google+LINEで送る
保育士試験問題「保育実習理論」 の 5問
第1問
ガッシュとは、水溶性の不透明絵の具であり、光沢は無いが色彩は鮮明で、塗り重ねなどで透明水彩絵の具や油絵の具と異なった効果が得られる。

保育士試験問題「保育実習理論」 の 5問
第2問
ドレミを絶対的な音高とし、音名としてのドレミで旋律を歌うことを移動ド唱法という。

保育士試験問題「保育実習理論」 の 5問
第3問
両端の音に核音があるテトラコードの、2つの核音間の音程は、完全4度である。核になる音は動かず、その間の挟まれた音が変化することで、いろいろな性格をもつテトラコードとなる。

保育士試験問題「保育実習理論」 の 5問
第4問
幼児に新しい歌を教えるときのポイントとしては、歌全体を通して最後まで歌うよりは、フレーズごとに短く切って歌うほうがよい。

保育士試験問題「保育実習理論」 の 5問
第5問
保育所における保育の計画は、保育の基本となる保育過程を編成し、これを具体化した指導計画を作成しなければならない。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る