google+LINEで送る
公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第1問
予算に関する次の記述は正しいでしょうか?

予算スラックは、予算執行者の個人的な利得のために利用されることはないので、許容されることもある。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第2問
財務情報およびキャッシュ・フロー管理に関する次の記述は正しいでしょうか?

増益基調にあっても、売上債権回転期間やたな卸資産回転期間が伸張しているときは、黒字倒産のおそれがある。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第3問
バランスト・スコアカード(BSC)に関する次の記述は正しいでしょうか?

学習と成長の視点では、人的資本、情報資本、組織資本などの無形資産(Intangibles)を戦略に方向付け、その実行に向けて貢献することが求められている。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第4問
当社は、単一の原料を加工し、その時々の市況に応じて、製品加工について意思決定を行い、販売している。月初に原料在庫のない状態で、原料 20,000 kg を 1,000 千円で購入し、この原料に加工費 8,000 千円を投じることで製品Aと製品B、それぞれ 10,000 kg の製品に分離した。これらの製品は追加加工が可能である。製品Aは 500 時間の直接作業により同量の製品Xに加工できる。また、製品Bは 1,200 時間の直接作業により同量の製品Yに加工できる。この追加加工では、直接作業 1 時間当たり 3,600 円の加工費がかかる。現在の市況では、製品すべての販売が可能である。製品Aは 600 円/kg であるが、製品Xは 800 円/kg で販売できる。また製品Bは 800 円/kg であるが、製品Yは 1,200 円/kgで販売できる。次の中から正しいものを一つ選びなさい。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第5問
バランスト・スコアカードの一般的な特徴に関する次の記述は正しいでしょうか?

バランスト・スコアカードには、戦略目的、測定尺度、目標値、戦略的実施項目が示される。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る