google+LINEで送る
ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第1問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

元金2、000万円を、利率(年率)3%で複利運用しながら15年にわたって毎年均等に取り崩して受け取る場合、毎年の受取金額は、下記の〈資料〉の係数を使用して算出すれば、【   】となる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第2問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

土地・建物に係る譲渡所得は、【 ① 】現在において所有期間が【 ② 】を超えるものは長期譲渡所得に、【 ② 】以下であるものは短期譲渡所得に区分される。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第3問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

所得税の配偶者控除の適用要件の1つとして、配偶者の合計所得金額は【   】以下でなければならない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第4問
2つの異なる資産に投資するポートフォリオにおいて、資産間の相関係数が1であると き、ポートフォリオのリスク低減効果が最も大きくなる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第5問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

デリバティブ取引において、株式などの原資産を特定の価格(権利行使価格)で売る権利のことを【   】・オプションという。