google+LINEで送る
ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第1問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

利率(年率)1%で複利運用しながら毎年一定額を積み立てて、15年後に2、000、000円を準備したい。この場合に最低限必要な毎年の積立金額を下記の〈資料〉を利用して算出すれば、【   】となる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第2問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

普通傷害保険では、被保険者が【   】場合、補償の対象とならない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第3問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

表面利率(クーポンレート)2%、残存期間4年の固定利付債券を、額面100円当たり101円で購入した場合の単利最終利回りは、【   】である。なお、答は表示単位の小数点以下第3位を四捨五入している。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第4問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

相続人が相続により取得した宅地が「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」の貸付事業用宅地等に該当する場合、【 ① 】を限度面積として評価額の【 ② 】を減額することができる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第5問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

総務省が公表する【   】は、全国の世帯が購入する家計に係る財およびサービスの価格等を総合した物価の変動を時系列的に測定するものである。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る