google+LINEで送る
保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第1問
新生児は母親から免疫グロブリンを多くもらっているので生まれたからしばらくはウイルス感染にかかりにくく、元気に過ごすことが出来る。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第2問
生活の多様化が進み、夜型の生活が多くなっているが、寝不足の問題だけでなく、朝食時刻の乱れが生活全体に影響を与えている。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第3問
養蚕の摂取量が不足すると、二分脊椎など神経管閉鎖障害の発症リスクが上昇する。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第4問
一般に10~12歳を学童期とよび、小学校高学年ごろから性成熟にともなう心身の特有な変化が現れるようになり、思春期を迎える。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第5問
牛乳たんぱく質に対してアレルギーがある乳児には、大豆を主原料とし、大豆に不足している栄養素を添加・強化して、乳児の発育に支障が無いように調整した粉末大豆乳(大豆調整粉乳)があり、市販されている。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る