google+LINEで送る
ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第1問
外貨建てMMFは、30日以上保有するなどの所定の要件を満たした場合、投資元本が保証される。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第2問
弁護士資格を有しないファイナンシャル・プランナーが、遺産分割をめぐって係争中の顧客から相談を受け、報酬を得る目的で相続人間の利害調整に係る法律事務を取り扱った。この行為が顧客利益を優先して行ったものである場合、弁護士法に抵触しない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第3問
成年後見制度には法定後見制度と任意後見制度があり、法定後見制度の種類には後見・保護・補助がある。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第4問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

顧客のライフプランニングを行うには可処分所得の把握が重要であるが、一般に、可処 分所得の金額は、年収から所得税・住民税ならびに( )を控除した額をいう。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第5問
外貨建てMMFは、高い信用格付けが付された短期債券等を主な投資対象とした米ドル建ての公社債投資信託であり、ユーロ建てや豪ドル建てのものはない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第6問
個人の間で著しく低い価額の対価で財産の譲渡があった場合、原則として、その対価と 財産の時価との差額に相当する金額について、贈与があったものとみなされる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第7問
損害保険において、保険会社が損害に対して支払う保険金の限度額を、保険価額という。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第8問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

所得税の住宅借入金等特別控除の適用対象となる借入金は、住宅の取得等に充てるための一定の借入金で、償還期間が【   】以上の割賦償還により返済するものでなければならない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第9問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

リビング・ニーズ特約は、病気やケガの種類を問わず被保険者の余命が【   】以内と判断された場合に、死亡保険金の一部または全部が生前に支払われるという特約である。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第10問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

元金2、000万円を、利率(年率)3%で複利運用しながら15年にわたって毎年均等に取り崩して受け取る場合、毎年の受取金額は、下記の〈資料〉の係数を使用して算出すれば、【   】となる。