google+LINEで送る
保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第1問
「助教法」は19世紀初期のイギリスでベルやランカスターによって行われた教授法で、学習震度によってグループ分けし、すでに知識を取得した生徒が各グループで補助教師(モニター)となって教師の変わりに他の生徒を教えるというものである。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第2問
児童福祉法では「児童は満20歳に満たない者」と定められている。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第3問
児童福祉施設においては、非難及び消化に対する訓練は、少なくとも毎月1回以上行うことが義務付けられている。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第4問
「朝、幼稚園にきてから、帰るまで、幼稚園生活は、流れるように自然に進んでゆくのでなければならない。自由遊びから仕事へ、仕事から自由遊びへと、その境界はなくてよいはずである。用事にとっては、遊びと仕事の区別はない」と述べたのは倉橋惣三である。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第5問
母子生活支援施設はドメスティックバイオレンス(DV)の被害者の利用が多い。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る