google+LINEで送る
ITパスポート試験(アイパス) の 10門
第1問
ある部品の生産ラインは二つの工程A,Bの順で構成されており,各工程の機械台数,部品1個の生産に要する作業時間,不良率は表のとおりである。1日の稼働時間を10時間とするとき,この生産ラインの1日の生産能力(良品が生産される数)は何個か。ここで,工程Aでの不良品は工程Bには送らないものとする,。また,機械の故障時間や段取り時間,工程間の仕掛品在庫は考えないものとし,仕掛中のものは終了時間が来ても最後まで仕上げるものとする。

ITパスポート試験(アイパス) の 10門
第2問
IT統制は,ITに係る全般統制や業務処理統制などに分類される。全般統制はそれぞれの業務処理統制が有効に機能する環境を保証する統制活動のことをいい,業務処理統制は業務を管理するシステムにおいて承認された業務が全て正確に処理,記録されることを確保するための統制活動のことをいう。統制活動に関する記述のうち,業務処理統制に当たるものはどれか。

ITパスポート試験(アイパス) の 10門
第3問
情報セキュリティにおけるリスクマネジメントに関する記述のうち,最も適切なものはどれか。

ITパスポート試験(アイパス) の 10門
第4問
システム開発を,システム要件定義,システム方式設計,ソフトウェア要件定義,ソフトウェア方式設計,ソフトウェア詳細設計の順で実施するとき,ソフトウェア詳細設計で初めて決定する項目として,適切なものはどれか。

ITパスポート試験(アイパス) の 10門
第5問
次のような活動を行うプロジェクトマネジメントの知識エリアとして,適切なものはどれか。

システム開発において,結合テスト開始前に,顧客から機能の追加要求があり,スコープの変更を行うことにした。本番稼働日は変更できないとのことなので,応援チームの編成とスケジュールの調整を行い,変更した計画について変更管理委員会の承認を得た。

ITパスポート試験(アイパス) の 10門
第6問
サービスデスクに関する説明として,適切なものはどれか。

ITパスポート試験(アイパス) の 10門
第7問
製造業A社では,翌月の製造量を次の計算式で算出している。

翌月の製造量 = 翌月の販売見込量 - 当月末の在庫量 + 20

翌月の販売見込量が当月までの3か月の販売実績量の移動平均法によって算出されるとき,9月の製造量は幾らか。 

ITパスポート試験(アイパス) の 10門
第8問
ソフトウェアの開発を外部ベンダに委託する。委託契約において特段の取決めがない場合,このソフトウェアの知的財産としての権利の帰属を規定している法律はどれか。

ITパスポート試験(アイパス) の 10門
第9問
社員育成方法のうち,Off-JTに分類されるものはどれか。

ITパスポート試験(アイパス) の 10門
第10問
複数のプロジェクト間の調整や各プロジェクトのマネジメントを支援する組織のことをプロジェクトマネジメントオフィスという。プロジェクトマネジメントオフィスの役割に関する記述a~cのうち,適切なものだけを全て挙げたものはどれか。
【a】個々のプロジェクトに対して資金などの財政的な支援を行う。
【b】担当要員の調整など,組織の共有資源の最適化を行う。
【c】プロジェクトマネージャの作業を支援する。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る