google+LINEで送る
保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第1問
重症心身障害児施設とは、重度の知的障害、および重度の肢体不自由が重複している児童を入所させて、保護し、治療および日常生活の指導をする施設である。

保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第2問
中枢神経系は、大脳、小脳、脳幹(間脳、中脳、橋、延髄)、脊髄に区別される。

保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第3問
幼児期にみられる親へのしがみつき(分離不安)、強い人見知り、だれにでも馴れ馴れしい、登園しぶり、指しゃぶり、爪噛みなどの情緒的問題は、養育者との関係や環境などの要因が関連している。

保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第4問
ビネー式知能検査の特徴は、知能を多面的にとらえ、言語性IQ、動作的IQが算出されること、年齢によってWPPSI(3歳10か月~7歳1か月)、WISC-R(5歳~16歳)、WAIS-R(16歳以上)の3種類に分けられていることである。

保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第5問
ナルコレプシーでは、1突然、両側性の筋緊張を消失する情動脱力発作や、②入眠時または出眠時幻覚、睡眠エピソードの開始または終了時に全身の脱力症状が起こる睡眠麻痺がみられる。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る