google+LINEで送る
保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第1問
肢体不自由児施設の児童指導員と保育士の総数は、乳幼児おおむね10人につき1人以上、小学生以上の児童おおむね20人につき1人以上と規定されている。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第2問
文部科学省の学校基本調査においては、「病気や経済的理由を除く何らかの心理的・情緒的・身体的あるいは社会的要因・背景により、登校しないあるいはしたくともできない状況にあるため、年間30日以上欠席した者」を不登校児童生徒と定義している。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第3問
親権者であれば、児童の養育を他人に委ねていても児童福祉法上の保護者に当たる。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第4問
障害者基本法では、障害者とは身体障害者・知的障害者・精神障害者であると定められている。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第5問
縦割り保育とは、異年令で編成する集団で保育することをいう。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る