google+LINEで送る
保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第1問
ヴィゴツキーは、言葉には他者への伝達を担う外言と、自己の内側で思考を担う内言があると考え、幼児のひとりごとは内言が発生するプロセスだと考えた。

保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第2問
初語とは、初めて音節のある語が発生されることで、およそ1歳ごろに発せられる。

保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第3問
出生時に体重が2500gに満たない新生児を低出生体重児と呼ぶ。

保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第4問
ヴィゴツキーは、自力で課題を解決できる水準を、仲間や大人の援助があれば達成できる水準の間の領域を「発達の最近接領域」と呼んだ。

保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第5問
児童期はピアジェの発達論では具体的操作段階にある。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る