google+LINEで送る
二級建築士国家試験 の 10門
第1問
住宅の計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第2問
図のような敷地において、耐火建築物を新築する場合、建築基準法上、新築することができる建築物の建築面積の最高限度は、次のうちどれか。ただし、図に記載されているものを除き、地域、地区等及び特定行政庁の指定等はなく、図に示す範囲に高低差はないものとする。

二級建築士国家試験 の 10門
第3問
木造2階建住宅の基礎工事等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第4問
図のような敷地及び建築物の配置において、建築基準法上、新築してはならない建築物は、次のうちどれか。ただし、特定行政庁の許可は受けないものとし、用途地域以外の地域、地区等は考慮しないものとする。

二級建築士国家試験 の 10門
第5問
建築工事に関する報告書・届等とその提出先との組合せとして、最も不適当なものは、次のうちどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第6問
構造計算に関するイ~ニの記述について、建築基準法上、正しいもののみの組合せは、次のうちどれか。

【イ】積雪荷重を計算する場合の積雪の単位荷重は、多雪区域と指定された区域外においては、積雪量1cmごとに 20N/㎡以上としなければならない。
【ロ】風圧力の計算に当たり、建築物に近接してその建築物を風の方向に対して有効にさえぎる他の建築物がある場合においては、その方向における速度圧は、所定の数値の 1/2 まで減らすことができる。
【ハ】地震時に液状化のおそれのない砂質地盤の短期に生ずる力に対する許容応力度は、国土交通大臣が定める方法による地盤調査を行わない場合、50kN/㎡としなければならない。
【ニ】集会場の集会室における床の積載荷重は、建築物の実況によらないで、柱の垂直荷重による圧縮力を計算する場合、そのささえる床の数に応じて減らすことができる。

二級建築士国家試験 の 10門
第7問
屋外気候に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第8問
都市計画区域内における建築物の延べ面積(容積率の算定の基礎となるもの)、容積率及び建ぺい率に関する次の記述のうち、建築基準法上、正しいものはどれか。ただし、用途地域及び防火地域以外の地域、地区等並びに特定行政庁の指定・許可等は考慮しないものとする。

二級建築士国家試験 の 10門
第9問
排水設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第10問
鉄骨構造の接合に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る