google+LINEで送る
ITストラテジスト試験(ST) の 10門
第1問
売り手側でのマーケティング要素4Pは、買い手側での要素4Cに対応するという考え方がある。4Pの一つであるプロモーションに対応する4Cの構成要素はどれか。

ITストラテジスト試験(ST) の 10門
第2問
特許を分析して生まれた問題解析技法であり、問題(矛盾)を創造的・発想的に解決するための弁証法的な思考法を具体的な方法論にまとめたものはどれか。

ITストラテジスト試験(ST) の 10門
第3問
スコープを縮小せずにプロジェクト全体のスケジュールを短縮する技法の一つである“クラッシング”では,メンバの時間外勤務を増やしたり,業務内容に精通したメンバを新たに増員したりする。“クラッシング”を行う際に,優先的に資源を投入すべきスケジュールアクティビティはどれか。

ITストラテジスト試験(ST) の 10門
第4問
人から人へと評判が伝わることを積極的に利用することが特徴的なマーケティング手法はどれか。

ITストラテジスト試験(ST) の 10門
第5問
稼働率が a (0 < a < 1)の装置三つを用いて図のようにシステムを設計するとき、システムの稼働率が装置単体の稼働率を上回るものはどれか。ここで、並列に接続されている部分は、いずれかの経路が稼動していればシステムは稼動しているものとする。

ITストラテジスト試験(ST) の 10門
第6問
コンピテンシモデルの説明はどれか。

ITストラテジスト試験(ST) の 10門
第7問
エンタープライズアーキテクチャを説明したものはどれか。

ITストラテジスト試験(ST) の 10門
第8問
関係R(A,B,C,D,E,F)において,関数従属A→B,C→D,C→E,{A,C}→Fが成立するとき,関係Rの候補キーはどれか。

ITストラテジスト試験(ST) の 10門
第9問
自然数をキーとするデータを、ハッシュ表を用いて管理する。キー x h(x) = x mod nのハッシュ関数 h(x) をとすると、キー a と b が衝突する条件はどれか。ここで、n はハッシュ表の大きさであり、x mod n は x を n で割った余りを表す。

ITストラテジスト試験(ST) の 10門
第10問
フェールセーフの考え方として、適切なものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る