google+LINEで送る
2級土木施工管理技士(薬液注入) の 5門
第1問
ダブルパッカー工法の施工順序として、適当なものはどれか。
ただし、【a】、【b】、【c】、【d】の作業内容は、それぞれ次のとおりとする。
【a】所定深度まで、ケーシングパイプを設置する。
【b】先端部にダブルパッカーを取り付けた注入内管を挿入する。
【c】注入外管を挿入する。
【d】シールグラウトを充てんし、ケーシングパイプを引き抜く。

2級土木施工管理技士(薬液注入) の 5門
第2問
シールド工法において発進部の地山の安定をはかる対策などの補助工法に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

2級土木施工管理技士(薬液注入) の 5門
第3問
下記の説明に該当する工程表は、次のうちどれか。

「縦軸に出来高比率(%)を取り、横軸に時間経過比率(%)を取り、あらかじめ、予定工程を計画し、実施工程がその上方限界及び下方限界の許容範囲内に収まるように管理する工程表である。」

2級土木施工管理技士(薬液注入) の 5門
第4問
水ガラス系薬液の注入材の選定に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

2級土木施工管理技士(薬液注入) の 5門
第5問
図は、海岸堤防の形式を示したものであるが、次の(A)~(D)のうち混成型はどれか。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る