google+LINEで送る
ITパスポート試験(アイパス) の 10門
第1問
SCMの導入効果として,最も適切なものはどれか。

ITパスポート試験(アイパス) の 10門
第2問
記憶素子として半導体メモリを用いているものはどれか。

ITパスポート試験(アイパス) の 10門
第3問
マーケティングミックスの説明として,適切なものはどれか。

ITパスポート試験(アイパス) の 10門
第4問
プログラムの実行方式としてインタプリタ方式とコンパイラ方式がある。図は,データを入力して結果を出力するプログラムの,それぞれの方式でのプログラムの実行の様子を示したものである。a,bに入れる字句の適切な組合せはどれか。

ITパスポート試験(アイパス) の 10門
第5問
マルウェアの説明として,適切なものはどれか。

ITパスポート試験(アイパス) の 10門
第6問
バイオメトリクス認証に該当するものはどれか。

ITパスポート試験(アイパス) の 10門
第7問
システム開発における保守プロセスの目的に関する説明として,次の記述中のa,bに入れる字句の適切な組合せはどれか。

保守プロセスは,障害への対応,性能の改善などを行うために,[  a  ]のシステムやソフトウェアを[  b  ]すること,又は変更された環境に適合させることを目的とする。

ITパスポート試験(アイパス) の 10門
第8問
DRAM,ROM,SRAM,フラッシュメモリのうち,電力供給が途絶えても内容が消えない不揮発性メモリはどれか。

ITパスポート試験(アイパス) の 10門
第9問
マークアップ言語では,画面表示や印刷などを目的に,文章の内容だけでなく,文書構造やレイアウト情報,文字のフォント及びサイズなどを指定する記述を直接埋め込むことができる。このマークアップ言語に分類されるものはどれか。

ITパスポート試験(アイパス) の 10門
第10問
内部監査として社内で実施したシステム監査の結果を踏まえて行われる改善活動のうち,システム監査人が実施するものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る