google+LINEで送る
インテリアコーディネーター の 10問
第1問
カーテンの素材に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

合成繊維でレースカーテン地に多く使われている【   】は摩擦に強く、しわになりにくく、形態安定性にも優れているが、帯電しやすく汚れやすいなどの欠点もある。

インテリアコーディネーター の 10問
第2問
高齢者の照明環境に関する次の記述は正しいでしょうか?

高齢者住宅の照明は安全確保上、明暗コントラストを強くすることが望ましい。特に夜間の階段は危険なので、ハロゲンランプを使用したスポットライトなどで路面を周辺より明るくして、コントラストをつけるようにする。

インテリアコーディネーター の 10問
第3問
レンジフードに関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

ダクトが天井裏に入っている場合には、厚さ50mmの【   】をダクトに巻かなければならない。

インテリアコーディネーター の 10問
第4問
板ガラスに関する次の記述は正しいでしょうか?

熱線吸収ガラスは、太陽エネルギーをガラス自体が吸収し、室内の冷暖房効果を高める省エネルギー機能を持っている。

インテリアコーディネーター の 10問
第5問
窓材料の性質に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

窓の外側に【   】やシャッターを取り付けることも、直接的な遮光手段として有効である。

インテリアコーディネーター の 10問
第6問
塗装に関する次の記述に、最も適当なものを選びなさい。

木材の木目を生かしながら着色し、自然のつやに仕上げる方法。

インテリアコーディネーター の 10問
第7問
ウィンドウトリートメントに関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

カーテンのたて方向に、適当な間隔をおいて吊紐を取り付け、それを上下に操作することで開閉を行いながら、「バルーン」とか「さざ波状の起状」などの外観をつくりだすもので、いろいろな素材やテクスチャーの特徴を生かした表現できる。

インテリアコーディネーター の 10問
第8問
建築基準法などの内装制限に関する次の記述は正しいでしょうか?

木造2階建ての1階の居間に暖炉を取り付けたが、冬季の限定した使用なので、暖炉の周辺1mの範囲を不燃仕様とした。

インテリアコーディネーター の 10問
第9問
内装施行に関する次の記述は正しいでしょうか?

洗濯流しの後部で水が掛かりやすい部分のタイル下地に、耐水合板を予定していたが、シージング石膏ボードの方がよいと思い変更を頼んだ。

インテリアコーディネーター の 10問
第10問
ガラス製品に関する次の記述は正しいでしょうか?

熱線反射ガラスは一種のハーフミラーで、昼間は室内からは視線が透り、外部からは適度に遮光して室内の明るさを保つと共に、太陽光の放射エネルギーを反射するので、夏期には冷暖房率を高め、省エネルギー対策にも有効である。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る