google+LINEで送る
保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第1問
ヴィゴツキーは、言葉には他者への伝達を担う外言と、自己の内側で思考を担う内言があると考え、幼児のひとりごとは内言が発生するプロセスだと考えた。

保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第2問
ヴィゴツキーの発達論では、子供を取り巻く社会文化的な環境がすべて発達の源泉となるとしている。

保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第3問
マーラーは、人間には生まれた時から生きる力として性的エネルギーがあるとして、これをリビドーと呼んだ。

保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第4問
保育所保育方針に「一人一人の子供の生育歴の違いに留意しつつ、欲求を適切に満たし、特定の保育士が応答的に関われるように努めること」とあるのは、3歳未満児の保育に関わる配慮事項である。

保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第5問
新生児の場合、原始反射は生後数か月で消失する反射行動ばかりである。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る