google+LINEで送る
保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第1問
ドイツの教育学者ヘルバルトは、人間が自然や社会に対する認識を作る学習過程を明瞭・連合・系統・方法の4段階にそって進めるべきとして「4段階教授法(教授段階説)」を提唱した。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第2問
保育士は、職員として勤務している間は「正当な理由がなく、その業務上知りえた利用者又はその家族の秘密を漏らしてはならない」が、退職後も秘密保持の義務がある。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第3問
スウェーデンの女性思想家エレン・ケイは、「20世紀は児童の世紀」であるということばをその著「児童の家」で述べている」

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第4問
ペスタロッチはその著作『リーンハルトとゲルトルート』の冒頭で「王座のうえにあっても、木の葉の屋根のがけに住まっても、その本質において同じ人間」と述べている。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第5問
社会的養護に関する仕事を行う職員には「自己理解、自己洞察」をする力が求められる。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る