google+LINEで送る
インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第1問
住宅設備機器に関する次の記述は正しいでしょうか?

都市ガスには、地域により6Aや13Aなどのガスの種類に違いがあり、それに適合した機器を使用する必要がある。特に、転居した場合には、それまで使っていた機器の適合性の確認が肝要である。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第2問
カーペットに関する次の記述は正しいでしょうか?

ウイルトンカーペットはジャカード機を使用することで、多用なデザインが可能になり、段通のように豊富な色使いができる。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第3問
浴室用の設備機器に関する次の記述は正しいでしょうか?

浴槽としてよく使われているのは、人工大理石、鉄製ホーロー仕上げ、FRPなどである。これらの表面が平滑な素材には、滑り防止の表面加工をするなどの危険防止策を施したものもある。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第4問
住宅の歴史に関する次の記述は正しいでしょうか?

関東大震災を機に設立された同潤会は、新しい住宅形式として「アパートメント・ハウス」を建設した。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第5問
建築物の歴史に関する次の記述は正しいでしょうか?

法隆寺は飛鳥時代に建てられた現存の最も古い木造建築としても知られるが、その様式は、美術工芸が特に盛んだった明の時代の中国の影響を強く受けている。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第6問
採光と照明に関する次の記述は正しいでしょうか?

昼間の室内作業は自然光を利用することが望ましいことなので、光の量が多く、方向性の強い直射日光を、なるべく多く利用できるよう作業台の配置を考えた。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第7問
高齢者の照明環境に関する次の記述は正しいでしょうか?

高齢者住宅の照明は安全確保上、明暗コントラストを強くすることが望ましい。特に夜間の階段は危険なので、ハロゲンランプを使用したスポットライトなどで路面を周辺より明るくして、コントラストをつけるようにする。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第8問
照明と仕上げ材の関係に関する次の記述は正しいでしょうか?

暖色系のカーペットを敷いた室内で、暖かな空間の雰囲気をより高めるためには、床面照度を同じにしたとき、半直接形配光の蛍光灯直付け器具照明よりも、直接形配光の白熱灯ダウンライト器具による照明の方がよい。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第9問
建築基準法などの内装制限に関する次の記述は正しいでしょうか?

壁装仕上げの下地に多様される石膏ボードには、厚さなどその仕様によって不燃材料のものと準不燃材料のものがあるので、選定の際によく確認する必要がある。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第10問
ダイニングキッチンに関する次の記述は正しいでしょうか?

収納スペースは、収納物が取り出しやすいことが重要であり、そのためには、収納物の実容積の数倍のスペースが必要である。特に、使用頻度の高いものなどの収納スペースを調べて確保する必要がある。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る