google+LINEで送る
公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第1問
次の記述は、日本の「原価計算基準」に照らして正しいでしょうか?

費目別計算において一定期間における原価要素の発生を測定するに当たり、予定価格等を適用する場合には、これをその適用される期間における正常価格にできる限り近似させ、価格差異をなるべく僅少にするように定める。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第2問
原価企画の特徴として、目標原価が製品を構成する機能別単位や構造別単位に細分割付され、それぞれの開発を担う技術者や部門の責任に関連づけられることが指摘されている。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第3問
バランスト・スコアカード(BSC)に関する次の記述は正しいでしょうか?

非上場企業や非営利組織においても BSC が実施されている。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第4問
次は日本の「原価計算基準」に関する記述は正しいでしょうか?

原価差異は、材料受入価格差異を除いて、原則として、当年度の売上原価に賦課するが、標準原価計算制度における数量差異、作業時間差異、能率差異などで異常な状態に基づくと認められるものは非原価項目として処理することが要求されている。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第5問
次は日本の「原価計算基準」に関する記述は正しいでしょうか?

標準原価は、一定の文書に表示されて原価発生に責任を持つ各部署に指示される。指示する文書の種類について、標準製品原価表、材料明細表、標準作業表および製造間接費予算表の四つが例として取り上げられている。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る