google+LINEで送る
公認会計士試験問題『財務会計論』 の 5問
第1問
減損会計の適用において、共用資産の取扱いに関する次の記述は正しいでしょうか?

資産または資産グループに共用資産を加えて減損損失を算定した場合、共用資産に配分される減損損失が、共用資産の帳簿価額と正味売却価額の差額を超過することが明らかな時には、当該超過額を共用資産に配分せず、合理的な基準により各資産または資産グループに配分する。

公認会計士試験問題『財務会計論』 の 5問
第2問
減損会計の適用において、共用資産の取扱いに関する次の記述は正しいでしょうか?

共用資産は、複数の資産または資産グループの将来キャッシュ・フローの生成に寄与する資産であるが、共用資産には、のれんは含まれない。

公認会計士試験問題『財務会計論』 の 5問
第3問
収益・費用の会計処理に関する次の記述は正しいでしょうか?

D社は、過年度において、保有する事業用土地の再評価を実施し、その評価差額(貸方計上)を貸借対照表の純資産の部に計上していた。当期の決算にあたり、当該事業用土地について減損損失を「特別損失」に計上したので、土地再評価差額金を取り崩して「特別利益」に計上した。

公認会計士試験問題『財務会計論』 の 5問
第4問
自己株式等の会計処理に関する次の記述は正しいでしょうか?

自己株式の取得に要した付随費用は取得価額に含め、処分および消却時の費用は自己株式処分差額等の調整とするが、これは付随費用を自己株式本体の取引と一体と考えているからである。

公認会計士試験問題『財務会計論』 の 5問
第5問
固定資産に関する次の記述は正しいでしょうか?

のれんは、営業の譲受けや合併・買収により有償取得した場合に限り無形固定資産に計上されるが、特許権、商標権、実用新案権等の法律上の権利は、贈与等により無償取得した場合にも無形固定資産として計上される。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る