google+LINEで送る
ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第1問
損害保険の保険金等に係る税金に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、保険金等を受け取った者は個人であるものとする。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第2問
下記<過去3期間のポートフォリオの実績収益率>に基づき、ポートフォリオA~Cのリスク(標準偏差)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第3問
外国債券の一般的な特徴に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第4問
教育ローンおよび奨学金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第5問
教育資金贈与信託に関する次の記述の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる数値または語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。

教育資金贈与信託は、受益者の教育資金として委託者が信託銀行等に金銭等を信託した場合に、( ア )万円(学校等以外の教育資金の支払いに充当する場合は500万円)を限度として贈与税が非課税になる信託である。教育資金贈与信託においては、受益者は信託の設定日において( イ )歳未満の個人に限られ、委託者は受益者の( ウ )に限られる。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第6問
相続における死亡保険金の取扱いに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、いずれも死亡保険金は被相続人が契約者(=保険料負担者)および被保険者、相続人が受取人である生命保険から受け取ったものとする。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第7問
ガン保険に関連する一般的な商品内容等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第8問
遺言に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第9問
下記の資料に基づくA社株式の1株当たりの類似業種比準価額として、最も適切なものはどれか。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第10問
平成26年に株式投資等を行う場合のNISA(少額投資非課税制度)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、本問においては、NISAにより投資収益が非課税となる口座をNISA口座という。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る