google+LINEで送る
インテリアコーディネーター の 20問
第1問
マンションのリフォームに関する次の記述は正しいでしょうか?

3階住戸のLDKの床を複合フローリングの直張り仕上げにするに当たり、下の階への床衝撃音の影響を少なくするために、カタログの中から遮音性能を示すL値の小さなものを選ぶことにした。

インテリアコーディネーター の 20問
第2問
日本の建築史に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

茶室の天井には、平天井と勾配天井を合わせた形式の【   】のようなものがみられる。

インテリアコーディネーター の 20問
第3問
特別な機能を持つダイニングテーブルに関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

テーブルトップの中央おとし込み部分に、コンロを埋め込んだ【   】テーブルは、調理しながらの食事などに便利である。またおとし込み部分だけを作ったものは、携帯コンロを置いたり、蓋状の補助甲板をかぶせたりして、使いわけることができる。

インテリアコーディネーター の 20問
第4問
塗装に関する次の記述に、最も適当なものを選びなさい。

石膏ボード下地の壁を、淡い色の艶のない仕上げにしたいが、塗装の際の匂いを最小にしたいとの条件で選んだ方法。

インテリアコーディネーター の 20問
第5問
ダイニングキッチンに関する次の記述は正しいでしょうか?

キッチンの作業スペースとしてワークトップの長さは、作業スペースと動線の効率を考慮する必要がある。一般的に同面積のキッチンでは、ワークトップの長さが取りやすいのはU型で、作業動線が短いのは I 型とL型である。

インテリアコーディネーター の 20問
第6問
浄水器に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

浄水器は、水道水を濾過することにより、カルキ臭やカビ臭、また、水中の有機物と塩素が反応してできる発ガン性物質の【   】を取り去ることができる。

インテリアコーディネーター の 20問
第7問
壁紙に関する次の記述は正しいでしょうか?

木質系壁紙には、チークやウォールナットなどの木材を薄くスライスし、紙で裏打ちしたもの、紙に木目を印刷したものなどがある。

インテリアコーディネーター の 20問
第8問
浴室、洗面所および便所などの高齢者用製品に関する次の記述は正しいでしょうか?

浴室ドアの窓には強化ガラスか半透明樹脂パネルを使用するようにしたい。特に半透明樹脂パネルは高価であるが、頭や身体がぶつかったときに安全性が高いという利点がある。

インテリアコーディネーター の 20問
第9問
蛍光ランプに関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

ランプの中に電子化された小型の【   】が内蔵されているため、E26の口金をもつ器具であれば、白熱電球のかわりに使用できる。

インテリアコーディネーター の 20問
第10問
カーペットに関する次の記述は正しいでしょうか?

抗菌防臭加工は、細菌やかびの繁殖を抑制するために、衣料品の分野において以前から普及していたが、細菌はカーペットにも使われるようになった。なお、カーペットの場合はダニの繁殖も抑制する効果を持たせている。

インテリアコーディネーター の 20問
第11問
照明ランプに関する関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

一般的な直管形40W蛍光ランプの平均寿命は約【   】時間である。

インテリアコーディネーター の 20問
第12問
インテリアに関連する法規や規格に関する次の記述は正しいでしょうか?

木造住宅のダイニングキッチンは、内装制限の対象となるが、床から高さ1mまでの壁の部分は、可燃性の羽目板張りにすることができる。

インテリアコーディネーター の 20問
第13問
カーペットに関する次の記述は正しいでしょうか?

カーペットの防炎ラベルは、火災のときに燃焼しないという意味ではない。実際に炎を使った実験で、一定の火源による着火のしにくさを示すものであり、その基準に合格したものにつけられる認定表示である。

インテリアコーディネーター の 20問
第14問
カーペットに関する次の記述は正しいでしょうか?

ウイルトンカーペットはジャカード機を使用することで、多用なデザインが可能になり、段通のように豊富な色使いができる。

インテリアコーディネーター の 20問
第15問
高齢者の照明環境に関する次の記述は正しいでしょうか?

色に対する識別・判別能力は加齢と共に低下する。特に青や紺、紫といった系統の色が見えにくくなり、黒ずんで見えるので、それらの色がよりよく見えるようにするには、演色性の高いランプで高照度に照明をする必要がある。

インテリアコーディネーター の 20問
第16問
住宅の歴史に関する次の記述は正しいでしょうか?

都市の中流住宅として普及した「中廊下型住宅」は、家族の私室の分化を特徴とした。

インテリアコーディネーター の 20問
第17問
熱と湿気に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

断熱材の表面をアルミ箔で包んでいるのは、【   】による熱移動を遮断するためである。

インテリアコーディネーター の 20問
第18問
換気用機器に関する次の記述は正しいでしょうか?

便所には人感センサー、洗面所には湿度センサー、浴室には結露センサー、そして、タバコの煙が発生しがちな居間には煙センサーというように、使用場所に適したセンサー付き換気扇があります。

インテリアコーディネーター の 20問
第19問
窓材料の性質に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

室内の冷房効果を保つためには、断熱に対する配慮も必要で、それには【   】などをつかうと効果的である。

インテリアコーディネーター の 20問
第20問
床施行に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

防音性能は下地によって更に高めることができるので、例えばコンクリートスラブの上に、グラスウールなどを堅く固めた【   】を敷き並べ、その上に下地パネルを置き、そしてフローリング材を施行する方法や、ゴムやプラスチックのキャップをした防振脚の上にバネも敷き、そしてフローリング材を施行する方法がある。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る