google+LINEで送る
ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第1問
相続人が相続により取得した宅地が「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」における貸付事業用宅地等に該当する場合、240㎡を限度面積として評価額の80%を減額することができる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第2問
土地の登記記録の表題部には、所在や地番など、その土地の表示に関する事項が記録される。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第3問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

フラット35(買取型)の融資金額は、100万円以上【   】以下で、建設費または購入価額(非住宅部分に関するものを除く)以内とされている。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第4問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

所得税において、不動産所得または事業所得を生ずべき事業を営む青色申告者が一定の要件を満たした場合、青色申告特別控除として所得金額から控除することができる金額は、最高【   】である。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第5問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

下記の〈親族関係図〉において、配偶者の法定相続分は、【   】である。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る