google+LINEで送る
行政書士 国家試験 の 10門
第1問
許可の申請手続において、行政庁Yは審査基準を公にしないまま手続を進めて、結果として申請者Xに許可を与えなかった。この事例に関する次の記述のうち、行政手続法の条文に照らし、正しいものはどれか。

行政書士 国家試験 の 10門
第2問
日本の公債発行に関する次の記述のは妥当でしょうか?

地方自治体が発行する地方債は建設事業の財源調達に限られており、歳入を補填するための地方債は発行されていない。

行政書士 国家試験 の 10門
第3問
日本の産業に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。

行政書士 国家試験 の 10門
第4問
人口構造に関する次の記述は正しいでしょうか?

日本は人口減少局面にあるが、人口が減少しているのは地方圏ばかりではなく、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の1都3県全体においても深刻な少子化を背景に、近年、人口が減少に転じた。

行政書士 国家試験 の 10門
第5問
いわゆる申請型と非申請型(直接型)の義務付け訴訟について、行政事件訴訟法の規定に照らし、妥当な記述はどれか。

行政書士 国家試験 の 10門
第6問
情報公開制度に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

行政書士 国家試験 の 10門
第7問
日本の公債発行に関する次の記述のは妥当でしょうか?

財政法の規定では、赤字国債の発行は認められていないが、特例法の制定により、政府は赤字国債の発行をしている。

行政書士 国家試験 の 10門
第8問
投票価値の平等に関する次の記述のうち、判例に照らし、妥当なものはどれか。

行政書士 国家試験 の 10門
第9問
住所に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。争いがある場合には、最高裁判所の判例による。

行政書士 国家試験 の 10門
第10問
【原告適格に関する最高裁判所の判決について】森林法の保安林指定処分は、一般的公益の保護を目的とする処分であるから、保安林の指定が違法に解除され、それによって自己の利益を侵害された者であっても、解除処分に対する取消しの訴えを提起する原告適格は認められない。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る