google+LINEで送る
保育士試験問題「社会福祉」 の 5問
第1問
第三者評価は、自己評価では客観性の担保がないことから行われるのだから、第三者評価の際に事業者による自己評価が資料とされることはない。

保育士試験問題「社会福祉」 の 5問
第2問
特定非営利活動促進法によって法人格を付与される法人は、営利を目的としてはならないが、利益を構成員に分配しなければ、事業収益を上げても良い

保育士試験問題「社会福祉」 の 5問
第3問
要介護認定をする場合は、第一号被保険者でも第二被保険者でも、老化に起因する特定の疾病によって介護が必要になったことが要件とされている。

保育士試験問題「社会福祉」 の 5問
第4問
保育士は、保育士でなくなった後においても、その業務に関して知り得た人の秘密を正当な理由なく漏らしてはならない。

保育士試験問題「社会福祉」 の 5問
第5問
特定非営利活動促進法によって法人格を付与される法人は、営利を目的としてはならないので、事業収益を上げることは許されない。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る