google+LINEで送る
社会福祉士 国家試験 の 10門
第1問
クロス表とその分析に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第2問
片麻痺がある人への介護の視点から見た浴室の環境整備に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第3問
防衛機制に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第4問
次の事例を読んで、Jさんが利用しているサービスに関する記述として、正しいものを1つ選びなさい。

長男の家族と離れて一人暮らしをしていたJさん(80歳)は、最近、Uサービス付き高齢者向け住宅に移り住んで、サービスを受けている。持病のあるJさんに対しては、最寄りの在宅療養支援診療所であるVクリニックがW訪問看護ステーションと連携して、訪問診療や訪問看護を提供し、在宅療養を継続している。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第5問
福祉サービスのニーズを充足するための資源に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第6問
次の事例を読んで、障害支援区分認定に関する次の記述のうち、認定調査員の対応として、適切なものを1つ選びなさい。

Fさん(35歳)は全身性エリテマトーデスである。症状に変動があり、状態が良いときが多いため身体障害者手帳の取得はできていない。状態が悪いときは歩行も困難な状況であり、家族やボランティアの学生、訪問看護師からの支援を受けている。Fさんは居宅介護を受けたいと思い、このたび、障害支援区分の認定を受けるための申請をし、認定調査員の訪問を受けることとなった。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第7問
人権に関する国際的な条約などについての次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第8問
次の事例を読んで、次の記述のうち、児童相談所の対応として、適切なものを1つ選びなさい。

少年K(13歳)は、中学校にもほとんど登校しておらず、以前からグループリーダーとして万引きや年少者への暴力行為などで何回も通報されていた。今回、夜中に繁華街をグループで徘徊しているところを警察官に補導され、児童相談所に通告された。少年Kの家庭は父子家庭で、父親は病弱なため、ほとんど少年Kの日常的な養育を放棄していた。児童相談所は、家庭での養育環境が不適切であると判断し、児童自立支援施設への入所が適切であると判定した。しかし、父親が少年Kの施設入所に同意しなかった。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第9問
組織におけるキャリアに関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第10問
近親者を亡くした人たちのグループを支援する社会福祉士が、グループを相互援助システムとなるように支援するための働きかけに関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る