google+LINEで送る
基本情報技術者試験 の 10門
第1問
IT投資評価を、個別プロジェクトの計画、実施、完了に応じて、事前評価、中間評価、事後評価として実施する。事前評価について説明したものはどれか。

基本情報技術者試験 の 10門
第2問
コンピュータ犯罪の手口の一つであるサラミ法はどれか。

基本情報技術者試験 の 10門
第3問
次の表は、文字列を検査するための状態遷移表である。検査では、初期状態をaとし、文字列の検査中に状態がeになれば不合格とする。解答群で示される文字列のうち、不合格となるものはどれか。ここで、文字列は左端から検査し、解答群中の△は空白を表す。

基本情報技術者試験 の 10門
第4問
データベースのアクセス効率を低下させないために、定期的に実施する処理はどれか。

基本情報技術者試験 の 10門
第5問
ファイルシステムの絶対パス名を説明したものはどれか。

基本情報技術者試験 の 10門
第6問
ソフトウェア開発においてWBS(Work Breakdown Structure)を使用する目的として、適切なものはどれか。

基本情報技術者試験 の 10門
第7問
ロングテールの説明はどれか。

基本情報技術者試験 の 10門
第8問
表は、ある企業の損益計算書である。損益分岐点は何百万円か。

基本情報技術者試験 の 10門
第9問
準委任契約の説明はどれか。

基本情報技術者試験 の 10門
第10問
ディジタル証明書をもつA氏が、B商店に対し電子メールを使って商品の注文を行うときに、A氏は自分の秘密鍵を用いてディジタル署名を行い、B商店はA氏の公開鍵を用いて署名を確認する。この手法によって確認できることはどれか。ここで、A氏の秘密鍵はA氏だけが使用できるものとする。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る