google+LINEで送る
行政書士○×問題 の 5門
第1問
行政の自己拘束に関する次の記述は、最高裁判所の判例に照らし、正しいでしょうか?

異議申立てに対する決定等の一定の争訟手続を経て確定した行政庁の法的な決定については、特別の規定がない限り、関係当事者がこれを争うことができなくなることはもとより、行政庁自身もこれを変更することができない。

行政書士○×問題 の 5門
第2問
取消訴訟に関する次の記述は正しいでしょうか?

取消訴訟の審理は、書面によることが原則であり、当事者から口頭弁論の求めがあったときに限り、その機会を与えるものとされている。

行政書士○×問題 の 5門
第3問
ペットに関する次の記述は正しいでしょうか?

業として、ペットの販売などを行う場合、動物取扱事業者としての登録が必要となるが、飼育施設を持たず、インターネットなどで通信販売を行う場合には、登録は義務付けられていない。

行政書士○×問題 の 5門
第4問
権力分立に関する次の記述は妥当でしょうか?

政党が政治において主導的役割を演じる政党国家化が進むと、議院内閣制の国では議会の多数党が内閣を組織するようになり、内閣不信任案の可決という形での議会による内閣の責任追及の仕組みが、一般には、より実効的に機能するようになった。

行政書士○×問題 の 5門
第5問
書面審理主義 ━━━━ 不服申立ての審理は、書面によることを原則としていること

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る