google+LINEで送る
保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第1問
新生児は空腹になると泣いて訴えるが、生後6ヶ月以降になると周囲の大人の反応を期待して意図的に泣くようになる。保護者や保育者がその欲求を満たすことにより乳児は彼らに信頼感を抱くようになる。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第2問
食育基本法の前文では、「子供たちが豊かな人間性をはぐくみ、生きる力を身につけていくためには、何よりも【食】が重要である」と書かれている。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第3問
1回の授乳時間は20~25分くらいが適当で、はじめの10分間で約60%を、次の10分間で30%が哺乳される。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第4問
嘔吐のみられる下痢症状のときは脱水症がおきやすいので、白湯、番茶、乳児用電解質飲料などを与える。固形物を与えてはいけない。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第5問
栄養アセスメントの考え方としては、栄養士や管理栄養士、看護師と協力し、それぞれの専門性を活かした取組みや評価が必要になってくる。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る