google+LINEで送る

データベーススペシャリスト試験(DB)とは、情報処理技術者試験のひとつで試験制度のスキルレベル4に相当する国家資格です。データベースに関係する固有技術を活用し、最適な情報システム基盤の企画・要件定義・開発・運用・保守において中心的な役割を果たす、文字通りデータベースのスペシャリスト!

■資格の詳細情報
正式名称 ・・・

データベーススペシャリスト

認定団体

・・・

経済産業省

取得条件

・・・

制限無し

試験日程

・・・

年1回、10月下旬頃

活用職業

・・・

情報システム系・ネットワーク系企業

類似資格

・・・

ITサービスマネージャ試験ITストラテジスト試験ITパスポート試験基本情報技術者試験システムアーキテクト試験プロジェクトマネージャ試験ネットワークスペシャリスト試験システムアーキテクト試験エンベデッドシステムスペシャリスト試験情報セキュリティスペシャリスト試験、システム監査技術者試験

合格確率

・・・

約16.7%前後

そのほか ・・・

対象者像


高度IT人材として確立した専門分野をもち、データベースに関係する固有技術を活用し、最適な情報システム基盤の企画・要件定義・開発・運用・保守において中心的な役割を果たすとともに、固有技術の専門家として、情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守への技術支援を行う者

【関連リンク】

  データベーススペシャリスト - Wiki
  IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る