google+LINEで送る
保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第1問
身体に障害がある児童、または疾患を放置すれば将来一定の障害を残すと認められる児童は、手術等の治療により確実な治療効果が期待できる場合には、自立支援医療の対象となる。

保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第2問
多動性障害は、2~3歳ごろから落ち着きのなさ、馴れ馴れしさ、かんしゃくなどで気づかれ、学童期になると学習の遅れや気分の不安定、自分勝手な行動、不器用さが目立ってくる。

保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第3問
産後精神病は、出産後2週間以降に急激に発症する。幻覚、妄想、困惑などの精神症状を表し、家庭生活や育児の継続が困難な状況となる。

保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第4問
フロイトの精神・性発達理論によると、精神構造はエス(イド)・自我・超自我から構成され、性衝動あるいはリビドーによって方向づけられる。

保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第5問
子供の社会性の発達で、「独占欲が出る。自分の意思を主張し大人に反抗する(反抗期)。ほかの子供の仲間入りをしたがる。模倣しあう程度で深い関わり合いはない。1人遊びや平衡遊びが多い」のは、1歳ごろの特徴である。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る