google+LINEで送る
潜水士 の 10問
第1問
潜水業務における窒素酔いに関する次の文中の内に入れる【A】から【C】の語句の組合せとして、正しいものは(1)~(5)のうちどれか。

「個人差はあるが、水深40m前後以上になると窒素の【 A 】により窒素酔いが出現する。窒素酔いになると、総じて考え方が【 B 】になり、正しい判断ができず重大な結果を招くことがある。飲酒、疲労、大きな作業量、不安、体内の【 C 】の蓄積等は窒素酔いを起こしやすくする。」

潜水士 の 10問
第2問
窒素酔いに関し、次のうち誤っているものはどれか。

潜水士 の 10問
第3問
人体に及ぼす水温の作用等に関し、次のうち誤っているものはどれか。

潜水士 の 10問
第4問
水中における光や音に関し、次のうち正しいものはどれか。

潜水士 の 10問
第5問
スクーバ式の潜水業務を行うとき、潜水前の点検が義務付けられている潜水器具の組み合わせとして、法令上、正しいものは次のうちどれか。

潜水士 の 10問
第6問
水中における光や音に関し、次のうち誤っているものはどれか。

潜水士 の 10問
第7問
スクーバ式潜水に用いられるボンベ、圧力調整器等に関し、次のうち誤っているものはどれか。

潜水士 の 10問
第8問
水中における光や音にかんし、次のうち正しいものはどれか。

潜水士 の 10問
第9問
潜水の種類、方式に関し、次のうち誤っているものはどれか。

潜水士 の 10問
第10問
潜水による副鼻腔や耳の障害に関し、次のうち誤っているものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る