google+LINEで送る
保育士試験問題「児童家庭福祉」 の 5問
第1問
「新エンゼルプラン」とは、既存のエンゼルプランを具体化するために、平成6年に策定された「当面の緊急保育対策等を促進するための基本的な考え方」の通称。

保育士試験問題「児童家庭福祉」 の 5問
第2問
児童虐待の防止に当たっては、子育て中の親が気軽に集い、相談・交流できる場を作ったり、家庭訪問を通して親の子育て支援したりする活動を展開する事が大切ではないかと考えられている。

保育士試験問題「児童家庭福祉」 の 5問
第3問
里親は、養子縁組を前提とする養育里親とそれ以外のものとに区別され、これらのうち都道府県知事は児童を委託する者として適当と認められるものが里親となる。

保育士試験問題「児童家庭福祉」 の 5問
第4問
エリザベス救貧法下では、児童は労働力がないとして手厚く保護されていた。

保育士試験問題「児童家庭福祉」 の 5問
第5問
児童自立支援施設には、家庭裁判所の審判決定によって入所している児童もいる。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る