google+LINEで送る
ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第1問
公的介護保険の第2号被保険者は、市町村または特別区の区域内に住所を有する45歳以 上65歳未満の医療保険加入者とされている。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第2問
住宅ローンの返済方法において元利均等返済方式と元金均等返済方式を比較した場合、返済期間や金利などの他の条件が同一であれば、通常、利息を含めた総返済金額が多いのは、元金均等返済方式である。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第3問
税は国税と地方税に区分することができるが、固定資産税は地方税である。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第4問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

建物の区分所有等に関する法律(区分所有法)の規定によれば、集会においては、区分所有者および議決権の各【   】以上の多数で、建物を取り壊し、かつ、新たな建物を建築する旨の建替え決議をすることができる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第5問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

相続税の計算において、生命保険金の非課税限度額は、『【   】× 法定相続人の数』の算式により算出する。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第6問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

生命保険会社が破綻した場合、生命保険契約者保護機構により、破綻時点の補償対象契約(高予定利率契約を除く)の責任準備金等の【   】まで補償される。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第7問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

相続時精算課税を選択した場合の贈与税額は、この制度に係る贈与財産の価額から特別控除額(累計2、500万円)を控除した後の残額に、一律【   】の税率を乗じて算出する。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第8問
上場不動産投資信託( J-REIT)は、上場株式と同様に証券取引所を通じて取引され、成行や指値による注文も可能である。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第9問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

株式の投資指標の1つであるPBRは、株価を1株当たり【   】で除して求められ、一般に、株価が相対的に割高であるか割安であるかの判断に用いられる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第10問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

所得税において、【   】は、医療費控除の対象とならない。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る