google+LINEで送る
保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第1問
小児期の高脂血症であった者は成長後もその傾向を示すことが多い。とくに心臓疾患や脳血管障害を引き起こしやすいため、エネルギーや動物性脂肪のとりすぎや食物繊維の不足などに注意する必要がある。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第2問
幼児期後期になると家族や友達とコミュニケーションをとりながら食事を楽しむようになる。話が楽しくて食事が遅くなってしまうが、楽しい時間は満足感を与えるので、時間をせかす実用はない。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第3問
幼児の体系バランスを見る場合は「カウプ指数(BMI)」を用い、乳児の場合は「身長体重曲線」を用いることが多い。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第4問
離乳食の与え方は少量をスプーンにすくい、それを口の中ほどに入れ、飲み込んだら次の一口を入れる。食べにくそうなときは無理強いをしない。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第5問
間食は子供にとって楽しみの一つであるため、簡単な手作り品や幼児とともに市販品に一工夫するなど、準備段階から食に対して興味、関心を持たせる場にしたほうがいい。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る