google+LINEで送る
保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第1問
古代ギリシャの哲学者ソクラテスは、対話を通して善・徳の探求をした。その方法は産婆術(助産術)とよばれる問答法であった。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第2問
児童の暴れ、私語、立ち歩きなど、授業が成り立たない状態を「いじめ」と言い、平成9年頃から見られるようになった。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第3問
スウェーデンの女性思想家エレン・ケイは、「20世紀は児童の世紀」であるということばをその著「児童の世紀」で述べている」

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第4問
江戸時代、幕府が直参家臣の子弟を教育するために設置した「昌平坂学問所」は、諸藩が設ける藩校の教官を養成する機能をも果たしていた。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第5問
イタリア最初の女性医学博士モンテッソーリは、現在も幼児教育に大きな影響を及ぼしているモンテッソーリ・メソッドを考案し、感覚教育を基本とした保育所「子どもの家」を設立した。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る