google+LINEで送る

公認会計士試験とは、三大国家資格と呼ばれる難易度の高い国家試験のひとつで、「会計」に携わる資格の中の最高峰!会計監査、財務、経理など多岐にわたる会計分野のプロフェッショナル!試験の難易度は難しいですが、有資格者は専門家としての社会的地位も保証され、独立開業も可能な人気の資格です!

■資格の詳細情報
正式名称 ・・・

公認会計士

認定団体

・・・

金融庁

取得条件

・・・

制限無し

試験日程

・・・

【第Ⅰ回短答式試験】12月中旬
【第Ⅱ回短答式試験】5月下旬
【論文式】8月下旬の3日間

活用職業

・・・

監査法人、個人事務所など

類似資格

・・・

税理士、米国公認会計士

合格確率

・・・

【短答式試験】約16%前後
【論文式試験】約10%前後

合格基準

・・・

【短答式試験の合格基準】
総点数の70%を基準として、公認会計士・監査審査会が相当と認めた得点比率で合格

【論文式試験の合格基準】
52%の得点比率を基準として、公認会計士・監査審査会が相当と認めた得点比率で合格

※双方とも1科目につき、その満点の40%に満たない場合、不合格。

試験場所

・・・

北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、熊本県、福岡県、沖縄県など

そのほか ・・・

【免除科目について】

公認会計士試験免除申請書による免除申請を行うことにより試験が免除になる場合がありますので、受験前に確認してください。

【関連リンク】

  公認会計士 - Wiki
  金融庁

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る