google+LINEで送る
公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第1問
内部統制監査に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査人は、内部統制監査報告書において「一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準」に準拠して監査を実施したことを記載するが、内部統制監査を行うに当たっては、「監査基準」の一般基準及び「監査に関する品質管理基準」を遵守しなければならない。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第2問
リスク・アプローチに関する次の記述は正しいでしょうか?

統制リスクは、被監査会社の内部統制が重要な虚偽の表示を防止又は適時に発見・是正することに対してどのように整備されているか、またどの程度有効に運用されているかについて監査人が評価する被監査会社側のリスクであり、財務諸表監査とは独立して存在している。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第3問
経営者又は監査役等とのコミュニケーションに関する次の記述は正しいでしょうか?

監査人は、監査の過程で識別した未修正の虚偽表示がある場合には、その内容と、それが個別に又は集計して監査意見に与える影響を、監査役もしくは監査役会又は監査委員会に報告しなければならない。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第4問
監査報告に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査人は、準拠性の枠組みに基づく財務諸表の監査報告書において、監査の目的は内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、リスク評価の実施に当たって、監査人は状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と表示に関連する内部統制を検討する旨を記載する。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第5問
監査人による専門家の業務の利用に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査人は、財務諸表監査に際し、自らが利用する専門家との間で専門家の業務の内容、範囲及び目的、さらには専門家が守秘義務を遵守する必要性等について合意を得ておかなければならないが、この合意は書面によらない場合がある。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る