google+LINEで送る
保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第1問
措置制度は児童福祉施設の処遇の水準を一定に保つためには効果的であるが、基準の設定が一律であるため民間施設の独自性、創意工夫が発揮されにくいなどの面が指摘されている。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第2問
遊ぶことないし遊戯は、幼児の発達のつまりこの時期の人間の発達の最高段階である。というのは、遊びとは、すでにその言葉地震も示していることだが、内なるものの自由な表現、すなわち内なるそのものの必要と要求にに基づくところの、内なるものの表現に他ならないからである。・・・・・・あらゆる全の源泉は、遊びの中にあるし、また、遊びから生じてくる」と、遊びを幼児教育の駐印に位置づけ、高く評価したのはフレーベルである。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第3問
スウェーデンの女性思想家エレン・ケイは、「20世紀は児童の世紀」であるということばをその著「児童の家」で述べている」

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第4問
バズ学習とは、児童・生徒が小グループに分かれて、がやがやと話し合いをしながら理解を深めていくという学習法である。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第5問
授業の前に、子どもの実態を把握し、適切な指導計画を立てるための評価を診断的評価と言う。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る