google+LINEで送る
ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第1問
所得税において、上場株式等の譲渡により生じた損失の金額は、総合課税を選択した上場株式等に係る配当所得の金額から控除することができる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第2問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

「住宅用地に対する固定資産税の課税標準の特例」により、小規模住宅用地(住宅1戸につき200㎡までの部分)については、固定資産税の課税標準となるべき価格の【   】の額が課税標準とされる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第3問
所得税において、土地・建物の譲渡に係る譲渡所得の金額は、分離課税の対象となる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第4問
都市計画税は、原則として、都市計画区域のうち市街化調整区域内に所在する土地・家屋の所有者に対して課される。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第5問
独立行政法人日本学生支援機構が取り扱う奨学金には、返済義務のない第一種奨学金と 返済義務のある第二種奨学金がある。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第6問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

相続により取得した土地の譲渡について、いわゆる相続財産を譲渡した場合の相続税の取得費加算の特例の適用を受ける場合、当該土地を相続開始日の翌日から相続税の申告期限の翌日以後【   】を経過する日までに譲渡していることが要件の1つとなる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第7問
長期固定金利住宅ローンであるフラット35の借入金利は、融資実行時の金利ではなく、借入申込時の金利が適用される。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第8問
個人の間で著しく低い価額の対価で財産の譲渡があった場合、原則として、その対価と 財産の時価との差額に相当する金額について、贈与があったものとみなされる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第9問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

遊園地を運営する企業が、来園者が遊具から転落してケガをし、企業が法律上の損害賠償責任を負担した場合に被る損害に備え、【   】に加入した。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第10問
都市計画税は、都市計画区域のうち、原則として、市街化区域内に所在する土地・家屋 の所有者に対して課される。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る