google+LINEで送る
普通自動車免許学科 の 10門
第1問
徐行しようとするときの合図の時期は、徐行しようとするときである。

普通自動車免許学科 の 10門
第2問
高速自動車国道で自動二輪車の二人乗りができるのは、自動二輪車の運転経験3年以上、年齢が20歳以上でなければならないが、自動二輪車の運転経験が1年以上あれば自動車専用道路でのみ二人乗りをすることができる。

普通自動車免許学科 の 10門
第3問
高速道路で故障して停止する場合、夜間は停止表示機材を置かなければならないが、昼間は非常点滅表示灯をつければ停止表示機材は置かなくてもよい。

普通自動車免許学科 の 10門
第4問
この標識は、自動車や原動機付自転車及び軽車両は通行できないことを表わしている。

普通自動車免許学科 の 10門
第5問
踏切内で故障したときは、まず故障車の移動に全力をつくし、どうしても動かない場合は、最後の手段として踏切支障報知装置を使う。

普通自動車免許学科 の 10門
第6問
この標識は、「自転車横断帯」を示している。

普通自動車免許学科 の 10門
第7問
右折、左折または転回の合図をする時期は、いずれも同じである。

普通自動車免許学科 の 10門
第8問
ハンドルやブレーキが故障している車は、徐行してでも運転してはならない。

普通自動車免許学科 の 10門
第9問
車を運転している場合、「止まれ」の標識と「赤色の灯火の点滅」信号は同じ意味をもつ。

普通自動車免許学科 の 10門
第10問
車から離れる時は、ほんの少しの間でもエンジンを止めてキーを抜き、ドアロックをして盗難防止の措置をしなければならない。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る