google+LINEで送る
インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第1問
住宅の換気や通風に関する次の記述は正しいでしょうか?

外気の風力によって室内に適当な通風を得るためには、風上側と風下側の開口部の面積、位置及び扉の開き勝手に注意する必要がある。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第2問
住宅の設備に関する次の記述は正しいでしょうか?

温水式床暖房は、立ち上がりの時間が短いので、間欠的な使用が考えられる住宅に採用した。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第3問
カーペットに関する次の記述は正しいでしょうか?

ウイルトンカーペットはジャカード機を使用することで、多用なデザインが可能になり、段通のように豊富な色使いができる。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第4問
台所用の機器に関する次の記述は正しいでしょうか?

電磁誘導加熱方式の調理器は、トッププレートの下にある磁力発生コイルに電気を流し、発生する磁力線でトッププレートの上に置いた鍋等の容器を発熱させる方式である。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第5問
人間工学に関する次の記述は正しいでしょうか?

机やテーブルのような準人体系家具を計画する場合、水平方向については動作域などの人体寸法を優先させ、垂直方向のものや空間の寸法を 優先させる。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第6問
高齢者の照明環境に関する次の記述は正しいでしょうか?

高齢者住宅の照明は安全確保上、明暗コントラストを強くすることが望ましい。特に夜間の階段は危険なので、ハロゲンランプを使用したスポットライトなどで路面を周辺より明るくして、コントラストをつけるようにする。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第7問
照明と仕上げ材の関係に関する次の記述は正しいでしょうか?

暖色系のカーペットを敷いた室内で、暖かな空間の雰囲気をより高めるためには、床面照度を同じにしたとき、半直接形配光の蛍光灯直付け器具照明よりも、直接形配光の白熱灯ダウンライト器具による照明の方がよい。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第8問
ダイニングキッチンに関する次の記述は正しいでしょうか?

キッチンの作業スペースとしてワークトップの長さは、作業スペースと動線の効率を考慮する必要がある。一般的に同面積のキッチンでは、ワークトップの長さが取りやすいのはU型で、作業動線が短いのは I 型とL型である。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第9問
光源に関する次の記述は正しいでしょうか?

小型メタルハライドランプは、ランプ寿命やランプ効率の点で白熱電球より優れている。口金がE26タイプのものは、100Vの電球用照明器具に安定器なしで使用できる。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第10問
台所用の機器に関する次の記述は正しいでしょうか?

住宅用のシンクにはシングルシンクとダブルシンクがあり、一時期はダブルシンクの使用が増えていたが、最近では間口の広い大型シングルシンクの使用が増えている。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る