google+LINEで送る
2級土木施工管理技士(土木) の 5門
第1問
地すべり防止工に関して、次の説明文の【イ】【ロ】に入る工法の組合せのうち、適当なものはどれか。

地すべり防止工は、抑制工と抑止工とに大別される。
抑制工は、地すべりの誘因となる自然的条件を変化させることによって地すべり運動を停止又は緩和させる工法で、代表的なものとして排土工や 【イ】などが挙げられる。
一方、抑止工は、構造物により地すべり運動の一部又は全部を停止させる工法で、一般に【ロ】やシャフト工などが用いられる。

2級土木施工管理技士(土木) の 5門
第2問
現場に設ける延べ面積が50m2を超える仮設建築物に関する次の記述のうち、建築基準法上、正しいものはどれか。

2級土木施工管理技士(土木) の 5門
第3問
場所打ち杭に関する次の記述のうち、適当なものはどれか。

2級土木施工管理技士(土木) の 5門
第4問
施工計画作成の留意事項に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

2級土木施工管理技士(土木) の 5門
第5問
掘削時の土留め仮設工に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る