google+LINEで送る
保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第1問
精神遅滞は、WHOの作成した国際診断基準であるICD-10において、知能指数69以下を目安としており、日本の保育・福祉行政でもこれを一つの基準にしている。

保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第2問
「健やか親子21」は、21世紀のわが国の母子保健ビジョンを提示しており、実施に向けては課題を設定し、国民全体で母子保健の向上に向けて活動する国民運動として位置づけられている。

保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第3問
「児童の権利に関する条約」では、「子供の行きつ権利、成長・発達する権利」を保証している。「成長・発達する権利」とは、「学ぶ権利」の事である。

保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第4問
多動性障害は、2~3歳ごろから落ち着きのなさ、馴れ馴れしさ、かんしゃくなどで気づかれ、学童期になると学習の遅れや気分の不安定、自分勝手な行動、不器用さが目立ってくる。

保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第5問
産後精神病は、出産後2週間以降に急激に発症する。幻覚、妄想、困惑などの精神症状を表し、家庭生活や育児の継続が困難な状況となる。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る