google+LINEで送る
ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第1問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

国内の経済活動によって一定期間内に生み出された付加価値の総額である【   】は、一般に、その伸び率が国の経済成長率を測る指標として用いられる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第2問
都市計画税は、都市計画区域のうち、原則として、市街化区域内に所在する土地・家屋 の所有者に対して課される。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第3問
個人の間で著しく低い価額の対価で財産の譲渡があった場合、原則として、その対価と 財産の時価との差額に相当する金額について、贈与があったものとみなされる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第4問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

デリバティブ取引において、株式などの原資産を特定の価格(権利行使価格)で売る権利のことを【   】・オプションという。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第5問
オプション取引において、株式などの原資産を特定の価格(権利行使価格)で買う権利のことを、コール・オプションという。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第6問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

株式投資において、株価が割安か割高かを判断する指標の1つである【   】は、株価を1株当たり純利益で除して求められる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第7問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

相続開始時において保険事故が発生していない生命保険契約に関する権利の価額は、【   】の額に基づいて評価する。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第8問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

下記の〈親族関係図〉において、Aさんの相続における孫Bさんの法定相続分は、【   】である。

正しい

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第9問
株式の投資指標の1つである配当利回りは、1株当たりの配当金の額を一定とすれば、 株価が上昇するほど高くなる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第10問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

投資信託において、日経平均株価などの特定の指標(ベンチマーク)に連動する運用成績を目指すものを、一般に【   】ファンドと呼ぶ。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る