google+LINEで送る
ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第1問
建築物の敷地が建ぺい率の限度(指定建ぺい率)の異なる地域にわたる場合、敷地全体について、敷地の過半の属する地域の指定建ぺい率が適用される。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第2問
長期固定金利住宅ローンであるフラット35の借入金利は、融資実行時の金利ではなく、借入申込時の金利が適用される。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第3問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

下記の〈親族関係図〉において、配偶者の法定相続分は、【   】である。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第4問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

不動産投資の採算性を示す指標の1つである【   】は、年間賃料収入を投資額で除して算出する。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第5問
2つの異なる資産に投資するポートフォリオにおいて、資産間の相関係数が1であると き、ポートフォリオのリスク低減効果が最も大きくなる。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る