google+LINEで送る
保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第1問
初代文部大臣森有礼が主導し、明治19年「小学校令」が制定された。小学校は尋常科と高等科の2段階編成となり、尋常小学校を卒業するまでが義務教育とされた。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第2問
平成8年に中央教育審議会で提唱された「生きる力」とは、自分で課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する資質やその能力をその内容としている。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第3問
措置制度は児童福祉施設の処遇の水準を一定に保つためには効果的であるが、基準の設定が一律であるため民間施設の独自性、創意工夫が発揮されにくいなどの面が指摘されている。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第4問
社会的養護に関する仕事を行う職員には「自己理解、自己洞察」をする力が求められる。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第5問
児童福祉施設では「1週間に2回以上、入所している者を入浴させ、または清拭しなければならない」と定められている。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る