google+LINEで送る
エンベデッドシステムスペシャリスト(ES) の 5問
第1問
メイン処理、及び表に示す二つの割込みA、Bの処理があり、多重割込みが許可されている。割込みA、Bが図のタイミングで発生するとき、0ミリ秒から5ミリ秒までの間にメイン処理が利用できるCPU時間は何ミリ秒か。ここで、割込み処理の呼出し及び復帰に伴うオーバヘッドは無視できるものとする。

エンベデッドシステムスペシャリスト(ES) の 5問
第2問
業務データのバックアップが自動取得されている場合、日次バックアップデータが継続的に取得されているかどうかをシステム監査人が検証する手続として、適切なものはどれか。

エンベデッドシステムスペシャリスト(ES) の 5問
第3問
プロセッサの省電力技術の一つであるパワーゲーティングの説明として、適切なものはどれか。

エンベデッドシステムスペシャリスト(ES) の 5問
第4問
PCが、NAPT(IPマスカレード)機能を有効にしているルータを経由してインターネットに接続されているとき、PCからインターネットに送出されるパケットのTCPとIPのヘッダのうち、ルータを経由する際に書き換えられるものはどれか。

エンベデッドシステムスペシャリスト(ES) の 5問
第5問
ページング方式の仮想記憶において、ページフォールト発生時の動作状況が次の場合に、主記憶の平均アクセス時間が最も改善される対策はどれか。

[ページフォールト発生時の動作状況]
(1)主記憶アクセス1回の時間は200ナノ秒である。
(2)主記憶アクセス200万回に1回の割合でページフォールトが発生する。
(3)ページフォールト1回あたり600ミリ秒のオーバヘッドを伴う。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る