google+LINEで送る
ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第1問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

生命保険の契約者が払い込む保険料は、主として将来の保険金を支払うための財源となる【 ① 】と、生命保険会社が保険契約を維持、管理していくために必要な費用である【 ② 】とに大別することができる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第2問
定期建物賃貸借契約(定期借家契約)は、公正証書によって契約しなければならない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第3問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

ある債券の信用リスク(デフォルトリスク)が高まった場合、一般に、その債券の価格は【 ① 】し、利回りは【 ② 】する。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第4問
公的介護保険の第2号被保険者は、市町村または特別区の区域内に住所を有する45歳以 上65歳未満の医療保険加入者とされている。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第5問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

3、000、000円を年利2%(1年複利)で3年間運用した場合の元利合計金額は、手数料や税金等を考慮しない場合、【   】である。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第6問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

不動産投資の採算性を示す指標の1つである【   】は、年間賃料収入を投資額で除して算出する。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第7問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

1、000、000円を年利1%(1年複利)で2年間運用した場合の元利合計金額は、税金や手数料等を考慮しない場合、【   】である。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第8問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

所得税において、平成25年中に取得した建物に係る減価償却の方法は、【   】である。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第9問
都市計画税は、原則として、都市計画区域のうち市街化調整区域内に所在する土地・家屋の所有者に対して課される。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第10問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

投資信託において、日経平均株価などの特定の指標(ベンチマーク)に連動する運用成績を目指すものを、一般に【   】ファンドと呼ぶ。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る