google+LINEで送る
介護福祉士 国家試験 の 10門
第1問
Dさん(42歳、男性)は、営業の仕事をしていた。休日に趣味のサイクリングの最中、交通事故に遭った。脊髄を損傷し、対麻痺の状態になり、車いすで移動する生活になった。Dさんに関する次の記述のうち、ICF(International Classification of Functioning ,Disability and Health : 国際生活機能分類)における「心身機能・身体構造」と「活動」の関係を示すものとして、適切なものを1つ選びなさい。

介護福祉士 国家試験 の 10門
第2問
皮膚に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

介護福祉士 国家試験 の 10門
第3問
利用者と家族が対立しているとき、介護福祉職の初期の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

介護福祉士 国家試験 の 10門
第4問
Fさん(80歳、女性)は、2週間前に、リハビリテーション病院から介護老人保健施設に入所した。脳梗塞(cerebral infarction)の後遺症のため、構音障害と嚥下障害がある。また、よだれが流れて衣服が濡れてしまうことが多い。食事は、とろみをつけた刻み食を1人で摂取できるが、むせることが多い。介護職がFさんに「何を食べたいですか」と尋ねると、「おいうをあえあい」(「お肉を食べたい」の意味)という不明瞭な発話が返ってきた。

Fさんが「おいうをあえあい」と話した時の介護職の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

介護福祉士 国家試験 の 10門
第5問
早期発見で改善が可能な認知症(dementia)として、最も適切なものを1つ選びなさい。

介護福祉士 国家試験 の 10門
第6問
社会福祉の推移に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。 

介護福祉士 国家試験 の 10門
第7問
疾患に伴う歩行の特徴として、正しいものを1つ選びなさい。

介護福祉士 国家試験 の 10門
第8問
権利擁護に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

介護福祉士 国家試験 の 10門
第9問
関節運動とその主動作筋(主として働く筋肉)の組合せとして、正しいものを1つ選びなさい。

介護福祉士 国家試験 の 10門
第10問
介護過程の評価の実施に責任を持つものとして、最も適切なものを1つ選びなさい。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る