google+LINEで送る
保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第1問
ヴィゴツキーは、言葉には他者への伝達を担う外言と、自己の内側で思考を担う内言があると考え、幼児のひとりごとは外言が発生するプロセスだと考えた。

保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第2問
ジェンセンの環境閾値説は、能力の種類によって環境の影響を受ける一定の水準があることを主張している。

保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第3問
成人期には年齢に応じた役の変化に柔軟な対応が求められるが、タイプAなどの過剰適応行動をとる人たちは、仕事中毒や燃え尽き症候群などに陥りやすくなる。

保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第4問
ホリングワークスは、青年が両親への依存を脱して親から独立していく過程を心理的離乳と呼んだ。

保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第5問
イギリスの哲学者ロックは、生まれたときの子供の頭の中は空白で、タブラ・ラサと呼ばれる白紙の状態に、経験から心の内容が書き込まれていくと説いた。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る