google+LINEで送る
インテリアコーディネーター の 20問
第1問
室内の音に関する次の記述は正しいでしょうか?

リビングルームで会話すると、声の響きが気になるというので、改善するための効果的対策として、次ぎのように助言した。『ソファなどの家具が沢山あると音が反射しあうので、家具はなるべく少なくするのがよい。』

インテリアコーディネーター の 20問
第2問
輸入されたサッシやドアに関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

最近住宅用木製サッシの輸入が増加しているが、これらのサッシには【   】が使われていることを特徴としているものが多い。

インテリアコーディネーター の 20問
第3問
カーペットに関する次の記述は正しいでしょうか?

ホテルに防災性能基準に合格していない特別注文のカーペットを使いたいので、施工現場で防炎剤溶液を吹き付ける措置をすることにした。

インテリアコーディネーター の 20問
第4問
窓回りの機能に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

窓の外部に【   】やシャッターを取り付けることも、直接的な遮光手段として選択肢の一つとなる。

インテリアコーディネーター の 20問
第5問
特別な機能を持つダイニングテーブルに関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

本体脚部にたたみ込まれた支持用の脚を広げて、左右に開く甲板を支持する方式のものを【   】テーブルという。中央部分に引き出しや、折り畳み椅子を収納できるようにしたものもある。

インテリアコーディネーター の 20問
第6問
歴史に関する次の記述の【  】の部分に、該当するものを一つ選びなさい。

現在でも知名度の高い【   】のマイセン磁器は、18世紀の初めに始まったもので、絵付けには日本や中国の影響もうけている。

インテリアコーディネーター の 20問
第7問
塗装に関する次の記述は正しいでしょうか?

石膏ボードの仕上げを艶のあるものにしたいのでAEP(アクリルエマルジョンペイント)をやめてEP(エマルジョンペイント)を使用することにした。

インテリアコーディネーター の 20問
第8問
熱と湿気に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

窓面に入射する全日射量に対し、室内に入る熱量の比を【   】という。

インテリアコーディネーター の 20問
第9問
照明器具の使用環境に関する次の記述は正しいでしょうか?

市販の屋外用照明器具は、風雨などの厳しい屋外環境に耐えられるよう、強度や耐久性等に配慮がされている。しかし海岸部や温泉地などさらに厳しい環境下では、特に器具の金属部の変色や腐食が早まり、早く劣化することが多い。

インテリアコーディネーター の 20問
第10問
建築・インテリアの歴史に関する次の記述について、最も関係の深い人物を選びなさい。

ドイツの建築家で、昭和初期に日本に滞在し伊勢神宮や柱離宮の建築美を高く評価した。

インテリアコーディネーター の 20問
第11問
照明器具の使用環境に関する次の記述は正しいでしょうか?

一般の蛍光灯は周囲温度によって発光効率が変化する。特に寒冷地の屋外や冷房の風が直接当たるような場合は、ランプが露出していると光束が減少したり、点灯困難になることもある。

インテリアコーディネーター の 20問
第12問
室内の湿気に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

【   】のガスストーブや石油ストーブなどの暖房機器を使用するのもできるだけ避けたほうがよい。

インテリアコーディネーター の 20問
第13問
塗装に関する次の記述は正しいでしょうか?

木製のフローリングを現場でウレタン塗装仕上げとする場合、埃があるときれいに仕上がらないので、埃の立ちやすい作業と同時期にならないよう日程を調整した。

インテリアコーディネーター の 20問
第14問
壁仕上げ材の工事費に関する次の記述は正しいでしょうか?

石張り工事費は、石の種類、厚み、仕上げ方法などで単価が異なる。石の大小の違いは単価に影響しない。

インテリアコーディネーター の 20問
第15問
光源に関する次の記述は正しいでしょうか?

12V用ハロゲンランプのフィラメントは、100V用のものに比べて点光源に近いので、反射鏡による光の制御が行いやすく、高いスポットライト効果を期待できるが、使用に当たってはダウントランスが必要となる。

インテリアコーディネーター の 20問
第16問
収納に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

システム家具といわれるものは、必要に応じてパーツを組み合わせ構成することができるもので、一般に【   】と呼ばれるような比較的小型の箱などで構成されるものと、造り付けの状態になる大型のビルトインファニチャーに分けられる。

インテリアコーディネーター の 20問
第17問
地下室に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

室内の湿気を防ぐ対策としては、除湿器や除湿機能を組み込んだ空調機が利用されるが、寒い季節に使用するものとしては【   】が適している。

インテリアコーディネーター の 20問
第18問
ホームエレベーターに関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

定期点検は6~12ヶ月に1回で、法定点検は一般のエレベーターと同じく年【  】回と決められている。

インテリアコーディネーター の 20問
第19問
ウィンドウトリートメントに関する次の記述は正しいでしょうか?ハニカムスクリーンはスクリーンが二重になっており、断面は蜂の巣状で空気層があるため断熱効果もある。スクリーンを降ろしたまま操作ロッドで採光調節ができるのが特徴である。

インテリアコーディネーター の 20問
第20問
室内の湿気に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

室内の湿気に関する対策や、空気の汚れに対する配慮の点から、十分な【   】が大切である。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る