google+LINEで送る
公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第1問
品質原価および品質管理に関する次の記述は正しいでしょうか?

予防原価は内部失敗原価や外部失敗原価の増大を抑制するために支出されるので、評価原価は支出しなくてもよい。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第2問
次の記述のうち、日本の「原価計算基準」に照らして正しいでしょうか?

個別原価計算において、労働が機械作業と密接に結合して総合的な作業となり、そのため製品に賦課すべき直接労務費と製造間接費とを分離することが困難な場合その他必要ある場合には、加工費について部門別計算を行い、部門加工費を各指図書に配賦することができる。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第3問
予算管理に関する次の記述は正しいでしょうか?

予算管理は、資源配分の手段である。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第4問
品質原価および品質管理に関する次の記述は正しいでしょうか?

多くの日本の大規模製造企業は品質管理活動には全社的品質管理、全社的予防保全などを中心として、熱心に取り組んできたが、品質原価の概念を用いた品質原価の測定は、ほとんど行われていなかった。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第5問
標準直接原価計算に関する次の記述は正しいでしょうか?
なお、以下の【1】~【3】を前提とする。

【1】すべての製造間接費差異は原価計算期間(月次)の期間原価として処理する。
【2】会計期間(年次)内においては、予算固定製造間接費配賦率は変化しない。
【3】各月において月初および月末仕掛品は存在しない。

当月の生産量が前月より増加しても、前月と当月の販売価格、販売量および製品単位当たり変動費が同一ならば、前月と当月の直接原価計算による営業利益は等しい。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る