google+LINEで送る
インテリアコーディネーター の 20問
第1問
床材に関する次の記述は正しいでしょうか?

【畳】・・・古くから座具としてもちいられ、現在は室内に敷き詰めて使われている。それは床と表で構成されているが、最近では床にインシュレーションボードやポリスチレンフォームを挿入することで断熱性をさらに向上させたり、ダニなどの衛生面に配慮した商品も生まれてきた。

インテリアコーディネーター の 20問
第2問
インテリアに関連する法規や規格に関する次の記述は正しいでしょうか?

階段の代わりに斜路を設けるのは好ましいと言えるが、斜路にするためには、階高3mの場合水平距離が18m必要となるので、一般的には採用が難しい。

インテリアコーディネーター の 20問
第3問
照明ランプに関する関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

メタルハライドランプは同じHIDランプである高圧水銀ランプに比べ、【   】やランプ効率が改善されている。

インテリアコーディネーター の 20問
第4問
建物やインテリアのデザインには、メンテナンスを考慮した生活の知恵があるが、次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

茶室の【   】や、洋間における腰板などにより、人の動きによる壁の傷みを防ごうとしている。

インテリアコーディネーター の 20問
第5問
換気・通風に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

室内空気汚染の指標としては【   】濃度が使用されることが多く、一般にその最大許容濃度は1000ppm程度とされる。

インテリアコーディネーター の 20問
第6問
窓回りの機能に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

最近は、光を効果的に遮断する方法の一つとして、【   】ガラスを採用したり、ガラス面に太陽光を反射する機能を持つフィルムを貼るなどの方法が採用されている。

インテリアコーディネーター の 20問
第7問
次の記述は正しいでしょうか?

背もたれ点が高すぎる事務用椅子に長時間座っていると、骨盤に無理な力がかかるとともに、腹圧が高まり内蔵に負担がかかる。こうした現象は、座面の奥行き寸法が大きすぎる事務用椅子に長時間座っている場合にもみられる。

インテリアコーディネーター の 20問
第8問
カーペットの素材に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

カーペット素材として適した天然素材である【   】は、風合いがよく弾力性があり、通気性・吸放湿性や保温性に優れ、また燃えにくく染色性もよいなどの特徴がある。

インテリアコーディネーター の 20問
第9問
照明と仕上げ材の関係に関する次の記述は正しいでしょうか?

玄関の床面を高級感と美しさを強調するため、花崗岩の本磨き仕上げにする場合、玄関収納の下部にランプ露出器具を組み込んで、ランプを床面に映り込ませる手法がある。このような効果を狙った照明を、コファ照明という。

インテリアコーディネーター の 20問
第10問
建築基準法などの内装制限に関する次の記述は正しいでしょうか?

木造の戸建住宅の場合、火を使う室のみが内装制限の対象になるので、キッチンなどがそれに当たることになるが、最上階にあるキッチンには適用されない。従って平屋建ての住宅のキッチンは対象外になる。

インテリアコーディネーター の 20問
第11問
次の仕上げ施工に最も適している下地材を一つ選びなさい。

洗濯機置き場の腰壁に、タイルを圧着張りする場合。

インテリアコーディネーター の 20問
第12問
窓材料の性質に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

室内の冷房効果を保つためには、断熱に対する配慮も必要で、それには【   】などをつかうと効果的である。

インテリアコーディネーター の 20問
第13問
床暖房に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

タイルや石やモルタルを使わずに接着剤で床下地材に貼り付ける乾式工法で床暖房をしたい場合には、暖房マットの上に【   】を敷いて、その上にタイルや石を接着する工法になる。

インテリアコーディネーター の 20問
第14問
窓材料の性質に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

太陽光の熱を効果的に遮断する方法として【   】を採用したり、光を反射する機能をもつフィルムを窓ガラスに張るなどの方法が採用されている。

インテリアコーディネーター の 20問
第15問
住宅設備機器に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

屋内では靴を脱ぐ日本人の生活習慣に対応する収納を目的としたものに【   】ユニットがある。傘、ゴルフバック、コートのような大きなものを入れることができ、ミラー付き扉のものなどもある。

インテリアコーディネーター の 20問
第16問
浴室用の設備機器に関する次の記述は正しいでしょうか?

浴槽の湯を一日中浄化、殺菌、循環、保湿する機能を持ったシステムのものがあるが、この湯水は常に浄化されるので、1年位は水を取り替える必要はない。

インテリアコーディネーター の 20問
第17問
ファブリックの性能に関する次の記述は正しいでしょうか?

一般の住宅(31メートル以上の高層建築を除く)で使われるカーテンには防災に関する特別の制限はないが、性能のめやすとして難燃性の基準が定められている。不特定多数の人が出入りする建築物で使用するカーテンには、防炎の基準が定められているが、難燃性の基準に合格したものならば使用してもよい。

インテリアコーディネーター の 20問
第18問
ダイニングキッチンに関する次の記述は正しいでしょうか?

キッチンの作業スペースとしてワークトップの長さは、作業スペースと動線の効率を考慮する必要がある。一般的に同面積のキッチンでは、ワークトップの長さが取りやすいのはU型で、作業動線が短いのは I 型とL型である。

インテリアコーディネーター の 20問
第19問
屋外照明に関する次の記述は正しいでしょうか?

庭園灯は雨などの水滴が、どのような方向からも器具内に入らないようにするため、完全密閉構造の防雨型器具にしなければならない。

インテリアコーディネーター の 20問
第20問
熱と湿気に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

内外温度差が1Kの時に、住宅全体を流れる単位時間当たりの熱量を床面積で割った値を省エネルギー法における【   】という。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る