google+LINEで送る
建築物環境衛生管理技術者試験 の 5門
第1問
室面積200m2、天井高2.5mの居室に、換気回数n=1.0回/hの換気がされている。初期濃度Cs=3,000ppmの時、1時間後の濃度として、最も近い濃度は次のうちどれか。なお、室内は、完全混合(瞬時一様拡散)とし、室内濃度は、以下の式で表される。ただし、在室者10人、外気濃度C0=500ppm、一人当たりの汚染物質発生量は0.02m2/h、その他の室内汚染物質発生量0.05m2/hとする。またe=2.7とする。

ただし
C : 室内濃度(ppm)
Q : 換気量(m3/h)
M : 汚染物質発生量(m3/h)
t : 時間

建築物環境衛生管理技術者試験 の 5門
第2問
建築物の処理及び清掃に関する法律に基づき、事業系一般廃棄物を大量に排出する事業用大規模建築物及び大量排出者に対して市町村長が指示できる事項に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

建築物環境衛生管理技術者試験 の 5門
第3問
繊維床材の清掃に関する次の記述のうち、最も適当なものはどれか。

建築物環境衛生管理技術者試験 の 5門
第4問
次の感染症対策のうち、宿主の感染症対策として最も適当なものはどれか。

建築物環境衛生管理技術者試験 の 5門
第5問
床材の特徴に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る