google+LINEで送る
公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第1問
標準原価計算に関する次の記述は正しいでしょうか?

ある製品を製造するために複数の原料が必要となり、それらの原料が代替可能であるとき、原料配合差異と原料歩留差異を計算することがある。この場合、原料配合差異は原料の標準単価、標準配合と実際歩留を使用することによって、原料歩留差異は原料の標準単価、標準配合と標準歩留を使用することによって計算する。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第2問
X事業部の使用総資本は 300,000 千円、年間売上高は 1,200,000 千円、売上高利益率は5 %である。なお、この企業の加重平均資本コスト率は 5 %である。管理会計の運用上、事業部業績測定のために用いる事業部利益は、本社費配賦前の営業利益から、事業部使用総資本に応じて資本コストを差し引いてもとめる。実効税率は40 %と設定しているが、各事業部に法人税を負担させてはいない。現在、この企業はX事業部における 60,000 千円の増産投資案を検討しており、これが採択されればX事業部の年間売上高は 50 %の増加が見込まれる。増産による売上高利益率および加重平均資本コスト率への影響はないと想定する。この投資案件を採択した場合のX事業部における使用総資本利益率を求め、下記より一つ選びなさい。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第3問
新製品コストマネジメントに関する次の記述は正しいでしょうか?

同一の部品や素材を複数のサプライヤーに同時発注することによって、サプライヤーに対するコストダウンへのプレッシャーを高めることができる。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第4問
次の記述のうち、日本の「原価計算基準」に照らして正しいでしょうか?

個別原価計算は、会社の本来の販売目的としている製品を生産する場合に適用される原価計算の方法であり、自家用の工具の製作や試作品の原価を算定するために利用することは適切ではない。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第5問
予算に関する次の記述は正しいでしょうか?

予算スラックは、予算執行者の個人的な利得のために利用されることはないので、許容されることもある。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る