google+LINEで送る
エンベデッドシステムスペシャリスト(ES) の 10問
第1問
分散データベースにおいて図のようなコマンドシーケンスがあった。調停者がシーケンスaで発行したコマンドはどれか。ここで、コマンドシーケンスの記述にUMLのシーケンス図の記法を用いる。

エンベデッドシステムスペシャリスト(ES) の 10問
第2問
データの追加・変更・削除が、少ないながらも一定の頻度で行われるデータベースがある。このデータベースのフルバックアップを磁気テープに取得する時間間隔を今までの2倍にした。このとき、データベースのバックアップ又は復旧に関する記述のうち、適切なものはどれか。

エンベデッドシステムスペシャリスト(ES) の 10問
第3問
施策案a~dのうち、利益が最も高くなるマーケティングミックスはどれか。ここで、広告費と販売促進費は固定費とし、1個当たりの変動費は1,000円とする。

エンベデッドシステムスペシャリスト(ES) の 10問
第4問
パイプライン制御の特徴はどれか。

エンベデッドシステムスペシャリスト(ES) の 10問
第5問
ITサービスマネジメントにおける回避策(ワークアラウンド)の説明として、適切なものはどれか。

エンベデッドシステムスペシャリスト(ES) の 10問
第6問
メイン処理、及び表に示す二つの割込みA、Bの処理があり、多重割込みが許可されている。割込みA、Bが図のタイミングで発生するとき、0ミリ秒から5ミリ秒までの間にメイン処理が利用できるCPU時間は何ミリ秒か。ここで、割込み処理の呼出し及び復帰に伴うオーバヘッドは無視できるものとする。

エンベデッドシステムスペシャリスト(ES) の 10問
第7問
IPアドレスが172.20.100.52/26のときのサブネットマスクはどれか。

エンベデッドシステムスペシャリスト(ES) の 10問
第8問
LEDの店頭回路の動作として、適切な組合せはどれか。

エンベデッドシステムスペシャリスト(ES) の 10問
第9問
優先度に基づくプリエンプティブスケジューリングが行われる二つのタスクA、Bがある。優先度はAの方が高く、制約条件は表のとおりである。Bが実行中、割込みによってAに実行を移すとき、A、Bともデッドラインを超えないためには、割込みハンドらを何マイクロ秒以内で処理する必要があるか。ここで、和t\り込み発生から割込みハンドらが起動するまでの時間、及びタスク切替えによるオーバヘッドの時間は無視するものとする。
タスクの実行時間起動したからデッドラインまでの時間
タスクA3060
タスクB50100

エンベデッドシステムスペシャリスト(ES) の 10問
第10問
組込みソフトウェアなどの設計にも有効な技法であって、システムをプラットフォームに依存する部分と依存しない部分とに分けてモデル化することを特徴とする技法はどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る