google+LINEで送る
普通自動車免許学科 の 20門
第1問
交差する道路が優先道路であるときやその幅が広いときは、必ず徐行しなければならないが、状況によっては一時停止をして交差道路を通行する車の進行を妨げてはならない。

普通自動車免許学科 の 20門
第2問
この道路標識があるところでは、普通自動車のみ軌道敷内を通行することができる。

普通自動車免許学科 の 20門
第3問
出発地警察署長の許可があれば、荷台や座席以外の場所に荷物を積んだり、荷台に人を乗せて運転することができる。

普通自動車免許学科 の 20門
第4問
この標示の路側帯は、歩行者の通行を妨げなければ、自転車も通行することができる。

普通自動車免許学科 の 20門
第5問
この標識のある道路では、車庫などに入るため右横断をしてはならない。

普通自動車免許学科 の 20門
第6問
ハンドルやブレーキが故障している車は、徐行してでも運転してはならない。

普通自動車免許学科 の 20門
第7問
この標識は、「標識による駐車禁止の区間の終わり」を表わしている。

普通自動車免許学科 の 20門
第8問
止まっているものに衝突するとき、もし速度を半分に下げることができたとすると、衝突時に受ける力はおおむね1/4ですむ。

普通自動車免許学科 の 20門
第9問
前照燈が故障して点灯しなかったが、昼間だけ運転するのであれば、そのまま運転してかまわない。

普通自動車免許学科 の 20門
第10問
こう配の急な上り坂は、徐行すべき場所にはなっていない。

普通自動車免許学科 の 20門
第11問
高速自動車国道で自動二輪車の二人乗りができるのは、自動二輪車の運転経験3年以上、年齢が20歳以上でなければならないが、自動二輪車の運転経験が1年以上あれば自動車専用道路でのみ二人乗りをすることができる。

普通自動車免許学科 の 20門
第12問
停止位置の直前で信号が赤色に変わっても、安全に停止できないときはそのまま進行してもよい。

普通自動車免許学科 の 20門
第13問
普通貨物自動車(ミニカーを除く)の一般道路での法定最高速度は50キロメートル毎時である。

普通自動車免許学科 の 20門
第14問
日常点検をするときは、灯火類を点灯させたり、方向指示器を点滅させて点検する。

普通自動車免許学科 の 20門
第15問
高齢運転者標識や身体障害者標識、初心運転者標識をつけて走行している自動車に対して、危険を避けるためやむを得ない場合の他は、側方に幅よせしたり、前方に割り込んだりしてはならない。

普通自動車免許学科 の 20門
第16問
歩道と車道の区別のない道路で、車が歩行者のそばを通るときは必ず徐行しなければならない。

普通自動車免許学科 の 20門
第17問
タイヤの空気圧は徐々に減少することがあるので、日常点検等で確認することが大切である

普通自動車免許学科 の 20門
第18問
普通自動車で、車両総重量が同じくらいの故障した普通自動車をけん引する場合の最高速度は40キロメートル毎時である。

普通自動車免許学科 の 20門
第19問
夜間、高速道路で故障などのためやむを得ず駐停車するときは、停止表示機材を置けば、非常点滅表示灯や駐車灯、尾燈はつけなくてもよい。

普通自動車免許学科 の 20門
第20問
一般道路で法定最高速度が60キロメートル毎時の車はすべて、高速自動車国道の本線車道を100キロメートル毎時で走行できる。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る