google+LINEで送る
ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第1問
給与所得者のうち、その年分の給与等の金額が1、800万円を超える者は、年末調整の対象 者とならず、所得税について確定申告をしなければならない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第2問
上場株式の配当について申告分離課税を選択した場合、配当控除の適用はない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第3問
一般的な固定利付債券では、通常、市中金利が上昇すると債券価格は下落する。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第4問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

「特定居住用財産の譲渡損失の損益通算および繰越控除の特例」の適用要件の1つとして、譲渡資産の所有期間は、譲渡の年の1月1日で【   】を超えていなければならない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第5問
銀行による預金の受入れや保険会社による保険契約の締結は、「金融商品の販売等に関する法律」における金融商品の販売に該当する。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第6問
個人の間で著しく低い価額の対価で財産の譲渡があった場合、原則として、その対価と 財産の時価との差額に相当する金額について、贈与があったものとみなされる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第7問
公的介護保険の介護給付または予防給付のサービスを受けた者は、原則として、かかった費用(食費、居住費等を除く)の3割を負担する。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第8問
老齢厚生年金の支給要件は、厚生年金保険の被保険者期間を1年以上有する者が65歳以上であること、老齢基礎年金の受給資格期間を満たしていることである。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第9問
定期建物賃貸借契約(定期借家契約)は、公正証書によって契約しなければならない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第10問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

保険会社の健全性を示す指標であるソルベンシー・マージン比率は、その値が大きいほどリスクに対して支払余力があるとされ、【   】を下回った場合には、監督当局による早期是正措置の対象となる。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る