google+LINEで送る
ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第1問
成年後見制度には法定後見制度と任意後見制度があり、法定後見制度の種類には後見・保護・補助がある。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第2問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

デリバティブ取引において、株式などの原資産を特定の価格(権利行使価格)で売る権利のことを【   】・オプションという。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第3問
日経平均株価は、東京証券取引所市場第一部に上場している代表的な225銘柄を対象と した修正平均株価である。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第4問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

元金2、000万円を、利率(年率)3%で複利運用しながら15年にわたって毎年均等に取り崩して受け取る場合、毎年の受取金額は、下記の〈資料〉の係数を使用して算出すれば、【   】となる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第5問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

相続の放棄をしようとする者は、自己のために相続の開始があったことを知った時から原則として【 ① 】以内に、その旨を【 ② 】に申述しなければならない。