google+LINEで送る
データベーススペシャリスト(DB) の 10問
第1問
ディジタルフォレンジクスの説明として、適切なものはどれか。

データベーススペシャリスト(DB) の 10問
第2問
業務データのバックアップが自動取得されている場合、日次バックアップデータが継続的に取得されているかどうかをシステム監査人が検証する手続として、適切なものはどれか。

データベーススペシャリスト(DB) の 10問
第3問
EDIを実施するための情報表現規約で規定されるべきものはどれか。

データベーススペシャリスト(DB) の 10問
第4問
従業員番号と氏名の対がn 件格納されている表に線形探索法を用いて、与えられた従業員番号から氏名を検索する。この処理における平均比較回数を求める式はどれか。ここで、検索する従業員番号はランダムに出現し、探索は常に表の先頭から行う。また、与えられた従業員番号がこの表に存在しない確率をa とする。

データベーススペシャリスト(DB) の 10問
第5問
SQLで用いるカーソルの説明のうち、適切なものはどれか。

データベーススペシャリスト(DB) の 10問
第6問
コモディティ化の説明はどれか。

データベーススペシャリスト(DB) の 10問
第7問
システム障害発生時には、データベースの整合性を保ち、かつ、最新のデータベース状態に復旧する必要がある。このために、DBMSがトランザクションのコミット処理完了とみなすタイミングとして、適切なものはどれか。

データベーススペシャリスト(DB) の 10問
第8問
図のように、2台の端末がルータと中継回線で接続されているとき、端末Aがフレームを送信し始めてから、端末Bがフレームを受信し終わるまでの時間は、およそ何ミリか。

[条件]
フレーム長:LAN、中継回線ともに1,500バイト
LANの伝送速度:10Mビット/秒
中継回線の伝送速度:1.5Mビット/秒
1フレームのルータ処理時間:両ルータともに0.8ミリ秒

データベーススペシャリスト(DB) の 10問
第9問
関係R, Sの等結合演算はどの演算によって表すことができるか。

データベーススペシャリスト(DB) の 10問
第10問
スコープを縮小せずにプロジェクト全体のスケジュールを短縮する技法の一つである“クラッシング”では、メンバの時間外勤務を増やしたり、業務内容に精通したメンバを新たに増員したりする。“クラッシング”を行う際に、優先的に資源を投入すべきスケジュールアクティビティはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る