google+LINEで送る
インテリアコーディネーター の 20問
第1問
カーペットの素材に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

カーペット素材として適した天然素材である【   】は、風合いがよく弾力性があり、通気性・吸放湿性や保温性に優れ、また燃えにくく染色性もよいなどの特徴がある。

インテリアコーディネーター の 20問
第2問
歴史に関する次の記述の【  】の部分に、該当するものを一つ選びなさい。

チャールズ・イームズらが【   】の工業技術を活かした、新しいイメージの家具のデザインを発表したのは、主に第二次世界大戦の1950年代である。

インテリアコーディネーター の 20問
第3問
塗料に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

一方、その原料の多くを石油に依存しているポリウレタン樹脂塗料やエポキシ樹脂塗料などの化学塗料は素早く乾いて表面に【   】をつくる性質がある。

インテリアコーディネーター の 20問
第4問
インテリアに関連する法規や規格に関する次の記述は正しいでしょうか?

システムキッチンのワークトップの高さは、JISでは800mmと850mm、ISOでは850mmと900mmと規定されていて、いずれも使う人が高さを選ぶことになっている。

インテリアコーディネーター の 20問
第5問
ウィンドウトリートメントに関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

カーテンのたて方向に、適当な間隔をおいて吊紐を取り付け、それを上下に操作することで開閉を行いながら、「バルーン」とか「さざ波状の起状」などの外観をつくりだすもので、いろいろな素材やテクスチャーの特徴を生かした表現できる。

インテリアコーディネーター の 20問
第6問
マンションリフォームに関する次の記述の【   】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

隣戸との境をなす躯体の壁を始め、大半の部分は所有者全員の共同所有物であって、【   】とされ、個人が勝手に手を加えることはできない。

インテリアコーディネーター の 20問
第7問
ウィンドウトリートメントに関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

カーテンの保温性や遮音性を高めるためには、厚い生地で窓面をできるだけ大きく覆うようにし、プリーツを多くするのがよいが、使用生地として最も望ましいのはどれか。

インテリアコーディネーター の 20問
第8問
照明器具に関する次の記述の【  】の部分に、該当するものを一つ選びなさい。

熱感センサー付きポーチ灯は、人が近づくと明るくなるが、センサーは必要に応じて【   】を調整することができる。

インテリアコーディネーター の 20問
第9問
太陽光発電システムに関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

太陽電池モデュールは3種類あり、単結晶シリコンタイプが太陽光を電気に変換する効率は良いが値段も高いので、設置面積が十分にある場合は【   】やアモルファスシリコンタイプでもよい。

インテリアコーディネーター の 20問
第10問
浴室、洗面所および便所などの高齢者用製品に関する次の記述は正しいでしょうか?

障害が進んだ高齢者の入浴介助のためには、居室から浴室までの移動、浴室および浴槽への出入り、身体の洗浄とシャワーの使用など、一連の入浴動作が連続して行えるリフトのようなものがあると便利だが、狭い場所での動作なので商品化が進まない。

インテリアコーディネーター の 20問
第11問
照明器具の材料と仕上げに関する次の記述は正しいでしょうか?

ポリカーボネイトは耐熱性と耐衝撃性の大きい素材なので、照明器具材料としてよく使用されているが、光の透過性に劣るため、照明カバーやグローブには使わない。

インテリアコーディネーター の 20問
第12問
塗装費用に関する次の記述は正しいでしょうか?

木材の自然な質感を生かすオイルフィニッシュ仕上げと、高級感のある光沢仕上げとなるウレタンワニス塗り(一液形・二液形)では、ウレタンワニス塗りの方が塗装費が高くなる。

インテリアコーディネーター の 20問
第13問
高齢者や身障者向けの設備・商品に関する次の記述は正しいでしょうか?

通常の高さの洋式便器に腰を下ろすことが困難な人のために、便座の高さと、座の傾きを調節できる便座があると便利だが、このような商品はまだ開発されていない。

インテリアコーディネーター の 20問
第14問
ウィンドウトリートメントに関する次の記述は正しいでしょうか?

カーテンのプリーツが多くなるほど保温や遮音効果が増すので、北側の部屋や交通量の多い道に面した部屋には、アジャスタフックを使ってカーテンのプリーツ量を増やすのが最もよい。

インテリアコーディネーター の 20問
第15問
太陽光発電システムに関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

発電量は、地域や電池モデュールの性能、傾斜角度などによって異なるが、3.1kWhのシステムで年間、石油に換算して約【   】リットルの資源を節約することになる。

インテリアコーディネーター の 20問
第16問
収納に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

納戸や押入れのように【   】の中で造られる収納空間も、収納方法の自由度や大きな収納容積など利点が少なくない。

インテリアコーディネーター の 20問
第17問
光源に関する次の記述は正しいでしょうか?

小型メタルハライドランプは、ランプ寿命やランプ効率の点で白熱電球より優れている。口金がE26タイプのものは、100Vの電球用照明器具に安定器なしで使用できる。

インテリアコーディネーター の 20問
第18問
フローリング材に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

複合1種フローリング(天然木化粧)は、比較的大きな合板を基材にして、表面に天然木の突き板を練り付けたもので、床下地に取り付けた後に、現場で【   】をする製品もある。

インテリアコーディネーター の 20問
第19問
住宅の設備に関する次の記述は正しいでしょうか?

温水式床暖房は、立ち上がりの時間が短いので、間欠的な使用が考えられる住宅に採用した。

インテリアコーディネーター の 20問
第20問
椅子の張り工法に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

近年、充填材にはウレタンフォームが多く仕様されてきたが、経年変化により劣化する場合があり、また【   】の面からも天然素材が見直されてきている。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る