google+LINEで送る
保育士試験問題「保育実習理論」 の 5問
第1問
絵の具をたらした紙を二つ折りにして開き、両側に絵の具を写し取って対称形の模様を作る技法をデカルコマニーという。

保育士試験問題「保育実習理論」 の 5問
第2問
凹凸のある型の上に紙を置いて、クレヨンやパスでこすりだして移す技法をコラージュという。

保育士試験問題「保育実習理論」 の 5問
第3問
両端の音に核音があるテトラコードの、2つの核音間の音程は、完全4度である。核になる音は動かず、その間の挟まれた音が変化することで、いろいろな性格をもつテトラコードとなる。

保育士試験問題「保育実習理論」 の 5問
第4問
知的障害児施設には、「精神科の診療に相当の経験を有する嘱託医を置かなければならない」と児童福祉施設最低基準に規定されている。

保育士試験問題「保育実習理論」 の 5問
第5問
メロディが日本語の抑揚やリズムに基づいており、子どもたちの遊びうたや母親が子どもに歌って聞かせる歌をわらべうたという。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る