google+LINEで送る
行政書士○×問題 の 10門
第1問
就労に関する次の記述は妥当でしょうか?

ワークシェアリングとは、労働者1人当りの労働時間を減らし、その分で他の労働者の雇用を維持したり、雇用を増やしたりすることをいう。

行政書士○×問題 の 10門
第2問
行政事件訴訟法による不作為の違法確認の訴えに関する次の記述は正しいでしょうか?

不作為の違法確認の訴えは、公法上の当事者訴訟の一類型であるから、法令以外の行政内部の要綱等に基づく申請により、行政機関が申請者に対して何らかの利益を付与するか否かを決定することとしているものについても、その対象となりうる。

行政書士○×問題 の 10門
第3問
行政手続法が定める不利益処分についての規定に関する次の記述は正しいでしょうか?

文書閲覧許可や利害関係人の参加許可など、行政庁又は聴聞の主宰者が行政手続法の聴聞に関する規定に基づいてした処分については、行政不服審査法による不服申立てをすることができ、また、それら処分を行う際には、行政庁は、そのことを相手方に教示しなければならない。

行政書士○×問題 の 10門
第4問
行政手続法が規定する申請に対する処分に関する次の記述は正しいでしょうか?

行政庁は、申請がその事務所に到達したときは、遅滞なく当該申請の審査を開始しなければならない。

行政書士○×問題 の 10門
第5問
地方自治法の定める地方公共団体に関する次の記述は正しいでしょうか?

地方公共団体の組合としては、全部事務組合と役場組合が廃止されたため、現在では一部事務組合と広域連合の二つがある。

行政書士○×問題 の 10門
第6問
株主総会の決議に関する次の記述は、会社法の規定に照らし、妥当でしょうか?

会社を被告とする株主総会の決議取消しの訴え、決議の無効確認の訴え、および決議の不存在確認の訴えにおいて、請求認容の判決が確定した場合には、その判決は、第三者に対しても効力を有する。

行政書士○×問題 の 10門
第7問
司法制度改革審議会の意見書(平成13年6月公表)に基づいて実施された近年の司法制度改革に関する次の記述は正しいでしょうか?

日本司法支援センター(法テラス)が設立され、情報提供活動、民事法律扶助、国選弁護の態勢確保、いわゆる司法過疎地での法律サービスの提供および犯罪被害者の支援等の業務を行うこととなった。

行政書士○×問題 の 10門
第8問
人口構造に関する次の記述は正しいでしょうか?

アメリカでは、産業の高度化とともに、女性の社会進出が起こり、晩婚化、少子化が進んだ結果、人口減少が起こっている。

行政書士○×問題 の 10門
第9問
行政手続法が定める不利益処分についての規定に関する次の記述は正しいでしょうか?

不利益処分の名あて人となるべき者として行政庁から聴聞の通知を受けた者は、代理人を選任することができ、また、聴聞の期日への出頭に代えて、聴聞の主宰者に対し、聴聞の期日までに陳述書及び証拠書類等を提出することができる。

行政書士○×問題 の 10門
第10問
内閣の「責任」について書かれた次の記述は正しいでしょうか?

内閣の「責任」のとり方は任意かつ多様であるべきなので、日本国憲法の下で総辞職が必要的に要求されることはない。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る