google+LINEで送る
インテリアコーディネーター の 20問
第1問
コンピュータの活用に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

インテリアの設計作業においても図面の作成を中心としてきたCADと呼ばれるシステムや、通常【   】と略称される画像処理を中心とするシステムが普及してきた。

インテリアコーディネーター の 20問
第2問
特別な機能を持つダイニングテーブルに関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

昇降機能を有する【   】テーブルの機構には、ワンタッチのガススプリング式、手動のハンドル式および電動式の3種類がある。

インテリアコーディネーター の 20問
第3問
電気製品に関する次の記述は正しいでしょうか?

全自動洗濯機のカタログに容量が7kgとあったが、これは一回で洗える洗濯機の重量を示している。

インテリアコーディネーター の 20問
第4問
換気扇とその設備に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

機械換気で、外壁の防水層との取り合い部分は、雨水の浸入がないようにダクトの勾配を外に向けて下げ、【   】を充分に行う必要がある。

インテリアコーディネーター の 20問
第5問
地下室に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

ドライエリアを設けることにより【   】も可能であるが、屋根上などで受ける太陽光を、光ファイバーを使って伝送し、離れた場所を明るくするための製品もある。

インテリアコーディネーター の 20問
第6問
壁紙に関する次の記述は正しいでしょうか?

紙壁紙には、洋紙や和紙のように木材繊維を原料にしたものや、ケナフなど草の繊維からつくられたものなどがある。

インテリアコーディネーター の 20問
第7問
次の仕上げ施工に最も適している下地材を一つ選びなさい。

居間の壁に塩化ビニル壁紙を貼る場合。

インテリアコーディネーター の 20問
第8問
人間工学に関する次の記述は正しいでしょうか?

一般のオフィスで使われる机の高さは、学校の普通教室用机・椅子のJIS2号の高さ寸法と同じと考えてよい。

インテリアコーディネーター の 20問
第9問
インサート用めねじに関する【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

この金物は、家具の構造部材の分解組立を容易にするために多く使用されるが、椅子などの【   】ためや、取り付けが簡単なことから、表からは見えない場所の隠れ金物としてもよく使われる。

インテリアコーディネーター の 20問
第10問
仕上げ材に関する次の記述に、該当するものを一つ選びなさい。

吸水したり、吸湿したときに、強度が最も低下するものはどれか。

インテリアコーディネーター の 20問
第11問
住宅の換気や通風に関する次の記述は正しいでしょうか?

外気の風力によって室内に適当な通風を得るためには、風上側と風下側の開口部の面積、位置及び扉の開き勝手に注意する必要がある。

インテリアコーディネーター の 20問
第12問
曲木家具に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

木を曲げる場合には、木のはじけや亀裂を防ぐために、木材と同じ長さの【   】製冶具にそって曲げられ、両端を固定して乾燥する。

インテリアコーディネーター の 20問
第13問
カーペットに関する次の記述は正しいでしょうか?

ホテルなどで使用されるカーペットは、保温や防音、防塵効果などの性能に加えて、防災、制電、防汚、抗菌防臭などの性能が必要である。

インテリアコーディネーター の 20問
第14問
カーペットに関する次の記述は正しいでしょうか?

ニードルパンチカーペットは、ポリプロピレンなどの繊維を棘のある針で突き刺しからませた不織布である。裁断が困難なので形や大きさを自由に選ぶことができない。

インテリアコーディネーター の 20問
第15問
家具等の材料に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

密度【   】g/立方センチメートル以上であるハードボード(硬質繊維板)は、木材を化学処理し繊維状にしたものでに合成樹脂を加え高温高圧で圧縮し成型する。

インテリアコーディネーター の 20問
第16問
日本の建築・インテリアの歴史において、室町時代に最も関係のある語句を選びなさい。

インテリアコーディネーター の 20問
第17問
住宅の防災・防犯に関する次の記述は正しいでしょうか?

玄関で来客を検知して自動的に点灯する照明スイッチには、人の移動による熱の変化を感知して作動するものと、一定エリア内の物体の存在を感知して作動するものがある。

インテリアコーディネーター の 20問
第18問
建築・インテリアの歴史に関する次の記述について、最も関係の深い人物を選びなさい。

明治時代、日本における洋風建築の建造に大きな貢献をした。

インテリアコーディネーター の 20問
第19問
仕上げ材に関する次の記述に、該当するものを一つ選びなさい。

塗装仕上げ材として、表面が最も滑らかなものはどれか。

インテリアコーディネーター の 20問
第20問
建物やインテリアのデザインには、メンテナンスを考慮した生活の知恵があるが、次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

泥はねが上がり難いよう、室内でも和室では雑巾摺が床の間の床と壁裾の取合部分に使われているが、これは洋間における【   】であるが、このような使用目的に適した商品として、軟質塩化ビニル製のものや、木質の生地に塩化ビニルをコーディングしたものなどが作られている。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る