google+LINEで送る
保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第1問
児童自立支援施設とは罪を犯した児童のみが利用する施設である。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第2問
「子どもの最善の利益」の概念は児童権利宣言(1959年)で用いられ、子どもの権利条約(1989年)に引き継がれた。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第3問
学校教育法は、幼稚園の目的を「義務教育及びその後の教育の基礎を培うものとして、幼児を保護し、・・・・・・その心身の発達を助長すること」と規定している。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第4問
授業の形態は一般的に「一斉学習」「小集団学習」「個別学習」の3つに分類される。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第5問
アメリカの心理学者ブルーナーは、その著『学校と社会』で「教育は生活の必然から生じる経験の再構成である」と述べた。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る