google+LINEで送る
ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第1問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

相続時精算課税を選択した場合の贈与税額は、この制度に係る贈与財産の価額から特別控除額(累計2、500万円)を控除した後の残額に、一律【   】の税率を乗じて算出する。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第2問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

生命保険の保険料のうち、将来の死亡保険金を支払うための財源となる純保険料は、予定死亡率および【   】に基づいて計算されている。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第3問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

金融商品取引法では、金融商品取引業者等は、顧客の知識、経験、財産の状況および金融商品取引契約を締結する目的に照らして不適当と認められる勧誘を行ってはならないとしているが、これを【   】の原則という。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第4問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

ある債券の信用リスク(デフォルトリスク)が高まった場合、一般に、その債券の価格は【 ① 】し、利回りは【 ② 】する。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第5問
定期建物賃貸借契約(定期借家契約)は、公正証書によって契約しなければならない。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る