google+LINEで送る
二級建築士国家試験 の 10門
第1問
地盤の液状化の判定に関する下記の文中の【ア】~【ウ】に当てはまる用語の組合せとして、最も適当なものは、次のうちどれか。

液状化の判定を行う必要がある飽和砂質土層は、一般に、地表面から20m程度【 ア 】の【 イ 】であり、考慮すべき土の種類は、細粒分含有率が 35%【 ウ 】の土とする。

二級建築士国家試験 の 10門
第2問
コンクリート工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第3問
構造計算における荷重及び外力に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第4問
建具工事及び内装工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第5問
鉄骨構造の接合に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第6問
用語・単位に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第7問
図のような外力を受ける静定ラーメンにおいて、支点A、Bに生じる鉛直反力RA、RBの値の組合せとして、正しいものは、次のうちどれか。ただし、鉛直反力の方向は、上向きを「+」、下向きを「-」とする。

二級建築士国家試験 の 10門
第8問
建築基準法上、用途地域の種類と関係なく定められているものは、次のうちどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第9問
建築物の高さの制限又は日影規制(日影による中高層の建築物の高さの制限)に関する次の記述のうち、建築基準法上、誤っているものはどれか。ただし、用途地域以外の地域、地区等及び地形の特殊性に関する特定行政庁の定め等は考慮しないものとする。

二級建築士国家試験 の 10門
第10問
セメントとそれを使用するコンクリートとの組合せとして、最も不適当なものは、次のうちどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る