google+LINEで送る
ITパスポート試験(アイパス) の 5門
第1問
システム開発プロジェクトにおいて,類似している他のプロジェクトの実績を基準として,単体テストの不具合発生率を評価することにした。品質計画におけるこの手法はどれか。

ITパスポート試験(アイパス) の 5門
第2問
マークアップ言語では,画面表示や印刷などを目的に,文章の内容だけでなく,文書構造やレイアウト情報,文字のフォント及びサイズなどを指定する記述を直接埋め込むことができる。このマークアップ言語に分類されるものはどれか。

ITパスポート試験(アイパス) の 5門
第3問
関係データベースを使い“社員”表と“部署”表を作成して社員情報を管理する。“社員”表と“部署”表に,必要に応じて設定する主キーと外部キーの適切な組合せはどれか。ここで,社員は必ず“部署”表に存在する部署に所属するものとし,社員データの追加や更新をするときには,参照制約を利用して整合性を確保するものとする。

ITパスポート試験(アイパス) の 5門
第4問
プロジェクト成果物が期待される品質を満たしていることを確認するために行う作業はどれか。

ITパスポート試験(アイパス) の 5門
第5問
次の式で求まる信頼性を表す指標の説明はどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る