google+LINEで送る
保育士試験問題「保育原理」 の 5問
第1問
山間へき地や離島において行うへき地保育所の設置主体は市町村である。

保育士試験問題「保育原理」 の 5問
第2問
イギリスでは、ペスタロッチの性格形成学院が19世紀の初めに設立され、幼児学校が作られた。

保育士試験問題「保育原理」 の 5問
第3問
保育所の保育士の数は、子供の年齢によって異なり、乳児の場合は4人につき1人以上の保育士を配置しなければならない。

保育士試験問題「保育原理」 の 5問
第4問
民法には、親権者の監護教育の権利と義務が規定されているが、保育所に通う児童では保育時の権利と義務が優越する。

保育士試験問題「保育原理」 の 5問
第5問
子どもの身体を観察するとき、不自然な傷、やけど、身体や下着の汚れ具合等を観察することは、身体的虐待や不適切な養育の発見のために有効である。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る