google+LINEで送る
ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第1問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

相続時精算課税を選択した場合の贈与税額は、この制度に係る贈与財産の価額から特別控除額(累計2、500万円)を控除した後の残額に、一律【   】の税率を乗じて算出する。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第2問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

住宅を取得して所得税の住宅借入金等特別控除の適用を受ける場合、住宅の床面積は【   】以上であり、かつ、その2分の1以上がもっぱら自己の居住の用に供されるものでなければならない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第3問
定期建物賃貸借契約(定期借家契約)は、公正証書によって締結しなければならない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第4問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

1、000、000円を年利1%(1年複利)で2年間運用した場合の元利合計金額は、税金や手数料等を考慮しない場合、【   】である。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第5問
不動産の登記記録の権利部(甲区)には、所有権に関する事項が記載される。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第6問
普通傷害保険(特約なし)では、被保険者が地震の揺れで転倒してケガをした場合、保 険金支払の対象とならない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第7問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

居住用財産の譲渡について、長期譲渡所得の課税の特例(軽減税率の特例)の適用を受ける場合の所得税額は、下記の表のとおり計算される。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第8問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

ある債券の信用リスク(デフォルトリスク)が高まった場合、一般に、その債券の価格は【 ① 】し、利回りは【 ② 】する。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第9問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

課税総所得金額が250万円である者の所得税額(復興特別所得税額を含まない)は、下記の〈資料〉を使用して【   】となる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第10問
金融商品取引法では、金融商品取引業は、内閣総理大臣の登録を受けた者でなければ行 うことができないとしている。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る