google+LINEで送る
保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第1問
ドイツの教育学者ヘルバルトは、人間が自然や社会に対する認識を作る学習過程を明瞭・連合・系統・方法の4段階にそって進めるべきとして「4段階教授法(教授段階説)」を提唱した。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第2問
児童養護施設や知的障害児施設等の児童福祉施設の長ならびに里親は学校教育法に規定する保護者に準じて、その施設に入所中または受託中の児童を就学させなければならない。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第3問
学校教育法第1条では幼稚園を学校と位置づけている。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第4問
児童養護施設における生活指導は、児童の自主性を尊重し、基本的生活習慣を確立するとともに豊かな人間性をよび社会性を養い、児童の自立を支援することを目的として実施される。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第5問
重症心身障害児とは、重度の知的障害および重度の肢体不自由が重複している児童の事をいう。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る