google+LINEで送る
保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第1問
児童期中期に同年代の仲間でグループを作り、秘密の場所やルールを決めて遊んだりするようになるが、この時期をギャングエイジと言う。

保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第2問
誕生の初期に刷り込まれた性質は、あたかも本能であるかのごとく不可逆的につきまとう傾向がある。この現象を「刻印づけ」という。

保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第3問
ヴィゴツキーの発達論では、子供が能動的に獲得したものだけが発達の源泉になるとしている。

保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第4問
乳児は他人が指さした方向や目線の先にあるものを認め、自分も同じものに肝心を示す。この現象を共同注意という。

保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第5問
新生児の足の裏を刺激すると、親指を反らせたり、他の4指を開いたりする動きを見せる。これをダーウィン反射と言う。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る