google+LINEで送る
保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第1問
小児期の高脂血症であった者は成長後もその傾向を示すことが多い。とくに心臓疾患や脳血管障害を引き起こしやすいため、エネルギーや動物性脂肪のとりすぎや食物繊維の不足などに注意する必要がある。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第2問
2歳頃からは、食事場面で味覚や色を表現できるようになる、また、好き嫌いや偏食も見られるようになる。食事時間に叱ることや注意が多いと食欲をなくしてしまうようになる。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第3問
神経系の成長は乳幼児期はもっとも早く、生殖器の発育は最も遅い。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第4問
乳首を強く吸う運動を「吸てつ反射」」といい、口腔内にたまった乳汁を飲み込む運動を「嚥下反射」と言う。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第5問
障害のある子供の口に食物を運ぶ1回の量は、普通の子供の量と同じでよい。楽しい話題があれば気分欲食事が出来るので、量の多少は気にする必要は無い。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る