google+LINEで送る
ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第1問
個人の間で著しく低い価額の対価で財産の譲渡があった場合、原則として、その対価と 財産の時価との差額に相当する金額について、贈与があったものとみなされる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第2問
所得税において、身体の傷害に基因して支払われる保険金は、非課税所得とされる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第3問
全国健康保険協会管掌健康保険の被保険者が、産科医療補償制度に加入している医療機 関で出産したときは、出産育児一時金として一児ごとに45万円が支給される。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第4問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

土地・家屋の固定資産税の納税義務者は、原則として、毎年【   】現在において当該土地・家屋の所有者として固定資産課税台帳に登録されている者である。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第5問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

都市計画法の規定では、市街化区域内において行う開発行為で、原則としてその規模が【   】以上であるものは、都道府県知事等の許可を受けなければならない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第6問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

フラット35(買取型)の融資金額は、100万円以上【   】以下で、建設費または購入価額(非住宅部分に関するものを除く)以内とされている。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第7問
特別支給の老齢厚生年金の支給開始年齢は段階的に引き上げられており、原則として、昭和36年4月2日以後に生まれた男性には支給されない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第8問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

居住用財産の譲渡について、長期譲渡所得の課税の特例(軽減税率の特例)の適用を受ける場合の所得税額は、下記の表のとおり計算される。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第9問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

一時所得の金額は、その年中の一時所得に係る総収入金額からその収入を得るために支出した金額の合計額を控除し、その残額から最高【   】の特別控除額を控除して算出する。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第10問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

上場株式の配当について配当控除の適用を受ける場合、配当所得について【   】を選択して所得税の確定申告をしなければならない。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る