google+LINEで送る
行政書士 国家試験 の 10門
第1問
生命侵害等に対する親近者の損害賠償請求権に関する次の記述のうち、民法の規定および判例に照らし、妥当なものはどれか。

行政書士 国家試験 の 10門
第2問
取消訴訟に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

行政書士 国家試験 の 10門
第3問
契約の解除に関する次の記述は、民法の規定および判例に照らし、妥当でしょうか?

Aが、その所有する建物をBに売却する契約を締結したが、その後、引渡し期日が到来してもAはBに建物を引き渡していない。Bが、期間を定めずに催告した場合、Bは改めて相当の期間を定めて催告をしなければ、当該売買契約を解除することはできない。

行政書士 国家試験 の 10門
第4問
商法上の支配人に関する次の記述のうち、商法の規定に照らし、正しいものはどれか。

行政書士 国家試験 の 10門
第5問
行政契約に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。見解が分かれる場合は、最高裁判所の判例による。

行政書士 国家試験 の 10門
第6問
取締役会設置会社が、その発行する全部の株式の内容として、譲渡による株式の取得について当該会社の承認を要する旨を定める場合(以下、譲渡制限とはこの場合をいう。)に関する次の記述は、会社法の規定に照らし、正しいでしょうか?

譲渡制限の定めのある株式の譲渡による取得について承認をするか否かの決定をすることを請求された会社が、この請求の日から2週間(これを下回る期間を定款で定めた場合はその期間)以内に譲渡等の承認請求をした者に対して当該決定の内容について通知をしなかった場合は、当該会社と譲渡等の承認請求をした者との合意により別段の定めをしたときを除き、承認の決定があったものとみなされる。

行政書士 国家試験 の 10門
第7問
人口構造に関する次の記述は正しいでしょうか?

現在の世界の人口は70億人に達しており、今後も更に増加を続け、2050年には90億人に達する見込みである。

行政書士 国家試験 の 10門
第8問
行政庁の裁量に関する次の記述は、最高裁判所の判例に照らし、正しいでしょうか?

地方公共団体が指名競争入札に参加させようとする者を指名するに当たり、地元の経済の活性化にも寄与することを考慮して地元企業を優先的に指名することは、合理的な裁量権の行使として許容される。

行政書士 国家試験 の 10門
第9問
日本の公債発行に関する次の記述のは妥当でしょうか?

地方自治体が発行する地方債は建設事業の財源調達に限られており、歳入を補填するための地方債は発行されていない。

行政書士 国家試験 の 10門
第10問
権力分立に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る