google+LINEで送る
保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第1問
2歳未満の乳幼児は仰臥位で、2歳以上の幼児は立位で身長を測定し、1cm単位で計測する。

保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第2問
「いじめ」は、学童期の精神保健の中で最も広範で深刻な問題であり、以前にはなかった問題である。

保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第3問
腸重積症は乳児期に多く、発病は急激で激しい間歇的号泣、嘔吐などが特徴である。浣腸によって、粘液の混ざったイチゴゼリー状の血便を排泄する。

保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第4問
カウプ指数は乳幼児期の子供の栄養状態を知る体型指数として重要であり、15~18が正常域とされている。

保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第5問
第二次性徴は、主に間脳の視床下部からの性腺刺激ホルモンが、男性は睾丸からの男性ホルモン、女性では卵巣からの卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌を促すことで起こる。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る