google+LINEで送る
公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第1問
監査調書に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査ファイルの最終的な整理を完了する期限は、通常、監査報告書日から 60 日程度を超えないものとされているが、複数の監査報告書が発行された監査調書を 1 つのファイルに整理する場合は、いずれか早い監査報告書日から 60 日程度を超えないこととされている。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第2問
リスク評価手続に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査人は、経営者に対して質問を実施するだけではなく、不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別するために有用な情報を持っていると判断した従業員に対しても質問を実施しなければならない。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第3問
専門家の業務の利用に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査人が専門家の業務を利用する場合、監査人に適用される職業倫理で要求される守秘義務に関する事項は、たとえ当該専門家が外部の専門家であったとしても適用することが求められる。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第4問
監査基準の一般基準に関する次の記述は正しいでしょうか?

一般基準の 5 によって作成と保存が求められている監査調書は、一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を実施したことに対して証拠を提供するが、監査に適用される法令等に準拠して監査を実施したことに対しての証拠は提供しない。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第5問
監査人による専門家の業務の利用に関する次の記述は正しいでしょうか?

外部の専門家を利用する場合、当該専門家の独立性への阻害要因の重大性と、セーフガードの必要性に関する評価は、当該専門家の役割と、監査に関連した専門家の業務の重要性に依存することがある。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る