google+LINEで送る
普通自動車免許学科 の 20門
第1問
前照燈が故障して点灯しなかったが、昼間だけ運転するのであれば、そのまま運転してかまわない。

普通自動車免許学科 の 20門
第2問
速度が同じであれば、荷物の重量が軽い場合より、重い場合のほうが制動距離が短くなる。

普通自動車免許学科 の 20門
第3問
この標識は、「横断歩道」を表わしている。

普通自動車免許学科 の 20門
第4問
車両は一方通行になっている道路では道路の中央から右の部分にはみ出して通行することができる。

普通自動車免許学科 の 20門
第5問
同一方向に進行しながら進路を変えようとするときは、進路を変えようとする約30メートル手前で合図しなければならない。

普通自動車免許学科 の 20門
第6問
自動車の運転は、認知、判断、操作に分けられ、このうちとくに大切なのは操作で、交通事故の大半は操作の誤りによって起きている。

普通自動車免許学科 の 20門
第7問
同じ距離であっても、小型車は近く、大型車は遠く感じる。

普通自動車免許学科 の 20門
第8問
660cc以下の普通自動車の高速自動車国道での最高速度は80キロメートル毎時である。

普通自動車免許学科 の 20門
第9問
検査標章の色と数字は検査を受けた年月を表す。

普通自動車免許学科 の 20門
第10問
二輪車を運転する場合、前輪ブレーキは後輪ブレーキにくらべてききが悪いので、普通は後輪ブレーキをおもに使い、前輪ブレーキは緊急時のみ使う。

普通自動車免許学科 の 20門
第11問
こう配の急な上り坂は、徐行すべき場所にはなっていない。

普通自動車免許学科 の 20門
第12問
冷却水の点検は、エンジンをかけてからリザーバ・タンクで調べたり、ラジエター・キャップをはずして行う。

普通自動車免許学科 の 20門
第13問
自動車または原動機付自転車を運転中、横断歩道や自転車横断帯の手前で止まっている車があるときは、その側方を通過して前方に出る前に一時停止しなければならない。

普通自動車免許学科 の 20門
第14問
安全地帯のそばを通る場合、歩行者がいるときは徐行しなければならないが、いないときは徐行しなくてもよい。

普通自動車免許学科 の 20門
第15問
自動車を運転して追い越しを始めるときは、ハンドル操作を手ぎわよくするため、あらかじめ前車との車間距離を短くしてから始めるのがよい。

普通自動車免許学科 の 20門
第16問
サイドミラーよりルームミラーのほうが後続車との距離を正しく目測することができる。

普通自動車免許学科 の 20門
第17問
高速自動車国道や自動車専用道路での自動二輪車の二人乗りは自動二輪車の運転経験が1年以上あれば行うことができる。

普通自動車免許学科 の 20門
第18問
乗車定員10人の自動車は普通免許で運転することができる。

普通自動車免許学科 の 20門
第19問
車両は、交差点とその側端から5メートル以内の部分には、駐車も停車もしてはならない。

普通自動車免許学科 の 20門
第20問
交通事故が起きた場合は、続発事故を防ぐため、他の交通の妨げにならないような安全な場所に車を移動させ、エンジンを切っておくようにする。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る