google+LINEで送る
普通自動車免許学科 の 20門
第1問
高速道路では、登坂車線も本線車道に含まれる。

普通自動車免許学科 の 20門
第2問
一般道路での大型貨物自動車の最高速度は、50キロメートル毎時である。

普通自動車免許学科 の 20門
第3問
高速道路で故障などのためやむを得ず駐車する場合は、車の後方の路上に停止表示機材を置き、後続車の運転者にわかるようにしなければならないが、歩行が困難な場合は停止表示灯を車の側方の路上に置いてもよい。

普通自動車免許学科 の 20門
第4問
こう配の急な上り坂は、徐行すべき場所にはなっていない。

普通自動車免許学科 の 20門
第5問
オートマチック車は、チェンジレバーがP(パーキング)やN(ニュートラル)以外の位置ではエンジンがかからない。

普通自動車免許学科 の 20門
第6問
踏切や踏切の手前10メートル以内のところは駐車してはいけないが、すぐ向こう側であれば駐車してもよい。

普通自動車免許学科 の 20門
第7問
燃料計は、Fが満タン、Eは燃料切れ(ガス欠)寸前を示す。

普通自動車免許学科 の 20門
第8問
原動機付自転車も幼児用補助乗車装置をつければ6才未満の幼児1名に限り乗車させることができる。

普通自動車免許学科 の 20門
第9問
安全地帯のない停留所で止まっている路面電車に乗り降りする人がいても路面電車との間に1.5メートル以上の間隔を保つことができるときは、徐行してその側方を通過することができる。

普通自動車免許学科 の 20門
第10問
ハンドルやブレーキが故障している車は、徐行してでも運転してはならない。

普通自動車免許学科 の 20門
第11問
正面の信号が「赤色の灯火」と「黄色の灯火の矢印」を示しているとき、自動車は黄色の矢印の方向に進んでもよい。

普通自動車免許学科 の 20門
第12問
この標識のある道路では、車庫などに入るため右横断をしてはならない。

普通自動車免許学科 の 20門
第13問
高速道路の登坂車線は重い荷物を積んだ貨物自動車が走行するためのものなので、普通乗用自動車で登坂車線を通行することはできない。

普通自動車免許学科 の 20門
第14問
徐行しようとするときの合図の時期は、徐行しようとするときである。

普通自動車免許学科 の 20門
第15問
交差点で、警察官が「止まれ」の手信号をしていたので、警察官の1メートル手前で停止した。

普通自動車免許学科 の 20門
第16問
二輪免許では、自動二輪車と原動機付自転車を運転することができるが、小型特殊自動車を運転することはできない。

普通自動車免許学科 の 20門
第17問
舗装道路では、雨の降り始めのほうが、降っている最中より、スリップしやすい。

普通自動車免許学科 の 20門
第18問
大型特殊免許で運転できるのは、大型特殊自動車、大型自動車、中型自動車、小型特殊自動車、原動機付自転車である。

普通自動車免許学科 の 20門
第19問
一方通行の道路に駐車するときは、道路の側端に沿って止めれば、左右どちら側に駐車してもよい。

普通自動車免許学科 の 20門
第20問
仮免許運転違反(資格者の同乗指導を受けないで運転)をすると、仮免許が取り消しになる。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る