google+LINEで送る
普通自動車免許学科 の 20門
第1問
自動車の運転は、認知、判断、操作に分けられ、このうちとくに大切なのは操作で、交通事故の大半は操作の誤りによって起きている。

普通自動車免許学科 の 20門
第2問
高速自動車国道の本線車道が、道路の構造上往復の方向別に分離されていない区間では、普通自動車の最高速度は、60キロメートル毎時である。

普通自動車免許学科 の 20門
第3問
この標識は、「自転車横断帯」を示している。

普通自動車免許学科 の 20門
第4問
オートマチック車のエンジンブレーキは効果がないので、下り坂などでは、ブレーキペダルとハンドブレーキで減速するのがよい。

普通自動車免許学科 の 20門
第5問
車の下から冷却水やオイルが漏れているときは故障が考えられるので運転してはならないが、空調装置からの排水は異常ではない。

普通自動車免許学科 の 20門
第6問
荷物が軽い時に比べて重い時の方がタイヤの接地抵抗が増すので荷物が重い時の方が制動距離は短くなる。

普通自動車免許学科 の 20門
第7問
けん引のための構造装置のある車で、車両総重量750Kgのけん引されるための構造装置のある車をけん引するときは、けん引免許はいらない。

普通自動車免許学科 の 20門
第8問
二輪車を運転する場合、前輪ブレーキは後輪ブレーキにくらべてききが悪いので、普通は後輪ブレーキをおもに使い、前輪ブレーキは緊急時のみ使う。

普通自動車免許学科 の 20門
第9問
70歳以上の運転者が普通自動車を運転するときは車の前後に「高齢運転者標識」をつけるのが望ましい。

普通自動車免許学科 の 20門
第10問
オートマチック車は、駐車して車から離れるとき、チェンジレバーを上り坂ではL、平地や下り坂ではRの位置に入れておく。

普通自動車免許学科 の 20門
第11問
この標識があり、パーキングメーターが設置されている場所で60分をこえて駐車するときは、新たに料金を追加すれば引き続き同じ場所に駐車することができる。

普通自動車免許学科 の 20門
第12問
高速道路で故障して停止する場合、夜間は停止表示機材を置かなければならないが、昼間は非常点滅表示灯をつければ停止表示機材は置かなくてもよい。

普通自動車免許学科 の 20門
第13問
普通免許や二輪免許、原付免許を取得して1年以内に交通違反などを犯し、違反点数の合計が3点以上になったとき(1回の違反で3点に達したときを除く)は初心運転者講習を受けることができる。

普通自動車免許学科 の 20門
第14問
一般の車両は、交差点や交差点の付近で緊急自動車が近づいてきた場合は、交差点をさけて道路の左側に寄って一時停止をしなければならない。

普通自動車免許学科 の 20門
第15問
この標識のある交差点では、大型貨物自動車と中型貨物自動車、大型特殊自動車以外の車は直進することができない。

普通自動車免許学科 の 20門
第16問
二輪免許では、自動二輪車と原動機付自転車を運転することができるが、小型特殊自動車を運転することはできない。

普通自動車免許学科 の 20門
第17問
タイヤの空気圧が低い状態で高速走行を続けると、スタンディングウエーブ現象が起きる危険性がある。

普通自動車免許学科 の 20門
第18問
この標識は、自動車や原動機付自転車及び軽車両は通行できないことを表わしている。

普通自動車免許学科 の 20門
第19問
自動車や原動機付自転車は、交通が混雑している道路で路側帯があるときには、その路側帯の中を通行することができる。

普通自動車免許学科 の 20門
第20問
高速自動車国道や自動車専用道路での自動二輪車の二人乗りは自動二輪車の運転経験が1年以上あれば行うことができる。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る