google+LINEで送る
保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第1問
肢体不自由児施設の児童指導員と保育士の総数は、乳幼児おおむね10人につき1人以上、小学生以上の児童おおむね20人につき1人以上と規定されている。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第2問
倉橋惣三は大正期から戦後にかけて、日本の幼児教育界をリードし、形骸化していたフレーベル主義を本来の姿に戻し、発展的に継承しようとした。児童中心主義の教育を広め、彼の「誘導保育案」では「生活を生活で生活へ」の理論のもと、幼児たちに自由遊びをさせながら、保育の目的に導く環境としての自然を重視した。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第3問
小集団学習(グループ学習)は学級をいくつかに分けて行われる学習者相互の協力的学習である。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第4問
ホスピタリズムとは、閉鎖的施設に長期間入所することにより生じる身体的・精神的な発達障害をいい、現在も十分配慮しなければならない問題である。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第5問
「万物をつくる者の手をはなれるときすべてはよいものであるが、人間の手にうつるとすべてが悪くなる。」は、ロックの著作『教育に関する考察』の一説である。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る