google+LINEで送る
普通自動車免許学科 の 20門
第1問
高齢運転者標識や身体障害者標識、初心運転者標識をつけて走行している自動車に対して、危険を避けるためやむを得ない場合の他は、側方に幅よせしたり、前方に割り込んだりしてはならない。

普通自動車免許学科 の 20門
第2問
乗車定員5人の乗用車には、運転者の他に12歳の子供6人を乗せることができる。

普通自動車免許学科 の 20門
第3問
自動車を車道の左側端に停車していて発進しようとする場合の合図は、右折の場合と同じ要領でおこない 安全確認をしなければならない。

普通自動車免許学科 の 20門
第4問
自動車または原動機付自転車を運転中、横断歩道や自転車横断帯の手前で止まっている車があるときは、その側方を通過して前方に出る前に一時停止しなければならない。

普通自動車免許学科 の 20門
第5問
普通免許を受けていれば、2.8トン積みのトラックを運転することができる。

普通自動車免許学科 の 20門
第6問
自動車や原動機付自転車は、交通が混雑している道路で路側帯があるときには、その路側帯の中を通行することができる。

普通自動車免許学科 の 20門
第7問
図の交差点において、A車はアの地点を通行するときは、徐行しなければならない。

普通自動車免許学科 の 20門
第8問
安全地帯のそばを通る場合、歩行者がいるときは徐行しなければならないが、いないときは徐行しなくてもよい。

普通自動車免許学科 の 20門
第9問
大型乗用自動車の一般道路での法定最高速度は60キロメートル毎時である。

普通自動車免許学科 の 20門
第10問
この標識のある交差点では、大型貨物自動車と中型貨物自動車、大型特殊自動車以外の車は直進することができない。

普通自動車免許学科 の 20門
第11問
普通二輪車は、普通二輪免許を受けていても、免許を受けていた期間が1年未満の者は、二人乗りをしてはいけない。

普通自動車免許学科 の 20門
第12問
進路変更をするときは、まず安全確認をしてから方向指示器で合図を出す。

普通自動車免許学科 の 20門
第13問
歩道と車道の区別のない道路で、車が歩行者のそばを通るときは必ず徐行しなければならない。

普通自動車免許学科 の 20門
第14問
四輪車の運転者は、二輪車より優越感を持ち、二輪車を軽視する傾向がある。

普通自動車免許学科 の 20門
第15問
高速道路における大型貨物自動車の最高速度は80キロメートル毎時である。

普通自動車免許学科 の 20門
第16問
交差点で、警察官が「止まれ」の手信号をしていたので、警察官の1メートル手前で停止した。

普通自動車免許学科 の 20門
第17問
この3つの補助標識は、同じ意味を表わしている。

普通自動車免許学科 の 20門
第18問
道路に面した場所に出入りするため歩道や路側帯を横切るときは、徐行して歩行者の通行を妨げないようにしなければならない。

普通自動車免許学科 の 20門
第19問
高速道路で大型・普通自動二輪車の二人乗りができるのは、自動二輪車の運転経験3年以上で年齢が20才以上でなければならない。

普通自動車免許学科 の 20門
第20問
普通免許や二輪免許、原付免許を取得して1年以内に交通違反などを犯し、違反点数の合計が3点以上になったとき(1回の違反で3点に達したときを除く)は初心運転者講習を受けることができる。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る