google+LINEで送る
ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第1問
教育資金贈与信託に関する次の記述の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる数値または語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。

教育資金贈与信託は、受益者の教育資金として委託者が信託銀行等に金銭等を信託した場合に、( ア )万円(学校等以外の教育資金の支払いに充当する場合は500万円)を限度として贈与税が非課税になる信託である。教育資金贈与信託においては、受益者は信託の設定日において( イ )歳未満の個人に限られ、委託者は受益者の( ウ )に限られる。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第2問
不動産売買における民法上の売主の瑕疵担保責任に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、売買契約上、瑕疵担保責任に関する特約は締結していないものとする。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第3問
平成26年中における個人による金融商品取引に係る所得税の取扱いに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第4問
生命保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、特約は考慮しないものとする。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第5問
所得税における住宅借入金等特別控除(以下「住宅ローン控除」という)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、記載されたもの以外の要件はすべて満たしているものとする。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第6問
次のうち、所得税の確定申告を要しない者はどれか。なお、いずれも同一年中に生じた所得であるものとし、記載のない事項については考慮しないものとする。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第7問
相続時精算課税制度(以下「本制度」という)に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第8問
相続における死亡保険金の取扱いに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、いずれも死亡保険金は被相続人が契約者(=保険料負担者)および被保険者、相続人が受取人である生命保険から受け取ったものとする。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第9問
平成26年中に締結した損害保険契約の保険料に係る所得税の取扱いに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、いずれも契約者(=保険料負担者)は個人であるものとする。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第10問
所得税および復興特別所得税の仕組みに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る