google+LINEで送る
保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第1問
学童期における身体発育は小学生前半まではユックリしているが、4~5年ごろより著しい発育が見られる。この時期を第一発育急伸期と呼んでいる。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第2問
小児期の高脂血症であった者は成長後もその傾向を示すことが多い。とくに心臓疾患や脳血管障害を引き起こしやすいため、エネルギーや動物性脂肪のとりすぎや食物繊維の不足などに注意する必要がある。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第3問
喫煙習慣のある母親は非喫煙習慣の者に比べて授乳開始期は分泌量は少ないが、その後は大差はない。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第4問
食事摂取基準はそれぞれの年齢区分における平均的な値を示したものであるので、実際の運用には個々の体格や生活の仕方は無関係である。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第5問
最近、子供の「孤食」が問題視されている。調査によると朝食を子供だけで。または1人だけで食べる子供は3~5歳児クラスで5人に1人を占めている。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る