google+LINEで送る
ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第1問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

契約者(=保険料負担者)および死亡保険金受取人が夫、被保険者が妻である生命保険契約において、夫が受け取る死亡保険金は【   】の課税対象となる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第2問
税金は国税と地方税に区分できるが、所得税は国税であり、法人税は地方税である。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第3問
給与所得者のうち、その年分の給与等の金額が1、800万円を超える者は、年末調整の対象 者とならず、所得税について確定申告をしなければならない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第4問
建築基準法において、建ぺい率は、建築物の延べ面積の敷地面積に対する割合と定められている。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第5問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

国が日本政策金融公庫を通じて行う「教育一般貸付(国の教育ローン)」の融資金利は【 ① 】であり、返済期間は原則として【 ② 】以内である。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る