google+LINEで送る
二級建築士国家試験 の 10門
第1問
木造2階建住宅の基礎工事等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第2問
建築環境工学に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第3問
コンクリート工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第4問
日本の歴史的な建築物に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第5問
歴史的な建築物とその様式に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第6問
図のような敷地において、建築基準法上、新築することができる建築物の延べ面積の最高限度は、次のうちどれか。ただし、図に記載されているものを除き、地域、地区等及び特定行政庁の指定等はないものとし、図に示す範囲に高低差はないものとする。また、特定道路の影響はないものとし、建築物には、共同住宅、自動車車庫等の用途に供する部分及び地階はないものとする。

二級建築士国家試験 の 10門
第7問
用語に関する次の記述のうち、建築基準法上、誤っているものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第8問
仮設工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第9問
事務所ビルの計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第10問
鉄筋工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る