google+LINEで送る
二級建築士国家試験 の 10門
第1問
木造建築物に用いる接合金物とその用途との組合せとして、最も不適当なものは、次のうちどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第2問
工事現場の安全確保に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第3問
木造建築物の部材の名称とその説明との組合せとして、最も不適当なものは、次のうちどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第4問
建築工事に関する申請書・届とその提出先との組合せとして、最も不適当なものは、次のうちどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第5問
集合住宅の計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第6問
鉄骨構造の接合に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第7問
コンクリート工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第8問
次の記述のうち、建築基準法上、誤っているものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第9問
給排水衛生設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第10問
建築基準法上の手続に関するイ~ニの記述について、正しいもののみの組合せは、次のうちどれか。

【イ】建築基準法第6条第1項の規定による確認の申請書に添える付近見取図には、方位、道路及び目標となる地物を明示しなければならない。
【ロ】鉄筋コンクリート造2階建、延べ面積 250㎡の共同住宅の新築工事について確認済証の交付を受けた後に、当該建築物の計画において国土交通省令で定める軽微な変更を行おうとする場合、建築主は、改めて、確認済証の交付を受けなければならない。
【ハ】建築主は、建築物の用途の変更に係る確認済証の交付を受けた場合において、当該工事を完了したときは、建築主事に届け出なければならない。
【ニ】建築物の新築工事の完了検査の申請が受理された後において、当該建築物の完了検査の検査済証の交付を受ける前の仮使用の承認をするのは、特定行政庁である。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る