google+LINEで送る
保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第1問
学童期、思春期の子供たちの栄養・食生活には身体発育や成長にとってエネルギーやたんぱく質量を多く摂取する必要があるため、間食やインスタント食品を多くとり栄養補給をしなくてはならない。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第2問
最近、子供の「孤食」が問題視されている。調査によると朝食を子供だけで。または1人だけで食べる子供は3~5歳児クラスで10人に1人を占めている。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第3問
尿は腎臓の糸球体や尿細管でつくられ輸尿管を通り、膀胱に蓄えられる。膀胱内に尿がたまって膀胱内圧が高まると、その刺激が大脳に伝わり、尿意をもよおす。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第4問
乳児は発育とともに多くの機能が備わっていくが、摂食においては咀しゃくや嚥下の機能は生まれたときからすでに備わっているものである。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第5問
乳児にとって適した食べ物は母乳である。しかし、低出生体重児においては早く成長を促すためにも、人工乳を与えたほうが内臓への負担が少ないと言われている。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る