google+LINEで送る
行政書士○×問題 の 10門
第1問
日本の産業に関する次の記述は妥当でしょうか?

漁業生産量では、沿岸漁業による水揚げの低迷を背景に、その5割を養殖に依存している。

行政書士○×問題 の 10門
第2問
次の記述は土地収用に伴う土地所有者に対する損害補償について妥当でしょうか?

収用委員会の収用裁決によって決定された補償額に起業者が不服のある場合には、土地所有者を被告として、その減額を求める訴訟を提起すべきこととされている。

行政書士○×問題 の 10門
第3問
行政不服審査法に基づく審査請求の教示義務に関する次の記述は正しいでしょうか?

処分庁は、審査請求ができる処分をするときは、処分の相手方に対し、審査請求ができる旨、審査請求すべき行政庁、審査請求期間、審査請求書に記載すべき事項を教示しなければならない。

行政書士○×問題 の 10門
第4問
取消訴訟に関する次の記述は正しいでしょうか?

取消訴訟の原告は、処分行政庁に訴状を提出することにより、処分行政庁を経由しても訴訟を提起することができる。

行政書士○×問題 の 10門
第5問
行政の自己拘束に関する次の記述は、最高裁判所の判例に照らし、正しいでしょうか?

行政主体が公務員の採用内定の取消しを行った場合、内定通知の相手方がその通知を信頼し、その職員として採用されることを期待して他の就職の機会を放棄するなどの準備を行っていたときは、当該行政主体はその者に対して損害賠償の責任を負うことがある。

行政書士○×問題 の 10門
第6問
日本の産業に関する次の記述は妥当でしょうか?

高度成長期以降、工業製品とともに、農業生産物の輸出が伸びており、特に米については、ブランド米を中心に、その多くを海外へ輸出している。

行政書士○×問題 の 10門
第7問
国家賠償法に関する次の記述は、最高裁判所の判例に照らし、正しいでしょうか?

自作農創設特別措置法に基づく買収計画が違法であることを理由として国家賠償の請求をするについては、あらかじめ当該買収計画につき取消し又は無効確認の判決を得る必要はない。

行政書士○×問題 の 10門
第8問
取締役会設置会社が、その発行する全部の株式の内容として、譲渡による株式の取得について当該会社の承認を要する旨を定める場合(以下、譲渡制限とはこの場合をいう。)に関する次の記述は、会社法の規定に照らし、正しいでしょうか?

譲渡制限の定めのある株式を他人に譲り渡そうとする株主は、譲渡による株式の取得について承認をするか否かの決定をすることを会社に対して請求できるが、この請求は、利害関係人の利益を害するおそれがない場合を除き、当該株式を譲り受ける者と共同して行わなければならない。

行政書士○×問題 の 10門
第9問
次の記述は内閣に関する憲法の規定の説明として正しいでしょうか?

内閣は、衆議院で不信任の決議案が可決されたとき、直ちに総辞職しなければならない。

行政書士○×問題 の 10門
第10問
行政の自己拘束に関する次の記述は、最高裁判所の判例に照らし、正しいでしょうか?

行政主体が一方的かつ統一的な取扱いの下に国民の重要な権利の行使を違法に妨げた結果、行政主体に対する債権を消滅時効にかからせた場合、行政主体の側が消滅時効の主張をすることは許されない。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る