google+LINEで送る
二級建築士国家試験 の 10門
第1問
住宅地の計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第2問
建築設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第3問
荷重及び外力に関する次の記述のうち、建築基準法上、誤っているものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第4問
建築士事務所に所属し、建築に関する業務に従事する建築士に関する次の記述のうち、建築士法上、正しいものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第5問
個人住宅建築等の民間小規模工事の請負契約についての標準約款である「民間建設工事標準請負契約約款(乙)」に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第6問
改修工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第7問
木造建築物の地盤及び基礎に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第8問
日本の歴史的な建築物に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第9問
図のような敷地において、建築物を新築する場合、建築基準法上、A点における地盤面からの建築物の高さの最高限度は、次のうちどれか。ただし、敷地は平坦で、敷地、隣地及び道路の相互間の高低差並びに門及び塀はなく、また、図に記載されているものを除き、地域、地区等及び特定行政庁の指定等はないものとし、日影規制(日影による中高層の建築物の高さの制限)及び天空率は考慮しないものとする。なお、建築物は、全ての部分において、高さの最高限度まで建築されるものとする。

二級建築士国家試験 の 10門
第10問
木質構造の接合に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る