google+LINEで送る
行政書士○×問題 の 5門
第1問
狭義の訴えの利益に関する次の記述は、最高裁判所の判例に照らし、妥当でしょうか?

公文書の非公開決定の取消しを求める利益は、当該公文書が裁判所に書証として提出された場合でも失われない。

行政書士○×問題 の 5門
第2問
権力分立に関する次の記述は妥当でしょうか?

政党が政治において主導的役割を演じる政党国家化が進むと、議院内閣制の国では議会の多数党が内閣を組織するようになり、内閣不信任案の可決という形での議会による内閣の責任追及の仕組みが、一般には、より実効的に機能するようになった。

行政書士○×問題 の 5門
第3問
憲法13条に関する次の記述は正しいでしょうか?

プライバシーの権利について、個人の私的領域に他者を無断で立ち入らせないという消極的側面と並んで、積極的に自己に関する情報をコントロールする権利という側面も認める見解が有力である。

行政書士○×問題 の 5門
第4問
地方自治法の定める地方公共団体に関する次の記述は正しいでしょうか?

地方公共団体の組合としては、全部事務組合と役場組合が廃止されたため、現在では一部事務組合と広域連合の二つがある。

行政書士○×問題 の 5門
第5問
取消訴訟に関する次の記述は正しいでしょうか?

裁判所は、必要があると認めるときは、職権で証拠調べをすることができるが、その結果について当事者の意見をきかなければならない。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る