google+LINEで送る
クレーン・デリック運転士試験(ク) の 10門
第1問
クレーンの安全装置等に関し、次のうち誤っているものはどれか。

クレーン・デリック運転士試験(ク) の 10門
第2問
クレーンを用いて作業を行うときの合図、立入禁止の措置又は搭乗の制限に関し、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

クレーン・デリック運転士試験(ク) の 10門
第3問
図のような「てこ」において、A点に力を加えて、質量60kgの荷を持ち上げるとき、これを支えるために必要な力Pは、1~5のうちどれか。ただし、重力の加速度は9.8m/s2とし、「てこ」及びワイヤロープの質量は考えないものとする。

クレーン・デリック運転士試験(ク) の 10門
第4問
図のように、水平な床面に置いた質量100kgの物体を床面に沿って引っ張るとき、動き始める直前の力Fの値に最も近いものは、1~5のうちどれか。ただし、接触面の静止摩擦係数は、0.3とする。

クレーン・デリック運転士試験(ク) の 10門
第5問
電動機に関し、次のうち誤っているものはどれか。

クレーン・デリック運転士試験(ク) の 10門
第6問
材料(軟鋼)の強さ、応力に関し、次のうち誤っているものはどれか。

クレーン・デリック運転士試験(ク) の 10門
第7問
クレーンの構造部分に関し、次のうち誤っているものはどれか。

クレーン・デリック運転士試験(ク) の 10門
第8問
クレーンのブレーキに関し、次のうち誤っているものはどれか。

クレーン・デリック運転士試験(ク) の 10門
第9問
次の文中の[  ]内に入れるA及びBの語句の組合せとして、正しいものは1~5のうちどれか。「荷を巻下げしているときに急制動したり、玉掛け用ワイヤロープが[ A ]状態から全速で荷を巻上げしたりすると、玉掛け用ワイヤロープに、つり荷による荷重よりはるかに大きな荷重が作用することがある。このような荷重を[ B ]という。」

クレーン・デリック運転士試験(ク) の 10門
第10問
クレーンの設置又はクレーン検査証に関し、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る