
【介護保険の審査請求の仕組みについて】保険給付に関する処分又は保険料その他介護保険法の徴収金に関する処分は、審査請求の対象となる。

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第8問
次の記述は、居宅介護支援事業者の指定取消し又は効力停止の事由として正しい。

省令に定める設備に関する基準を満たさなくなった。

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第9問
「認知症対応型共同生活介護の必要利用定員総数」は都道府県介護保険事業支援計画で定められている。

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第10問
在宅では、臨終時に家族のみで対応することもあり得るため、家族に対する看取りの準備教育として、身体の変化、緊急時の連絡方法、死亡確認の方法、死亡時刻の記録などが必要になる。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る