google+LINEで送る
保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第1問
児童養護施設では近年、情緒発達の面で問題を抱える児童の入所は増加している。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第2問
施設養護の目標として、QOLの工場が大切であると言われるが、QOLとは「生活の質」「人生の質」などと約され、施設で良質な援助を提供していくための取組みである。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第3問
施設での援助活動を効果的に進めていくためには、ケースワークやグループワークなどの社会福祉援助技術やカウンセリングなどの関連する方法を効果的に活用していくことが必要である。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第4問
江戸時代の朱子学者である貝原益軒は、著書「和俗童子訓」で児童教育論を展開し、子どもの早期教育、とくに幼児期のしつけの重要性を唱えたので「日本のロック」とよばれている。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第5問
大きな建物の中で集団として共同生活を営む施設形態を大舎制というが、閉鎖的、画一的であるとの批判がなされている。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る