google+LINEで送る
二級建築士国家試験 の 10門
第1問
長柱の弾性座屈荷重に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第2問
次の記述のうち、誤っているものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第3問
木造建築物に用いる接合金物とその用途との組合せとして、最も不適当なものは、次のうちどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第4問
日照・日射・採光に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第5問
建築物の各部の寸法及び床面積に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第6問
建築物の避難施設等に関する次の記述のうち、建築基準法上、誤っているものはどれか。ただし、耐火性能検証法、防火区画検証法、階避難安全検証法、全館避難安全検証法及び国土交通大臣の認定による安全性の確認は行わないものとする。

二級建築士国家試験 の 10門
第7問
空気調和設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第8問
木造住宅における木工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第9問
屋根を金属板でふき、壁を金属サイディング張りとした木造2階建、延べ面積 120㎡、高さ8mの物品販売業を営む店舗において、横架材の相互間の垂直距離が1階にあっては 2.8m、2階にあっては 2.7mである場合、建築基準法上、1階及び2階の構造耐力上主要な部分である柱の張り間方向及びけた行方向の小径の必要寸法を満たす最小の数値の組合せは、次のうちどれか。ただし、構造計算等による安全性の確認は行わないものとする。

二級建築士国家試験 の 10門
第10問
仮設工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る