google+LINEで送る
行政書士 国家試験 の 10門
第1問
憲法13条に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

行政書士 国家試験 の 10門
第2問
株主総会の決議に関する次の記述のうち、会社法の規定に照らし、妥当でないものはどれか。

行政書士 国家試験 の 10門
第3問
核軍縮・核兵器問題への国際社会の対応に関する次の記述は妥当でしょうか?

包括的核実験禁止条約(CTBT)は、国連総会で採択され、その後、米中やインド・パキスタンを含む多くの国連加盟国が署名・批准を済ませ発効した。

行政書士 国家試験 の 10門
第4問
株式会社の設立における出資等に関する次の記述は、会社法の規定に照らし、妥当でしょうか?

設立時発行株式を引き受けた発起人が出資の履行をしない場合には、当該発起人は当然に設立時発行株式の株主となる権利を失う。

行政書士 国家試験 の 10門
第5問
株式会社(委員会設置会社を除く。)の次に掲げる事項のうち、会社法の規定に照らし、その事項について定款の定めを必要としないものはどれか。

行政書士 国家試験 の 10門
第6問
国家賠償法に関する次の記述は、最高裁判所の判例に照らし、正しいでしょうか?

法律の規定上当該営造物の設置をなしうることが認められている国が、自らこれを設置するにかえて、特定の地方公共団体に対しその設置を認めたうえ、その営造物の設置費用につき当該地方公共団体の負担額と同等もしくはこれに近い経済的な補助を供与する反面、その地方公共団体に対し法律上当該営造物につき危険防止の借置を請求しうる立場にあるときには、国は、3条1項所定の設置費用の負担者に含まれる。

行政書士 国家試験 の 10門
第7問
Aは、B所有の甲土地上に乙建物を建てて保存登記をし、乙建物をCが使用している。この場合に関する次の記述は、民法の規定および判例に照らし、正しいでしょうか?

Aが、Bとの間の土地賃貸借契約に基づいて乙建物を建てている場合、Aが、Cに対して乙建物を売却するためには、特段の事情のない限り、甲土地にかかる賃借権を譲渡することについてBの承諾を得る必要がある。

行政書士 国家試験 の 10門
第8問
行政手続に関する次の記述のうち、最高裁判所の判例に照らし、誤っているもの はどれか。

行政書士 国家試験 の 10門
第9問
日本の公債発行に関する次の記述のは妥当でしょうか?

東日本大震災以降、政府一般会計当初予算では、歳入の4割以上が国債発行により調達されている。

行政書士 国家試験 の 10門
第10問
取消訴訟に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る