google+LINEで送る
インテリアコーディネーター の 10問
第1問
人間工学に関する次の記述は正しいでしょうか?

何人かの人が1つの空間の中で時間を過ごすときは、目的に応じてある集合の形がつくられる。例えば、図書館やホテルのロビーなどでは、コミュニケーションしやすいようにお互いが向き合うような、ソシオペタルと呼ばれる集合の型がつくられることが多い。

インテリアコーディネーター の 10問
第2問
建築基準法などの内装制限に関する次の記述は正しいでしょうか?

木造の戸建住宅の場合、火を使う室のみが内装制限の対象になるので、キッチンなどがそれに当たることになるが、最上階にあるキッチンには適用されない。従って平屋建ての住宅のキッチンは対象外になる。

インテリアコーディネーター の 10問
第3問
フローリング材に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

市販されている複合フローリングの梱包は、面積単位が一般で、通常1ケースが【   】である。施行実面積に施行ロス分を加えた必要量を、梱包単位で割って、端数を切り上げた梱包数が必要になる。

インテリアコーディネーター の 10問
第4問
塗装に関する次の記述に、最も適当なものを選びなさい。

食卓の甲板などに用いられる塗装で、紫外線の照射で塗膜硬度が7~8Hまで得られる。

インテリアコーディネーター の 10問
第5問
住宅の設備に関する次の記述は正しいでしょうか?

便所や厨房など、室内で汚染物質が発生すると考えられる部屋の換気に、第2種機械換気方式を採用した。

インテリアコーディネーター の 10問
第6問
カーペットに関する次の記述は正しいでしょうか?

防汚加工とは、汚れを付きにくくし、また汚れがついても除去しやすいようにするための加工である。その一つにフッ素系樹脂による加工をしたものがある。ただし、その効果が永久的に持続することはない。

インテリアコーディネーター の 10問
第7問
蛍光ランプに関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

ランプの中に電子化された小型の【   】が内蔵されているため、E26の口金をもつ器具であれば、白熱電球のかわりに使用できる。

インテリアコーディネーター の 10問
第8問
建物やインテリアのデザインには、メンテナンスを考慮した生活の知恵があるが、次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

建物の外壁に泥はねが上がり難いよう、建物の基礎からの立ち上がりが考えられているように、室内でも和室では【   】が床の間の床と壁裾の取合部分に使われている。

インテリアコーディネーター の 10問
第9問
高齢者や身障者向けの設備・商品に関する次の記述は正しいでしょうか?

室内を自力で移動するのが困難な人のために、天井走行型リフトを利用することもできる。介護する人も僅かな力で移動させることができ、鴨居などの障害も簡単に通貨させることができる。天井工事を必要としないアーチ方式のものもある。

インテリアコーディネーター の 10問
第10問
建築・インテリアの歴史に関する次の記述について、最も関係の深い人物を選びなさい。

18世紀のイギリスで活躍した家具作家でリボンバック・チェア等を作った。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る