google+LINEで送る
保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第1問
強迫性障害の治療に用いられる精神療法としては、自立訓練法や箱庭療法が有効であると言われている。

保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第2問
臨界期(感受期)とは、子供の発育にとって大切な時期で、この時期に発育現象が起こらないと将来的にその能力を獲得できないと言われている。

保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第3問
精神遅滞とは、小児自閉症とよばれている障害とその類縁の障害の総称である。

保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第4問
保育所保育指針の配慮事項では、4歳未満児は感染症にかかることが多いので、体の状態、機嫌、食欲などの日常の状態の観察を十分に行うとともに、適切な判断に基づく保険的な対応を心がけるとされている。

保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第5問
2歳児は、探索活動が盛んになり衝動的な動作が多くなるので、子供から目を離さないようにして戸外での遊びの機会を多くする。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る