google+LINEで送る
インテリアコーディネーター の 20問
第1問
採光と照明に関する次の記述は正しいでしょうか?

貴重な絵画の変色や退色を防ぐためには、照射時間や照度とは無関係に、紫外線や熱線の少ない一般用白色蛍光ランプ器具による照明とするのが望ましい。

インテリアコーディネーター の 20問
第2問
太陽光発電システムに関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

発電量は、地域や電池モデュールの性能、傾斜角度などによって異なるが、3.1kWhのシステムで年間【   】kW程度を発電し、平均的な家庭の消費電力量の大部分を賄うことができる。

インテリアコーディネーター の 20問
第3問
住宅設備機器に関する次の記述は正しいでしょうか?

日本国内の住宅配電は、周波数が50Hzと60Hz、電圧が100Vと200Vの地域がある。したがって。電気設備・機器には地域によっては使用できないものがあるので注意が必要である。

インテリアコーディネーター の 20問
第4問
高齢者施設などで使用するカーペットに関する次の記述は正しいでしょうか?

視力の低下した人が安全に行動できるよう、ガイド突起のついたタイルカーペットがある。黒色系のベースに黄色い突起を組み合わせるなど、明度差を強調することで判別しやすくしたものである。

インテリアコーディネーター の 20問
第5問
蛍光ランプに関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

ランプの中に電子化された小型の安定器が内蔵されているため、【   】の口金をもつ器具であれば、白熱電球のかわりに使用できる。

インテリアコーディネーター の 20問
第6問
建物やインテリアのデザインには、メンテナンスを考慮した生活の知恵があるが、次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

茶室の【   】や、洋間における腰板などにより、人の動きによる壁の傷みを防ごうとしている。

インテリアコーディネーター の 20問
第7問
洗面所で使われる商品に関する次の記述は正しいでしょうか?

洗面・脱衣所の換気は、浴室の湿気が侵入しないように配慮したい。そのため洗面・脱衣所に取り付ける換気扇の能力より、浴室の換気扇の能力を大きくするのがよい。

インテリアコーディネーター の 20問
第8問
住宅の設備に関する次の記述は正しいでしょうか?

温水式床暖房は、立ち上がりの時間が短いので、間欠的な使用が考えられる住宅に採用した。

インテリアコーディネーター の 20問
第9問
住宅設備機器に関する次の記述は正しいでしょうか?

深夜電力には、通電契約や通電制御契約がある。マイコン内蔵の通電制御タイプ電気温水器を設置した場合、通電制御契約をする必要があり、この場合、基本料金は通電契約より割高になるが、マイコンにより効率的に湯温が制御されるので使用電力量が少なくなり経済的である。

インテリアコーディネーター の 20問
第10問
ソーラーシステムに関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

建築物の屋根、壁、床、窓および室内空間がもっている集熱、蓄熱、放熱機能を、より効果的に活用しようとするのが【   】ソーラーシステムと言い、昔からの生活の知恵を見直し、現代にふさわしい新たな活用を図ろうとするものである。

インテリアコーディネーター の 20問
第11問
ガラス製品に関する次の記述は正しいでしょうか?

ガラスブロックは、ガラス面のパターンによって、光の直進、拡散、減少のコントロールができるので、使用目的に合わせてさまざまな使い分けが可能である。

インテリアコーディネーター の 20問
第12問
換気・通風に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

最近の気密サッシ入りの鉄筋コンクリート造共同住宅では、自然換気回数が【   】回/h以下となる場合が多いので、隙間からの換気のみで上の条件を満たすのは難しい。

インテリアコーディネーター の 20問
第13問
ガラスと鏡の加工に関する次の記述に、該当する語句を一つ選びなさい。

万一割れたとしても安全性が高いという利点を持つ加工。最近は和紙、ステンレス箔、パンチングメタルなどを使用したものもあり、色彩、パターンに対する対応が極めて多彩である。

インテリアコーディネーター の 20問
第14問
建築物の歴史に関する次の記述は正しいでしょうか?

西洋における中国風様式をシノワズリといっているが、家具ではイギリスのチッペンデール様式にその傾向が顕著に見られる。

インテリアコーディネーター の 20問
第15問
レンジフードに関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

台所で使用する換気設備には、外気に直接面していない場所に設置する場合は、主として【   】を使用している深型レンジフードと、浅型レンジフードがある。

インテリアコーディネーター の 20問
第16問
窓材料の性質に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

室内の冷房効果を保つためには、断熱に対する配慮も必要で、それには【   】などをつかうと効果的である。

インテリアコーディネーター の 20問
第17問
歴史に関する次の記述の【  】の部分に、該当するものを一つ選びなさい。

チャールズ・イームズらが【   】の工業技術を活かした、新しいイメージの家具のデザインを発表したのは、主に第二次世界大戦の1950年代である。

インテリアコーディネーター の 20問
第18問
インテリアに使用する石材に関する次の記述に、最も適当なものを選びなさい。

色や石質の種類が多く、割り肌の質感が好まれ、内外装や床材などに使われる。磨耗しやすく光沢に乏しい、また吸水性が高いので汚れがつきやすい。

インテリアコーディネーター の 20問
第19問
ウィンドウトリートメントに関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

スクリーンを上部のチューブに巻き取って昇降させる方式で、シンプルな外見と、多彩な素材が利用できることを特徴とする。

インテリアコーディネーター の 20問
第20問
特別な機能を持つダイニングテーブルに関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

使用する人数の多少によって広さを調節できる【   】テーブルの機構は、木桟を利用している場合が多いが、金属のスライドレールを用いたものもある。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る