google+LINEで送る
ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第1問
火災保険では、突風によって住宅の窓ガラスや屋根が破損し、一定の損害が生じた場合、補償の対象となる。 -3- 〈2014.1 3級・学科〉

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第2問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

相続の放棄をしようとする者は、自己のために相続の開始があったことを知った時から原則として【 ① 】以内に、その旨を【 ② 】に申述しなければならない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第3問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

株式投資において、株価が割安か割高かを判断する指標の1つである【   】は、株価を1株当たり純利益で除して求められる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第4問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

3、000、000円を年利2%(1年複利)で3年間運用した場合の元利合計金額は、手数料や税金等を考慮しない場合、【   】である。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第5問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

所得税の配偶者控除の適用要件の1つとして、配偶者の合計所得金額は【   】以下でなければならない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第6問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

表面利率(クーポンレート)1%、残存期間4年の固定利付債券を、額面100円当たり98円で購入した場合の単利最終利回りは、【   】である。なお、答は表示単位の小数点以下第3位を四捨五入している。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第7問
暦年課税による贈与税は、受贈者ごとではなく、贈与者ごとに1年間に贈与した財産の 価額を合計し、そこから非課税財産を控除して課税価格を算出する。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第8問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

相続税の計算において、生命保険金の非課税限度額は、『【   】× 法定相続人の数』の算式により算出する。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第9問
所得税において、上場株式等の譲渡により生じた損失の金額は、総合課税を選択した上場株式等に係る配当所得の金額から控除することができる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第10問
都市計画税は、原則として、都市計画区域のうち市街化調整区域内に所在する土地・家屋の所有者に対して課される。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る