google+LINEで送る
インテリアコーディネーター の 10問
第1問
モダンデザインに関する次の記述について、最も関係の深い人物を選びなさい。

【   】は、20世紀を代表する建築家の一人で、住宅建築では「サヴォア邸」や「ユニテダビタシオン」が著名。シェーズロングなどの家具のデザインでも活躍した。

インテリアコーディネーター の 10問
第2問
浴室、洗面所および便所などの高齢者用製品に関する次の記述は正しいでしょうか?

浴槽内での座位の安定のために、浴槽の縁に固定した腰掛けがあると便利だが、浮力の関係で高齢者が不安定となるため商品開発が進んでいない。

インテリアコーディネーター の 10問
第3問
壁の仕上げ材に関する次の記述に、該当する語句を一つ選びなさい。

種石にセメントを混ぜ、半乾きのときに水で処理し、御影石やそのほかの石に見せる方法。最近ではセメントの代わりに合成樹脂を用いて、同じように仕上げるものもある。玄関や通路の床、外部の腰壁などに使用例が多い。

インテリアコーディネーター の 10問
第4問
蛍光ランプに関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

小型変形蛍光ランプの14W用は、白色塗装電球の【   】に相当する光束をもち、ランプ寿命も長いため省エネルギー照明と言われている。

インテリアコーディネーター の 10問
第5問
椅子の機能に関する次の記述について、、最も適当なものを選びなさい。

ロッキング

インテリアコーディネーター の 10問
第6問
特別な機能を持つダイニングテーブルに関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

使用する人数の多少によって広さを調節できる【   】テーブルの機構は、木桟を利用している場合が多いが、金属のスライドレールを用いたものもある。

インテリアコーディネーター の 10問
第7問
システム家具に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

システム家具は、家族構成や【   】の変化に合わせて買い足しや組替えができる利点もある。

インテリアコーディネーター の 10問
第8問
塗装に関する次の記述に、最も適当なものを選びなさい。

ホワイトアッシュなどの木材がもつ自然な質感を保った仕上げで、ドイツ・デンマークなどで見直されてきた家具の仕上げ方法。

インテリアコーディネーター の 10問
第9問
コンピュータの活用に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

インテリアの設計作業においても【   】の作成を中心としてきたCADと呼ばれるシステムや、通常CGと略称される画像処理を中心とするシステムが普及してきた。

インテリアコーディネーター の 10問
第10問
高齢者施設などで使用するカーペットに関する次の記述は正しいでしょうか?

カーペットは空気を多く含むため、熱伝導率が低く、冷たさを感じない。また、他の床材に比べ、歩行疲れや、光反射による目の刺激が少ない利点がある。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る