google+LINEで送る
保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第1問
ホリングワークスは、青年が両親への依存を脱して親から独立していく過程を心理的離乳と呼んだ。

保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第2問
ヴィゴツキーは、言葉には他者への伝達を担う外言と、自己の内側で思考を担う内言があると考え、幼児のひとりごとは外言が発生するプロセスだと考えた。

保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第3問
児童後期ごろから青年期にかけて、ホルモンの分泌によって現れる男性らしさ・女性らしさの特徴を第三次性徴という。

保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第4問
保育所保育方針に「全身運動が滑らかで巧みになり、快活に跳び回るようになる。これまでの体験から、自身や、予想や見通しを立てる力が育ち、心身ともに力があふれ、意欲が旺盛になる」とあるのは、おおむね4歳の発達過程である。

保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第5問
マーラーは、人間には生まれた時から生きる力として性的エネルギーがあるとして、これをリビドーと呼んだ。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る