google+LINEで送る
普通自動車免許学科 の 10門
第1問
普通免許を取得して1年未満の者が普通自動車を運転する場合は、車の前後に「初心者マーク」(初心運転者標識)を付けなければならない。

普通自動車免許学科 の 10門
第2問
この標識は、「ロータリーあり」を表す警戒標識である。

普通自動車免許学科 の 10門
第3問
フェード現象とは、ブレーキ液の中に気泡が生じ、ブレーキペダルを踏んでも油圧が伝えられないため、ブレーキがきかなくなることである。

普通自動車免許学科 の 10門
第4問
二輪車を運転する場合、前輪ブレーキは後輪ブレーキにくらべてききが悪いので、普通は後輪ブレーキをおもに使い、前輪ブレーキは緊急時のみ使う。

普通自動車免許学科 の 10門
第5問
ハンドルやブレーキが故障している車は、徐行してでも運転してはならない。

普通自動車免許学科 の 10門
第6問
交通事故の責任は事故を起こした運転者のみにあるので、車を貸した者には責任がない。

普通自動車免許学科 の 10門
第7問
交差する道路が優先道路であるときやその幅が広いときは、必ず徐行しなければならないが、状況によっては一時停止をして交差道路を通行する車の進行を妨げてはならない。

普通自動車免許学科 の 10門
第8問
トンネルの中では、車両通行帯があっても追越しが禁止されている。

普通自動車免許学科 の 10門
第9問
車の下から冷却水やオイルが漏れているときは故障が考えられるので運転してはならないが、空調装置からの排水は異常ではない。

普通自動車免許学科 の 10門
第10問
同一方向に進行しながら進路を変えようとするときは、進路を変えようとする約30メートル手前で合図しなければならない。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る