google+LINEで送る
インテリアコーディネーター の 5問
第1問
インテリアに関連する法規や規格に関する次の記述は正しいでしょうか?

スキップフロアで、床のレベル差が1m以下のところに設ける階段には、法規上では手摺りを付けなくともよいが、高齢者や幼児がいる住宅では、安全上、手摺りを付けることが望ましい。

インテリアコーディネーター の 5問
第2問
塗装に関する次の記述は正しいでしょうか?

タモ材の家具を木目を生かしながら濃いめの色にしたいので、OS(オイルステイン)拭き取りのあとオイルフィニッシュで仕上げた。

インテリアコーディネーター の 5問
第3問
壁の仕上げ材に関する次の記述に、該当する語句を一つ選びなさい。

一般に使われている吹き付け材で、耐候性、耐火性、耐水性、耐アルカリ性などに優れている。コストも安く、住宅では主に外壁に使われるが、内装にも使われることもある。

インテリアコーディネーター の 5問
第4問
インサート用めねじに関する【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

この金具の使用方法は、片方の部材に取り付けためねじに、他方の部材に通したボルトを【   】固定するものである。

インテリアコーディネーター の 5問
第5問
ランニングコストに関する次の記述は正しいでしょうか?

一部の携帯電話やプロパンガスには、月々の使用料が多ければ単位料金が安くなるものがあるが、一般家庭の電気料金(電力量料金)の場合は、契約容量により基本料金が異なるが、月々の使用料の多少に関わらず1kWh当たりの電力量料金は一定である。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る