google+LINEで送る
公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第1問
一般に公正妥当と認められる監査の基準に関する次の記述は正しいでしょうか?

企業会計審議会が公表する「監査基準」は、公認会計士が財務諸表の監査を行うに当たって、法令によって強制されなくとも、常にこれを遵守しなければならないものである。すなわち、「監査基準」は、財務諸表の種類や意見として表明すべき事項を異にする監査を含め、公認会計士による財務諸表の監査に共通して適用される。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第2問
二重責任の原則に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査人は、監査報告書において、無限定適正意見を表明する場合には、財務諸表の作成に対する経営者の責任と当該財務諸表に対する意見を表明する監査人の責任についての記載を行うが、不適正意見を表明する場合には、経営者が財務諸表に対する作成責任を果たしたとはいえないので、財務諸表の作成責任についての記載は行わない。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第3問
財務諸表監査におけるリスクの評価とリスクへの対応に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査人は、リスク評価手続においては、質問及び分析的手続を必ず実施しなければならないが、重要な虚偽表示リスクが高いと認められる場合には、追加的に記録や文書の閲覧も実施する必要がある。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第4問
公認会計士監査に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査法人の専門職員である公認会計士は、業務上取り扱ったことについて知り得た秘密に関して守秘義務を負うが、監査法人を退職して公認会計士業務を廃止しない限り守秘義務は解除されない。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第5問
会社法監査制度に関する次の記述は正しいでしょうか?

事業年度の末日において会社法上の大会社であり、かつ有価証券報告書提出義務のある会社は、連結子会社がある場合、連結計算書類を作成し、監査役会又は監査委員会の監査及び会計監査人の監査を受け、株主総会において報告しなければならない。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る