google+LINEで送る
はり師・きゅう師 の 10問
第1問
「58歳の女性。数年前から左手の第4指の近位指節間関節の腫張に気がついた。特に疼痛はなかったが、今年になって右手の第4指近位指節間関節の腫張もみられるようになった。」本患者の治療で有効なのはどれか。

はり師・きゅう師 の 10問
第2問
運動野があるのはどれか。

はり師・きゅう師 の 10問
第3問
次の文で示す経脈病証はどれか。「首が腫れ、後ろを振り返ることができない。難聴があり、上肢後面内側が痛む。」

はり師・きゅう師 の 10問
第4問
皮膚症状と疾患の組合せで正しいのはどれか。

はり師・きゅう師 の 10問
第5問
半側空間無視の評価に用いる検査項目で正しいのはどれか。

はり師・きゅう師 の 10問
第6問
腎臓について誤っているのはどれか。

はり師・きゅう師 の 10問
第7問
肝腫大の胸腹部打診所見はどれか。

はり師・きゅう師 の 10問
第8問
腋窩リンパ節に還流する領域はどれか。

はり師・きゅう師 の 10問
第9問
脊髄神経の後枝に由来するのはどれか。

はり師・きゅう師 の 10問
第10問
次の文で示す症例について、施術対象となる椎間関節部位で最も適切なのはどれか。「19歳の男性。体操競技選手。体幹のひねり動作時に腰部に違和感を訴え、近医にて分離すべり症と診断された。母趾の背屈力が弱い。」

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る