google+LINEで送る

英検とは小学生から社会人まで幅広い方を対象としていて、年間受験者数は230万人で日本で一番受験者数の多い英語検定試験です。難易度は1級などの難易度は最高レベル、4級5級など簡易度は低いです。同系の試験ではTOEICがありますが、大きな違いとして、英検は学生向け・TOEICは社会人向けといった所かと思います。

■資格の詳細情報
正式名称 ・・・

実用英語技能検定

認定団体

・・・

公益財団法人 日本英語検定協会

受験資格

・・・

制限なし。誰でも受験できます。

試験日程

・・・

【一次試験】
 ①6月上旬 ②10月中旬 ③1月下旬
【二次試験】
 ①7月上旬 ②11月中旬 ③2月下旬

関連試験

・・・

TOEIC、TOEIC Bridge、TOEICスピーキングテスト/ライティングテスト

受験料

・・・

1,500円

~8400円(級により異なる)
合格確立 ・・・

【1級】約11.3%【準1級】約15.1%
【2級】約26.9%【準2級】約34.6%
【3級】約56.1%
【4級】約69.9%
【5級】約83.1%

そのほか ・・・

日本には英検(実用英語技能検定)の他に「TOEIC」がありますが、社会人はTOEIC、大学生はTOEIC+英検、高校生は英検といった感じに受験を希望される人の年齢によって変わってきます。双方ともとても人気のある試験であり、得た知識を活用できる場は多種多様、様々な場所で生かすことが出来ます。人気度、知名度、どちらをとってもトップの試験となりますが、企業などはTOEICを英語能力の評価として使用している企業が多いです。ただ、どちらかで悩んでしまったりするくらいなら英検とTOEICの両方を受験するのが良いかと思います。

関連リンク

  実用英語技能検定 - Wiki
  公益財団法人 日本英語検定協会

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る