google+LINEで送る
基本情報技術者試験 の 5門
第1問
四つの工程A、B、C、Dを経て生産される製品を、1か月で1,000個作る必要がある。各工程の、製品1個当たりの製造時間、保有機械台数、機械1台当たりの生産能力が表のとおりであるとき、能力不足となる工程はどれか。

基本情報技術者試験 の 5門
第2問
MTBFが21万時間の磁気ディスク装置がある。この装置100台から成る磁気ディスクシステムを1週間に140時間運転したとすると、平均何週間に1回の割合で故障を起こすか。ここで、磁気ディスクシステムは、信頼性を上げるための冗長構成は採っていないものとする。

基本情報技術者試験 の 5門
第3問
次の規則に従って配列の要素A[0]、A[1]、…、A[9]に正の整数k を格納する。k として16、43、73、24、85を順に格納するとき、85が格納される場所はどこか。ここで、x mod y はx をy で割った剰余を返す。また、配列の要素はすべて0に初期化されている。

[規則]
 (1) A[k mod 10] = 0ならば、k → A[k mod 10]とする。
 (2) (1)で格納できないとき、A[(k + 1) mod 10] = 0ならば、k → A[(k + 1) mod 10]とする。
 (3) (2)で格納できないとき、A[(k + 4) mod 10] = 0ならば、k → A[(k + 4) mod 10]とする。

基本情報技術者試験 の 5門
第4問
プロダクトライフサイクルにおける成熟期の特徴はどれか。

基本情報技術者試験 の 5門
第5問
直接編成ファイルにおけるレコードのキー値を格納アドレスに変換したハッシュ値の分布として、理想的なものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る