google+LINEで送る
ITストラテジスト試験(ST) の 10門
第1問
プロダクトポートフォリオマネジメント(PPM)において、投資用の資金源と位置付けられる事業はどれか。

ITストラテジスト試験(ST) の 10門
第2問
エンタープライズアーキテクチャ(EA)のビジネスアーキテクチャで機能情報関連図(DFD)を作成する目的はどれか。

ITストラテジスト試験(ST) の 10門
第3問
サーバ機器(取得価額800千円、耐用年数5年)を3年間利用した後に115千円で売却したときの固定資産売却損は何千円か。ここで、減価償却は定額法で行うものとし、残存価値は0円とする。また、機器の購入及び売却時期は全て期首であるとみなす。

ITストラテジスト試験(ST) の 10門
第4問
観測データを類似性によって集団や群に分類し、その特徴となる要因を分析する手法はどれか。

ITストラテジスト試験(ST) の 10門
第5問
システムの機能要件を定義する上で、前提となる要件定義作業はどれか。

ITストラテジスト試験(ST) の 10門
第6問
コールセンタシステムにおけるIVRを説明したものはどれか。

ITストラテジスト試験(ST) の 10門
第7問
LBOの説明はどれか。

ITストラテジスト試験(ST) の 10門
第8問
商品の購入希望者に対して、その商品に関連する別の商品又は組合せを商品などを推奨して販売することを何というか。

ITストラテジスト試験(ST) の 10門
第9問
次の条件において、A社の連結損益計算書を作成した場合の連結売上高は何百万円か。
[条件]
A社は、B社の株式の80%を取得している。
B社は、C社の株式の60%を取得している。
B社は、D社の株式の20%を取得している。
ただし、役員の派遣などはない。
A社の売上高は、700,000百万円であり、その10%は、B社に対するものである。
B社の売上高は、350,000百万円であり、その20%は、D社に対するものである。
C社の売上高は、250,000百万円である。
D社の売上高は、200,000百万円である。
A社とB社、B社とD社以外の相互間取引はない。

ITストラテジスト試験(ST) の 10門
第10問
TCP/IPの環境で使用されるプロトコルのうち,構成機器や障害時の情報収集を行うために使用されるネットワーク管理プロトコルはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る