google+LINEで送る
インテリアコーディネーター の 20問
第1問
太陽光発電システムに関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

太陽電池モデュールは3種類あり、単結晶シリコンタイプが太陽光を電気に変換する効率は良いが値段も高いので、設置面積が十分にある場合は【   】やアモルファスシリコンタイプでもよい。

インテリアコーディネーター の 20問
第2問
建築・インテリアの歴史に関する次の記述について、最も関係の深い人物を選びなさい。

ドイツの建築家で、昭和初期に日本に滞在し伊勢神宮や柱離宮の建築美を高く評価した。

インテリアコーディネーター の 20問
第3問
窓材料の性質に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

室内の冷房効果を保つためには、断熱に対する配慮も必要で、それには【   】などをつかうと効果的である。

インテリアコーディネーター の 20問
第4問
仕上げ材の表面処理法に関する次の記述に、該当する語句を一つ選びなさい。

下地の上にリシンを塗った壁面を、こまかい凸凹(でこぼこ)のある仕上げにする方法はどれか。

インテリアコーディネーター の 20問
第5問
次の仕上げ施工に最も適している下地材を一つ選びなさい。

台所のガスコンロの壁廻りにステンレスを張る場合

インテリアコーディネーター の 20問
第6問
CADやCGに関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

CADソフトを選ぶに当たっては、使用するコンピュータの【   】に対応したものであることを確認することが大切である。

インテリアコーディネーター の 20問
第7問
日本の建築史に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

書院造りや数寄屋造りに見られる床の形式のうち、今日の一般的な床の間のもとになったと考えられるのは、【   】である。

インテリアコーディネーター の 20問
第8問
高齢者施設などで使用するカーペットに関する次の記述は正しいでしょうか?

転倒時の衝撃吸収を高めるため、カーペットの下にアンダーフェルトを敷くとよい。固定方法は、グリッパー工法より接着工法の方がよい。

インテリアコーディネーター の 20問
第9問
ウィンドウトリートメントに関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

レースなどの薄地の布地を使ったカーテンで、豊かな量感と、柔らかい雰囲気を演出するための「ひだ」のとり方として、最も効果的なのはどれか。

インテリアコーディネーター の 20問
第10問
輸入されたサッシやドアに関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

ハンドル操作で窓を開閉する方式のものには、ガラスルーバー、平行突きだし、【   】等の種類がある。これらのサッシは網戸が室内側に付いているので網戸の汚れが少なく、網戸を閉めたままで窓の開閉ができるうえに、開き方も調整できるので換気窓として優れている。

インテリアコーディネーター の 20問
第11問
家具の素材に関する次ぎの1~5の記述のうち、不適当なものを2つ選びなさい。

【1】家具に使用される木質系材料の一つに成形合板がある。これは木材を化学処理し繊維状にしたものに、フェノール樹脂を加えて成形し、高温高圧で圧縮して作られたものである。
【2】籐はつる性の植物で、インドネシア、フィリピン産が多い。表皮はほうろう質状で硬く、しかもしなやかで弾力性に富み、曲げ加工に優れている。太さや色艶および加工性によって使い分けられる。
【3】アルミニウムの展延性に富む特徴を活かした家具部材には、押し出し加工や絞り加工のものがある。また、合金などの方法により鋳造性を向上させ、椅子の脚や肘とか、テーブルのベースなどに使用される。
【4】プラスチックには熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂があるが、可塑材などの添加によりいろいろな硬さに調整することができるので、家具においてもクッション材とか、椅子の座など使用する範囲が広い。特にFRPと呼ばれるガラス繊維をメラミン樹脂で塗覆し硬化させたものは、自由な形作りが容易に行われることからよく使われる。
【5】ステンレスは鉄とクロム、ニッケルなどの合金で耐蝕性に優れた素材である。椅子の部材や流し台のシンクなどに使われる18-8ステンレスと呼ばれるものは、クロム18%、ニッケル8%を含有している。

インテリアコーディネーター の 20問
第12問
椅子の張り工法に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

合成樹脂や麻のロープ状のものを使った【   】、籐を使った籐張りなどなどの張り工法もある。

インテリアコーディネーター の 20問
第13問
内装施行に関する次の記述は正しいでしょうか?

薄くて凹凸の少ない壁紙を使うので、ボードの施行及びパテしごきを、より入念にしてもらえるよう、現場監督に頼んだ。

インテリアコーディネーター の 20問
第14問
住宅の設備に関する次の記述は正しいでしょうか?

温水式床暖房は、立ち上がりの時間が短いので、間欠的な使用が考えられる住宅に採用した。

インテリアコーディネーター の 20問
第15問
材料の外観変化に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

銅板を長い間使ううちに出る色を【   】というが、これは板の表面に銅の酸化被膜ができるためで、単に色彩の美しさだけでなく、板の耐久性を増す利点がある。

インテリアコーディネーター の 20問
第16問
照明と視覚に関する次の記述は正しいでしょうか?

「明るさ」は、光源の演色性により異なって感じられる。同じ照度であっても、高演色照明の方が、一般に明るく感じられる。

インテリアコーディネーター の 20問
第17問
住宅設備機器に関する次の記述は正しいでしょうか?

深夜電力には、通電契約や通電制御契約がある。マイコン内蔵の通電制御タイプ電気温水器を設置した場合、通電制御契約をする必要があり、この場合、基本料金は通電契約より割高になるが、マイコンにより効率的に湯温が制御されるので使用電力量が少なくなり経済的である。

インテリアコーディネーター の 20問
第18問
窓材料の性質に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

一般的に使用される白色のブラインドやカーテンは、太陽光の【   】が高く、光の約40%程度の侵入を防ぐことができる。

インテリアコーディネーター の 20問
第19問
家具等の材料に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

密度0.35g/立方センチメートル以上0.8g/立方センチメートル未満である【   】(中質繊維板)は、ハードボードと特徴は似ており、主に家具の基材として使われている。

インテリアコーディネーター の 20問
第20問
床・壁・天井の仕上げ材料及び下地材に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

玄関ポーチの雨が掛かるところは滑りやすいので、御影石を使用するときはジェット仕上げのものを使用すると滑りにくくてよい。ただし、【   】やすいので、注意する必要がある。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る