google+LINEで送る
インテリアコーディネーター の 20問
第1問
塗料に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

人と環境に配慮した塗料には、天然の原料を使用した自然塗料や、化学塗料の中でも溶剤を使用しない【   】、水を溶剤又は分散剤とした水性塗料などがある。

インテリアコーディネーター の 20問
第2問
コンピュータの活用に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

今後は立体を立体データとして形成する【   】システムが、重要性を増していくと思われる。

インテリアコーディネーター の 20問
第3問
マンションのリフォームに関する次の記述は正しいでしょうか?

幅240センチ、高さ200センチのテラス窓に、ドレープとレースのカーテンをダブルで取り付けるため、木製のカーテンボックスの断面寸法を、内法幅10センチ、深さ12センチとした。

インテリアコーディネーター の 20問
第4問
収納に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

住宅にあける収納用の家具は、単品家具とシステム家具に大別される。単品家具は【   】と呼ばれることも多く、概して移動が容易である。

インテリアコーディネーター の 20問
第5問
採光と照明に関する次の記述は正しいでしょうか?

色温度(光色)が3000ケルビンで平均演色評価数Ra100の人口光源による色の見え方は、自然昼光の場合の色の見え方と異なっている。

インテリアコーディネーター の 20問
第6問
住宅設備機器に関する次の記述は正しいでしょうか?

日本国内の住宅配電は、周波数が50Hzと60Hz、電圧が100Vと200Vの地域がある。したがって。電気設備・機器には地域によっては使用できないものがあるので注意が必要である。

インテリアコーディネーター の 20問
第7問
ガラス製品に関する次の記述は正しいでしょうか?

熱線反射ガラスは一種のハーフミラーで、昼間は室内からは視線が透り、外部からは適度に遮光して室内の明るさを保つと共に、太陽光の放射エネルギーを反射するので、夏期には冷暖房率を高め、省エネルギー対策にも有効である。

インテリアコーディネーター の 20問
第8問
家具の地震対策に関する次の記述は正しいでしょうか?

家具に固定用金物を取り付ける場合には、固定可能な芯材があるかどうか確認する必要がある。パーティクルボードの芯材は、木ネジなどの固定強度が大きい。

インテリアコーディネーター の 20問
第9問
フローリング材に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

ひき板・単板などの小片2個以上を、紙や布などに並べて糊付けし、板状にしたものを【   】という。

インテリアコーディネーター の 20問
第10問
住宅の防災・防犯に関する次の記述は正しいでしょうか?

室内における都市ガス・天然ガスなどのガスもれ防止のためのセンサーは、ガス機器周辺の天井面に取り付けるのが効果的である。プロパンガスの場合も同じと考えて良い。

インテリアコーディネーター の 20問
第11問
壁紙に関する次の記述は正しいでしょうか?

紙壁紙には、洋紙や和紙のように木材繊維を原料にしたものや、ケナフなど草の繊維からつくられたものなどがある。

インテリアコーディネーター の 20問
第12問
照明と仕上げ材の関係に関する次の記述は正しいでしょうか?

暖色系のカーペットを敷いた室内で、暖かな空間の雰囲気をより高めるためには、床面照度を同じにしたとき、半直接形配光の蛍光灯直付け器具照明よりも、直接形配光の白熱灯ダウンライト器具による照明の方がよい。

インテリアコーディネーター の 20問
第13問
壁紙に関する次の記述は正しいでしょうか?

ビニル壁紙には、結露防止のための吸水ポリマーを混入したもの、埃の付着を防ぐために帯電防止剤を混入したものなどがある。

インテリアコーディネーター の 20問
第14問
住宅の歴史に関する次の記述は正しいでしょうか?

大正末期に現れた初期の和洋折衷住宅は、外観や応接室など、生活に直接関わらない部分に、洋風を取り入れたものが多かった。

インテリアコーディネーター の 20問
第15問
塗料に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

一方、その原料の多くを石油に依存している【   】塗料やエポキシ樹脂塗料などの化学塗料は素早く乾いて表面にと膜をつくる性質がある。

インテリアコーディネーター の 20問
第16問
高齢者の照明環境に関する次の記述は正しいでしょうか?

高齢者住宅の照明は安全確保上、明暗コントラストを強くすることが望ましい。特に夜間の階段は危険なので、ハロゲンランプを使用したスポットライトなどで路面を周辺より明るくして、コントラストをつけるようにする。

インテリアコーディネーター の 20問
第17問
マンションリフォームに関する次の記述の【   】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

『個人で行えるリフォームの対象部分』…ガス・水道・電気等の配管・配線は対象部分にある枝管・【   】。

インテリアコーディネーター の 20問
第18問
照明器具の材料と仕上げに関する次の記述は正しいでしょうか?

アルミニウムは成形性や放熱性に優れ、かつ柔らかいため絞り加工などがしやすい。また光の反射率が高いことから、電解研磨アルマイト加工や銀色表面仕上げなどをおこなって、ダウンライトや蛍光灯埋め込み器具の反射鏡によく使われる。

インテリアコーディネーター の 20問
第19問
換気扇とその設備に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

リビングルームの機械換気の方法としては、遠心力ファンの一つである静圧の高い【   】付天井埋め込み型換気扇で、スパイラルダクトまたは角ダクトに、高速で室内の汚染空気を送るとよい。

インテリアコーディネーター の 20問
第20問
電気製品に関する次の記述は正しいでしょうか?

電磁誘導加熱方式の調理器は、トッププレートの下にある磁力発生コイルに電気を流し、発生する磁力線でトッププレートの上に置いたアルミニウムや土鍋などの容器中の水分を、直接発熱させる方式である。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る