google+LINEで送る
1級土木施工管理技士 の 10門
第1問
労働安全衛生法令上、高さが5m以上のコンクリート造の工作物の解体作業における危険を防止するために、事業者が行わなければならない事項に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1級土木施工管理技士 の 10門
第2問
コンクリート構造物の補修・補強に用いられる連続繊維シート工法に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

1級土木施工管理技士 の 10門
第3問
品質管理に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

1級土木施工管理技士 の 10門
第4問
建設業法上、元請負人が下請負人に対して果たすべき義務に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1級土木施工管理技士 の 10門
第5問
コンクリート構造物の非破壊検査のうち、電磁波を利用する方法(X線法、電磁波レーダ法、赤外線法)で得ることのできない情報は、次のうちどれか。

1級土木施工管理技士 の 10門
第6問
建設工事の現場から発生する濁水の処理に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

1級土木施工管理技士 の 10門
第7問
廃棄物の処理及び清掃に関する法律に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1級土木施工管理技士 の 10門
第8問
ダムコンクリートに関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

1級土木施工管理技士 の 10門
第9問
元請負人の果たすべき義務に関する次の記述のうち、建設業法上、誤っているものはどれか。ただし、元請負人は発注者から直接土木工事を請け負った特定建設業者とし、下請負人は資本金額4、000 万円未満の一般建設業の者とする。

1級土木施工管理技士 の 10門
第10問
土の原位置試験に関する次の記述のうち、適当なものはどれか。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る