google+LINEで送る
建築物環境衛生管理技術者試験 の 10門
第1問
建築物における衛生的環境の確保に関する法律の事業の登録に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

建築物環境衛生管理技術者試験 の 10門
第2問
給水及び排水の管理に関する用語とその単位との組合せとして、最も不適当なものは次のうちどれか。

建築物環境衛生管理技術者試験 の 10門
第3問
空気調和設備等の維持管理及び清掃等に係る技術上の基準(平成15年度厚生労働省告示第119号)に定められていないものは次のうちどれか。

建築物環境衛生管理技術者試験 の 10門
第4問
ある部屋の作業面の必要照度が500lxであった。ランプ1灯当たりの光束が2,500lmのランプの灯数として、最も近いものは次のうちどれか。ただし、その部屋の床面積は50m2、照度率を0.6、保守率0.7とする。

建築物環境衛生管理技術者試験 の 10門
第5問
剥離剤の性質及び使用法に関する次の記述のうち、最も適当なものはどれか。

建築物環境衛生管理技術者試験 の 10門
第6問
ほこりや汚れの除去に関する次の記述のうち、最も適当なものはどれか。

建築物環境衛生管理技術者試験 の 10門
第7問
温熱環境指数に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

建築物環境衛生管理技術者試験 の 10門
第8問
空気浄化装置に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

建築物環境衛生管理技術者試験 の 10門
第9問
建築物環境衛生管理基準の空気環境の測定方法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

建築物環境衛生管理技術者試験 の 10門
第10問
建築物の処理及び清掃に関する法律に基づき、事業系一般廃棄物を大量に排出する事業用大規模建築物及び大量排出者に対して市町村長が指示できる事項に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る