google+LINEで送る
ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第1問
弁護士資格を有しないファイナンシャル・プランナーが、遺産分割をめぐって係争中の顧客から相談を受け、報酬を得る目的で相続人間の利害調整に係る法律事務を取り扱った。この行為が顧客利益を優先して行ったものである場合、弁護士法に抵触しない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第2問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

生命保険会社が破綻した場合、生命保険契約者保護機構により、破綻時点の補償対象契約(高予定利率契約を除く)の責任準備金等の【   】まで補償される。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第3問
A国の金利上昇により、B国との金利差が拡大し、B国からA国に資金が流入した場合、一般に、A国通貨高、B国通貨安の要因となる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第4問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

健康保険の任意継続被保険者となるための申出は、被保険者の資格を喪失した日から原則として【   】以内にしなければならない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第5問
海外旅行保険では、被保険者が海外旅行のために住居を出発してから帰宅するまでの間に被った傷害について補償の対象となる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第6問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

都市計画法の規定では、市街化区域内において行う開発行為で、原則としてその規模が【   】以上であるものは、都道府県知事等の許可を受けなければならない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第7問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

相続開始時において保険事故が発生していない生命保険契約に関する権利の価額は、【   】の額に基づいて評価する。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第8問
保養の目的で所有する別荘など、生活に通常必要でない資産を譲渡したことによって生じた損失の金額は、他の所得の金額と損益通算することができない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第9問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

相続税の計算において、生命保険金の非課税限度額は、『【   】× 法定相続人の数』の算式により算出する。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第10問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

フラット35(買取型)の融資金額は、100万円以上【   】以下で、建設費または購入価額(非住宅部分に関するものを除く)以内とされている。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る