google+LINEで送る
インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第1問
インテリアに関連する法規や規格に関する次の記述は正しいでしょうか?

スキップフロアで、床のレベル差が1m以下のところに設ける階段には、法規上では手摺りを付けなくともよいが、高齢者や幼児がいる住宅では、安全上、手摺りを付けることが望ましい。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第2問
次の記述は正しいでしょうか?

人体の重心の位置は、成人の場合慎重の2/1の高さよりやや上よりで、へその少し下にある。このことから、アイロン掛けなどに使う作業台の高さは、へそより高めに設定するのがよい。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第3問
家具の地震対策に関する次の記述は正しいでしょうか?

洋服箪笥や食器棚などの置き家具と、天井との間に間隔がある場合は、転倒防止のための固定用ポールで天井に固定すると良い。天井の強度はいずれの場所も一定であるから、任意の場所に固定できる。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第4問
日本の伝統的な材料に関する次の記述は正しいでしょうか?

い草を主材料とした畳表と稲わら床で作られる畳は、吸湿性、保温性、遮音性に優れた床材である。最近は発泡ポリスチレンなどのマットと、稲わら床を重ね合わせたものもある。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第5問
住宅設備に関する次の記述は正しいでしょうか?

低地に建つ住宅などで、大型の床下収納ユニットを設置する場合には、集中豪雨などによって地下水位が上がった時の浮力の影響を考慮し、コンクリートのベースを設けて取り付けておくのがよい。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第6問
光源に関する次の記述は正しいでしょうか?

12V用ハロゲンランプのフィラメントは、100V用のものに比べて点光源に近いので、反射鏡による光の制御が行いやすく、高いスポットライト効果を期待できるが、使用に当たってはダウントランスが必要となる。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第7問
ランニングコストに関する次の記述は正しいでしょうか?

水道料金が通常よりも多いなどの異常を感じたときは、全ての吐水口を閉めてから、水道メーターの指針が動いているかどうかを確認する。もし動いているときは、配管の部分のどこかで漏水していることがある。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第8問
屋外照明に関する次の記述は正しいでしょうか?

住宅の庭で食事やパーティーを行う場合のテーブル面の照度は、周囲が暗いので室内の食卓の2倍の明るさにすることが必要である。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第9問
浴室、洗面所および便所などの高齢者用製品に関する次の記述は正しいでしょうか?

入浴動作は高齢者・身障者にとって難しい動作であるうえに、浴室だけの問題ではなく、居室から浴室までの移動、着脱衣の動作も含めた慎重な配慮が必要である。できる限り自立させることが基本であるが、安全性や使用方法などを検討し、使用者に合った入浴方法と機器を選択したい。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第10問
住宅の歴史に関する次の記述は正しいでしょうか?

日本住宅公団(住宅・都市整備公団)発足当初の昭和30年代初め、住戸の標準設計は「2LDK」であった。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る