google+LINEで送る
保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第1問
ヴィゴツキーは、言葉には他者への伝達を担う外言と、自己の内側で思考を担う内言があると考え、幼児のひとりごとは外言が発生するプロセスだと考えた。

保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第2問
乳児は他人が指さした方向や目線の先にあるものを認め、自分も同じものに肝心を示す。この現象を共同注意という。

保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第3問
生後6ヶ月の乳児の鼻に気づかれないように口紅をつけて鏡に映すと、鏡に映った姿が自分であると気づいてそれを拭おうとする。

保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第4問
出生時に体重が2000gに満たない新生児を低出生体重児と呼ぶ。

保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第5問
成人期には年齢に応じた役の変化に柔軟な対応が求められるが、タイプBなどの過剰適応行動をとる人たちは、仕事中毒や燃え尽き症候群などに陥りやすくなる。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る