google+LINEで送る
ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第1問
暦年課税による贈与税は、受贈者ごとではなく、贈与者ごとに1年間に贈与した財産の 価額を合計し、そこから非課税財産を控除して課税価格を算出する。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第2問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

国内の金融商品取引所において、上場株式を普通取引で売買した場合、売買が成立した日から起算して【   】営業日目に受渡しが行われる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第3問
所得税において、事業的規模で行われる不動産の貸付による所得は、事業所得となる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第4問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

国が日本政策金融公庫を通じて行う「教育一般貸付(国の教育ローン)」の融資金利は【 ① 】であり、返済期間は原則として【 ② 】以内である。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第5問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

元金2、000万円を、利率(年率)3%で複利運用しながら15年にわたって毎年均等に取り崩して受け取る場合、毎年の受取金額は、下記の〈資料〉の係数を使用して算出すれば、【   】となる。