google+LINEで送る
ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第1問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

建築基準法の規定では、都市計画区域および準都市計画区域内の建築物の敷地は、原則として、幅員【 ① 】以上の道路に【 ② 】以上接しなければならない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第2問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

顧客のライフプランニングを行うには可処分所得の把握が重要であるが、一般に、可処 分所得の金額は、年収から所得税・住民税ならびに( )を控除した額をいう。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第3問
所得税において、上場株式等の譲渡により生じた損失の金額は、総合課税を選択した上場株式等に係る配当所得の金額から控除することができる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第4問
成年後見制度には法定後見制度と任意後見制度があり、法定後見制度の種類には後見・保護・補助がある。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第5問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

贈与税の配偶者控除は、婚姻期間が【 ① 】以上である配偶者からの居住用不動産または居住用不動産を取得するための金銭の贈与についてその適用があり、控除限度額は【 ② 】である。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る