google+LINEで送る
保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第1問
急伸期は、男子に比べて女子のほうが早く出現し、早ければ小学生高学年からはじまる。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第2問
幼児期は、食べさせてもらう食事から自立して自分で食べる食事に変わり、大人と同じ大きさやかたさにしても工夫して食べるようになる。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第3問
栄養アセスメントの考え方としては、できる限り多くの情報を用いて総合的に判断し、食生活や栄養改善として行動変容を実施しなければならないが、複数の保育士の評価が必要となる。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第4問
肢体不自由児は、不自由な体を最大限に使って生活動作を行っているため、障害の無い子供に比べてエネルギー消費量が高い。そのため日常活動量に合わせた栄養量に配慮しなくてはいけない。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第5問
施設では子供の発育・発達状況について給食運営会議がもたれている。会議のメンバーは保育士、栄養士のみで行われている。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る