google+LINEで送る
保育士試験問題「保育原理」 の 5問
第1問
フランスの母親学校は、1歳から6歳までの幼児を対象とした初等教育機関で、授業料は無償であった。

保育士試験問題「保育原理」 の 5問
第2問
山間へき地や離島において行うへき地保育所の設置主体は都道府県である。

保育士試験問題「保育原理」 の 5問
第3問
保育士資格のない者は、「保育士」はもちろん、それに類する名称を名乗ることは出来ない。違反者は30万円以下の罰金に処される。

保育士試験問題「保育原理」 の 5問
第4問
保育所の子育て支援機能は、平成9年の児童福祉法の一部改正によって明示された。

保育士試験問題「保育原理」 の 5問
第5問
昭和38年に、当時の文部省と厚生省の連盟で「幼稚園と保育所の関係について」が出され、保育所での4歳以上児の保育内容は幼稚園教育要領に従うことが望ましいとされた。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る