google+LINEで送る
エンベデッドシステムスペシャリスト(ES) の 10問
第1問
A社は顧客管理システムの開発を、情報システム子会社であるB社に委託し、B社は要件定義を行った上で、設計・プログラミング・テストまでを協力会社であるC社に委託した。C社では優秀なD社員にその作業を担当させた。このとき、開発したプログラムの著作権はどこに帰属するか。ここで、関係者の間には、著作権の帰属に関する特段の取決めはないものとする。

エンベデッドシステムスペシャリスト(ES) の 10問
第2問
IT投資ポートフォリオの目的はどれか。

エンベデッドシステムスペシャリスト(ES) の 10問
第3問
ディジタルサイネージの説明として、適切なものはどれか。

エンベデッドシステムスペシャリスト(ES) の 10問
第4問
開発ツールの機能の説明のうち、適切なものはどれか。

エンベデッドシステムスペシャリスト(ES) の 10問
第5問
PCが、NAPT(IPマスカレード)機能を有効にしているルータを経由してインターネットに接続されているとき、PCからインターネットに送出されるパケットのTCPとIPのヘッダのうち、ルータを経由する際に書き換えられるものはどれか。

エンベデッドシステムスペシャリスト(ES) の 10問
第6問
分散データベースシステムのデータディクショナリ/ディレクトリの配置方式に関する記述のうち、適切なものはどれか。

エンベデッドシステムスペシャリスト(ES) の 10問
第7問
共通鍵暗号方式において、100人の送受信者のそれぞれが、相互に暗号化通信を行うときに必要な共通鍵の総数は幾つか。

エンベデッドシステムスペシャリスト(ES) の 10問
第8問
SSHの説明はどれか。

エンベデッドシステムスペシャリスト(ES) の 10問
第9問
その月に受注した商品を、顧客ごとにまとめて月末に出荷する場合、受注クラスと出荷クラスとの間の関連のa、bに入る多重度の組合せはどれか。ここで、出荷のデータは実績に基づいて登録される。また、モデルの表記にはUMLを用いる。

エンベデッドシステムスペシャリスト(ES) の 10問
第10問
ペネトレーションテストの目的はどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る