google+LINEで送る
インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第1問
住宅の歴史に関する次の記述は正しいでしょうか?

大正末期に現れた初期の和洋折衷住宅は、外観や応接室など、生活に直接関わらない部分に、洋風を取り入れたものが多かった。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第2問
ウィンドウトリートメントに関する次の記述は正しいでしょうか?昔から使われている簾は、竹ひごや葦を糸でつないだもので、日光を遮りながら風を通し、視線を遮る効果もある。清涼感もあり見直されてきている。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第3問
ガラス製品に関する次の記述は正しいでしょうか?

熱線反射ガラスは一種のハーフミラーで、昼間は室内からは視線が透り、外部からは適度に遮光して室内の明るさを保つと共に、太陽光の放射エネルギーを反射するので、夏期には冷暖房率を高め、省エネルギー対策にも有効である。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第4問
高齢者の照明環境に関する次の記述は正しいでしょうか?

深夜におけるトイレ近くの廊下では、明順応の配慮し安全性を確保するため、できるだけ高照度になるように心がける。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第5問
建築基準法などの内装制限に関する次の記述は正しいでしょうか?

内装制限は、居室の壁と天井の仕上げ材の防火性能に関する規定なので、廊下など居室以外の部分には適用されない。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第6問
高齢者の照明環境に関する次の記述は正しいでしょうか?

色に対する識別・判別能力は加齢と共に低下する。特に青や紺、紫といった系統の色が見えにくくなり、黒ずんで見えるので、それらの色がよりよく見えるようにするには、演色性の高いランプで高照度に照明をする必要がある。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第7問
住宅設備に関する次の記述は正しいでしょうか?

ユニットバスは使用後の手入れの容易さを考慮して、製造段階で箱型に組み立ててしまうので、住宅の建築現場には、間仕切り壁の施工前に搬入することになる。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第8問
カーペットに関する次の記述は正しいでしょうか?

抗菌防臭加工は、細菌やかびの繁殖を抑制するために、衣料品の分野において以前から普及していたが、細菌はカーペットにも使われるようになった。なお、カーペットの場合はダニの繁殖も抑制する効果を持たせている。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第9問
電気製品に関する次の記述は正しいでしょうか?

住宅に多く使われるようになったヒートポンプ式冷暖房機の消費電力は、一般に暖房時より冷房時の方が大きい。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第10問
ランニングコストに関する次の記述は正しいでしょうか?

家庭で使用する機器のランニングコストは、大きな関心事である。一般的な住宅で使用するエネルギーの費用は、発熱量に換算すると電気(家庭用単相100V)、都市ガス(9000Kcal)、石油(灯油)の順に金額が安くなる。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る