google+LINEで送る
ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第1問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

相続または遺贈により財産を取得した者が、その相続開始前【   】以内に被相続人から贈与を受けた財産がある場合、原則として、その財産の価額を相続税の課税価格に加算する。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第2問
建築物の敷地が建ぺい率の限度(指定建ぺい率)の異なる地域にわたる場合、敷地全体について、敷地の過半の属する地域の指定建ぺい率が適用される。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第3問
無利息・要求払い・決済サービスを提供できる、という3つの条件を満たす決済用預金は、その全額が預金保険制度による預金保護の対象となる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第4問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

「特定居住用財産の譲渡損失の損益通算および繰越控除の特例」の適用要件の1つとして、譲渡資産の所有期間は、譲渡の年の1月1日で【   】を超えていなければならない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第5問
都市計画法で定める用途地域のうち、商業地域内では住宅の建築が禁じられている。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第6問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

都市計画法の規定では、市街化区域内において行う開発行為で、原則としてその規模が【   】以上であるものは、都道府県知事等の許可を受けなければならない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第7問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

保険会社の健全性を示す指標であるソルベンシー・マージン比率は、その値が大きいほどリスクに対して支払余力があるとされ、【   】を下回った場合には、監督当局による早期是正措置の対象となる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第8問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

住宅ローンのフラット35(買取型)において、一部繰上返済を行う場合、返済金額は【 ① 】以上から可能で、その際の繰上返済手数料は【 ② 】である。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第9問
定期保険は、被保険者が保険期間中に死亡または高度障害状態になった場合に保険金が 支払われ、保険期間満了時に被保険者が生存していても満期保険金は支払われない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第10問
相続税において、貸家の敷地の用に供されている宅地(貸家建付地)の価額は、「自用地 としての価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)」の算式により評価する。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る