google+LINEで送る
ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第1問
税理士資格を有しないファイナンシャル・プランナーのAさんは、顧客から税務に関する相談を受けたときは、一般的・抽象的な説明を行うにとどめ、個別・具体的な税額計算などは税理士に委ねている。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第2問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

雇用保険の高年齢雇用継続基本給付金は、原則として60歳到達時点に比べて、賃金額が【   】未満に低下した状態で就労している60歳以上65歳未満の雇用保険の一般被保険者で、一定の要件を満たす者に対して支給される。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第3問
金融商品取引法では、金融商品取引業は、内閣総理大臣の登録を受けた者でなければ行 うことができないとしている。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第4問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

国が日本政策金融公庫を通じて行っている教育ローンである教育一般貸付の融資限度額は、学生・生徒1人につき【 ① 】、返済期間は原則【 ② 】以内である。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第5問
特別支給の老齢厚生年金の支給開始年齢は段階的に引き上げられており、原則として、昭和36年4月2日以後に生まれた男性には支給されない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第6問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

都市計画法の規定では、市街化区域内において行う開発行為で、原則としてその規模が【   】以上であるものは、都道府県知事等の許可を受けなければならない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第7問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

国内の金融商品取引所において、上場株式を普通取引で売買した場合、売買が成立した日から起算して【   】営業日目に受渡しが行われる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第8問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

生命保険の保険料のうち、将来の死亡保険金を支払うための財源となる純保険料は、予定死亡率および【   】に基づいて計算されている。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第9問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

建物の区分所有等に関する法律(区分所有法)の規定によれば、集会においては、区分所有者および議決権の各【   】以上の多数で、建物を取り壊し、かつ、新たな建物を建築する旨の建替え決議をすることができる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第10問
住宅ローンの返済方法において元利均等返済方式と元金均等返済方式を比較した場合、返済期間や金利などの他の条件が同一であれば、通常、利息を含めた総返済金額が多いのは、元金均等返済方式である。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る