google+LINEで送る
保育士試験問題「社会福祉」 の 5問
第1問
障害者基本法の理念に基づいて平成17年に成立した障害者自立支援法は、身体障害、知的障害、精神障害といった障害の種別を超えた総合的な障害福祉法である

保育士試験問題「社会福祉」 の 5問
第2問
利用者や扶養義務者の経済的な能力に応じて負担を課すやり方を「応能負担」といい、低所得者にとっては制度利用が困難となる費用負担方式である。

保育士試験問題「社会福祉」 の 5問
第3問
生活保護法は保護の種類を、生活扶助、教育扶助、住宅扶助、医療扶助、介護扶助、出産扶助、生業扶助、葬祭扶助の8種類としている。

保育士試験問題「社会福祉」 の 5問
第4問
福祉サービス事業所は、苦情解決の受付担当者と責任者を決めるとともに、職員以外の第三者委員を設置し、苦情に対して、適切な解決に努めなければならないとされている。

保育士試験問題「社会福祉」 の 5問
第5問
グループワークの理論化を最初に試みたのがコイルで、最初の定義を発表したのがニュースティッターである。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る