google+LINEで送る
2級建築士○×問題 の 10問
第1問
次の記述は正しいでしょうか?

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」上、長期優良住宅建築等計画の認定を受けようとする共同住宅の規模は、原則として、住戸の少なくとも一の階の床面積(階段部分の面積を除く。)が 40㎡以上であり、一戸の床面積の合計(共用部分の床面積を除く。)が 75㎡以上でなければならない。

2級建築士○×問題 の 10問
第2問
木造平家建、延べ面積 300㎡の物品販売業を営む店舗の新築工事に関する次の記述は正しいでしょうか?

「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」上、発注者は、その注文する当該新築工事について、分別解体等及び建設資材廃棄物の再資源化等の促進に努めなければならない。

2級建築士○×問題 の 10問
第3問
次の記述は、建築基準法上、正しいでしょうか?

避難上有効なバルコニーがある階は、「避難階」である。

2級建築士○×問題 の 10問
第4問
次の建築物は、建築基準法上、新築することができるでしょうか?ただし、特定行政庁の許可は受けないものとし、用途地域以外の地域、地区等は考慮しないものとする。

第一種低層住居専用地域内のコンビニエンスストア

2級建築士○×問題 の 10問
第5問
次の記述は、建築基準法上、正しいでしょうか?

建築物の屋根は、特定行政庁が建築審査会の同意を得て許可した場合でなければ、壁面線を越えて建築することができない。

2級建築士○×問題 の 10問
第6問
次の記述は、建築基準法上、正しいでしょうか?

事務所の用途に供する3階以上の階(高さ 31m以下の部分)に設置する非常用の進入口には、原則として、奥行き1m以上、長さ4m以上のバルコニーを設けなければならない。

2級建築士○×問題 の 10問
第7問
次の記述は、建築基準法上、正しいでしょうか?

地階に映画館(客席の床面積の合計 80㎡)が設けられた特殊建築物で、その用途に供する部分は、内装の制限を受けない。

2級建築士○×問題 の 10問
第8問
木造平家建、延べ面積 300㎡の物品販売業を営む店舗の新築工事に関する次の記述は正しいでしょうか?

「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」上、建築主等は、当該建築物の建築等及び維持保全の計画を作成し、所管行政庁の認定を申請することができる。

2級建築士○×問題 の 10問
第9問
次の記述は、建築基準法上、正しいでしょうか?

自動車修理工場は、その構造及び規模にかかわらず、内装の制限を受けない。

2級建築士○×問題 の 10問
第10問
次の記述は、建築基準法上、正しいでしょうか?

保有水平耐力計算により、構造耐力上主要な部分の断面に生ずる長期の応力度を計算する場合、特定行政庁が指定する多雪区域においては、積雪荷重がある場合と積雪荷重がない場合とを考慮する。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る