google+LINEで送る
二級建築士国家試験 の 10門
第1問
冬期の住宅における外気に面した窓ガラスの室内側の表面結露防止対策に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第2問
集合住宅の計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第3問
塗装工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第4問
図のような等分布荷重を受ける単純梁に断面 75mm×200mmの部材を用いた場合、A点の最大曲げ応力度が1N/mm2となるときの梁の長さlの値として、正しいものは、次のうちどれか。ただし、部材の断面は一様とし、自重は無視するものとする。

二級建築士国家試験 の 10門
第5問
学校等の計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第6問
補強コンクリートブロック造工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第7問
改修工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第8問
コンクリートの一般的な性質等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第9問
工程の計画と管理に関する次の用語のうち、ネットワーク手法に最も関係の少ないものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第10問
型枠工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る