google+LINEで送る
保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第1問
母乳には分泌型免疫グロブリンAが含まれている。

保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第2問
幼児期前半の排尿は反射的な段階である。神経機能の発達が未熟なため、膀胱に尿がたまり膀胱内圧が高くなると膀胱内壁の神経受容器が反応し、刺激が脊髄神経から延髄に伝わり、反射的に排尿が起きる。

保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第3問
水痘は、水痘-帯状疱疹ウイルスの初感染によっておこり、微熱とともにコプリック斑と言われる発疹が出来るのが特徴である。

保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第4問
カウプ指数は乳幼児期の子供の栄養状態を知る体型指数として重要であり、15~18が正常域とされている。

保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第5問
2004年4月に公布された「児童虐待の防止等に関する法律の一部を改正する法律」の改正ポイントは、児童虐待の定義を拡大し「1:保護者による虐待を同居人が放置したり、保護者としての監護を著しく怠る行為」「2:ドメスティック・バイオレンスのように、直接子供に向けられた行為ではなくても、子供に著しい心理的外傷を与えるもの」の2点の改正である。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る